ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
お気に入りブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
○○世代 あなたは何世代?
at 2017-03-26 07:24
第14回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-03-25 19:30
墓参りと見舞いと
at 2017-03-22 19:34
『じぶんで!』&『やって!』..
at 2017-03-15 21:42
第14回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-03-13 19:27
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

○○世代 あなたは何世代?

○○世代   あなたは何世代?


私は自分のことをこんな風に思っています。

1953年(昭和28年)生まれの私は自分のことを『ひょっこりひょうたん島世代』と思っています。

棒使い人形による人形劇、演じていたのは人形劇団ひとみ座です。

ひとみ座のHPにはこのような紹介記事が出ていました。

“東京オリンピックにわいた昭和39年にはじまった「ひょっこりひょうたん島」は人気を博し5年間、放送回数1224回におよぶ当時の長寿番組となりました。放送中、人形劇団ひとみ座は、人形美術・製作 片岡昌(美術製作ひとみ座アトリエ)と人形操演=人形操作を担い番組製作に勢力を注ぎました。”

『ひょっこりひょうたん島』月曜から金曜日までNHKのテレビで夕方放映されていました。

歌あり踊りありのミュージカル仕立て()でした。

挿入歌がとても魅力的で歌を覚えては一緒に歌いながら番組を見ていました。

登場人物のキャラが全員立っていました。

その全部を紹介できませんが、その中でもこの二人、ガバチョとトラひげが大好きでした。

ドン・ガバチョ大統領はテレビ画面の中から飛び出てひょうたん島にやってきました。

声優さんは故・藤村有弘さん、海賊トラひげ役は故・熊倉一雄さん、熊倉さんは歌の表現力に富んだ方でした。

小学校から中学へと進学して部活動などするようになるとともにこの番組からは遠ざかっていましたが、それでもこの番組全体に貫かれているスピリット『へこたれても簡単に諦めない、どんな窮地に陥ってもなんだかんだと生き抜いていく底力のベース的世界観』が自分の中に今も脈打っています。私の人格形成に少なからず影響をもたらしたサブカルチャーの一つです。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-03-26 07:24 | 感動のおすそわけ | Comments(0)

第14回ワンコイン朗読会&朗読広場 終了しました。

14回ワンコイン朗読会&朗読広場無事開催でき終了しました。

今回の参加者は10名と少なめでしたが、内容は朗読、語り、楽器の弾き語りとバラエティーに富んだ構成でした。

また、会場内には工房ばぶ作品の『ミニギャラリースペース』も配備しました。

今回の演目

・一足の靴(作・グリパリ) 語り

・拾ったラッパ(作・新美南吉) 朗読

・歌とギター演奏(A・カルロス・ジョビンの曲と映画の主題歌)

~~~休憩~~~

・ふたりぼっち(作・平岩弓枝) 朗読

・花咲き山(作・斎藤隆介) 語り

私は初の試みの語りでの参加でした。出来栄えは云々できるほどのレベルには程遠いものでしたが、それでも今後に向けての表現の可能性や手ごたえを実感できました。益々の精進に努めます。

次回第15回ワンコイン朗読会&朗読広場は520()14:00~

会場はいつもの押立カフェ(稲城市押立945-9)

※次回より開催日はその月の第3週の土曜日になります。一週間前倒しの日程となります。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-03-25 19:30 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

墓参りと見舞いと


お彼岸で、墓参をしてきました。墓前で自分の近況を報告したり、私を守ってくれてありがとうという感謝をつたえたり、この先も見守ってくださいと御霊に祈りをささげました。

これとは別に母が墓参りの8日前に脳梗塞で病院に入院していましたので墓参の前日と墓参当日、墓参の帰路と二回母を見舞いました。 

脳の中で血の塊が詰まっているものを薬で溶かす点滴治療を1週間受け続けその薬効により順調な回復ぶりをみせていてなにより安堵しました。6月には満90歳になる母です。

脳の右側を損傷して左の手腕と足の自由が利かなくなってはいるものの、今まで通りに聴く・話すの会話のコミュニケーションを取れるのが不幸中の幸いです。

見舞いの最中 「手の爪を切ってほしい」という母の爪を切りました。

母の手の爪を切ったのは私にとっては生まれて63年目で初めてのこと。

以前足の爪は切ったことが2回ありました。

思いのほか母の手指の爪は厚くて硬かったです。母の手は皺皺でしたがとてもやわらかでした。

握手で手を握るのは会うたびにしていましたが、手のひら全体をさするのは初めてでした。

次回からは沢山さすりながらコミュニケーションしようと爪を切りながらそう思いました。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-03-22 19:34 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

『じぶんで!』&『やって!』の時代…『自分でやって』の一つ前の時代

『じぶんで!』&『やって!』の時代…『自分でやって』の一つ前の時代



保育園の中にある一時保育室からのレポートです。

保育園の1歳児クラスの子どもと2歳児クラスの子どもに該当する子供たちが混在しています。1~2歳児の縦割り仲間です。 

一日当たりの保育室の定員は10名が上限です。

曜日によって登園するメンバーが異なります。

その分少々ややこしい面もありますが一方極めて面白い保育です。

2歳から3歳にかけて、ピンポイントで独力のみでやりたがり、なまじの大人の手助けや、助言を強烈に拒否し、時には自分の思いや心づもりが通らないからとか、段取りが気に召さないからとかで、泣き叫び、怒りまくる、その勢いたるや銀河の彼方まで届けとばかりの激しさです。何せ自己中心時代です。広い銀河のど真ん中に自分がいて世界が周囲にあるという「天動説」の世界観です。

一人で怒っているときにはまだよいのですが、それが周辺への八つ当たりも混在して表出されると、実害も派生してきますから対応の適切さがその子に付き合う大人たちに求められてきます。

ここは保育園の中にある一時保育室。毎日通級してくる子たちではありませんのでその子の育ち加減の近々のデータ不足の中で保育が展開されます。

前回までのその子の印象と今日の生の姿のそれぞれの断片をつなぎ合わせ推測して、まさに想像力を駆使して対応していく保育です。

こんがらかった紐の束を力技でなく根気よく解きほぐしたり、初手から掛け違えているボタンをさりげなく外し、ボタンを本来の位置にかけ直す手伝いや、その子の思いを相手の子に伝わるように言葉を添えたり、相手の言い分を聞き留めその子に橋渡ししたり…。

『今すぐ欲しい・使いたい』が即叶わぬ状況はいくらでも発生して、時には、「売り切れです」の現状をまず気づかせ、双方の気持ちを汲みつつ、両者に展望を示します。

「あとでおわったらかしてねっていおうね」とか「おわったからはいどうぞ」というちょっと先の見通しをその子のイメージの大地に植樹します。

そして「はいどうぞ」と譲ってもらったら「ありがとう」の言葉と気持ちを相手に添えることを丁寧に繰り返しあたりまえの生活感覚の一部として定着していけるように援助していきます。「はいどうぞ」と譲ってあげたら「わっ、素敵」「かっこいい」とことばを添えます。ただし上っ面だけの形でのやり取りとならぬよう、本気の処でそれぞれの満足や納得を見極めます。何故なら子どもたちは子どもたちなりに相手と自分との力量さや我の強さ加減を肌身で読み取っているものだからです。

この時代は『自分で(やりたい)』の盛りでありながらその一方、平素自力で難なくできていることをその時に限って『やって』とか『できない』とかと甘えたり頼ってきたりする面も同時進行で混在しています。この両極の振れ幅の中で駄々をこねながら心の奥深いところでささやかながら着実に育ちつつある感性があります。

やがて経験智と経験量で習熟すると『自分で』&『やって』の時代は、その次の段階に入り『自分でやって』と挑ませたり、時には厳しく突っぱねたりの叱咤激励の時代に移行していきます。着実な力の育ちを見守って手間暇のかかる時代の子育てならではの貴重な時間を味わって(面白がって)います。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-03-15 21:42 | 保育ネタ | Comments(0)

第14回ワンコイン朗読会&朗読広場を開催します。


日時 325() 

開場13:30  開演14:0015:15頃  

参加費500(お茶と菓子付き)です。

会場 旧押立カフェ(稲城市押立945-9)

アクセスJR南武線矢野口下車徒歩9

矢野口駅改札出て左、北口を出て左折JRの高架の下の側道に沿って歩く(立川方向)

二つ目の『止まれ』の交通標識を右折(四小通りカーブしている)道なりに2~3分前方に手作りパンの店が見えたらその奥隣り。

今回の演目

斎藤隆介・作「花咲き山」他

この作品をばぶは語りでおこないます。「語り」は初挑戦です。

新境地を開きたいと挑みます。 

◆ 朗読広場での朗読参加者を若干名募集中です。

※次回『第15回ワンコイン朗読会&朗読広場』より、開催日を従前の日程より一週間前倒しして第3週の土曜日に変更します。

15回 2017 520()

16回 2017 722()

17回 2017 916()

18回 20171118()

19回 2018 120()

20回 2018 317()


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-03-13 19:27 | Comments(0)