ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
朗読会 ばぶの会を開催します
at 2017-09-23 10:31
自分再生への助走  
at 2017-09-03 08:23
落葉松という楽曲と出会えまし..
at 2017-09-02 21:02
今日から9月です。
at 2017-09-01 07:45
報告とご案内  第17回&第..
at 2017-08-30 08:18
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

リニューアルした自転車はゴリちゃんの心もリニューアル

ばぶさん童話 『ごりちゃんとりらちゃん』より
第7話 ごりらパパさんの自転車教室  (第3稿)

物置小屋をがさごそがさごそ
ごりらパパさんは朝早くから大掃除
「どこやっちゃったかなぁ・・・。確かここに・・・」
あっちの荷物をこっちに動かし、こっちの荷物をあっちに動かして
いったい何を探し物しているのでしょう。
「おや、このカバーをかけてあるものは何だったかな?」
パパさんはずるずると物置小屋の外に引っ張り出しました。
埃をぷっぷっぷーのパタパタパタとやってカバーをはずしました。
「おんやまぁ、こりゃ懐かしい。」
肝心の自分の探し物をやめて、あちこち撫でまわしました。
「パパなにやってんの?」
「うん、パパが子どもの時に乗っていた自転車だ。」
「ちょっと、おんぼろっぽくない?」
「大丈夫だ。どこも壊れていない。
ちょっとあちこち色が剥げているが
錆を落として油をさして ペンキを塗りなおせば・・・OK!」
次の日の朝早くから大張り切りのごりらパパさん。
「じゃ~~ん。かんせ~い。大成功。よくガンバリました。」
パパさんは自分で自分を褒めました。
「ぱぱぁ。ママがおひるごはんだってさ。・・・なにやってんの?」
「やあ、ごりちゃん。見てごらん。昨日の自転車。」
「わー。ぴかぴか」
「そうさ、ぴかぴかのしんぴんのぴんだ。
名付けて『ピカシンⅡ世号』パパからゴリちゃんへのプレゼントだ」
「・・・」
「おやぁ、なんだかあんまり嬉しそうじゃないね。」
「だって、ぼく、じてんしゃきらいだもん・・・」
「どうして嫌い?」
「だってぼく、じてんしゃうんてんできないんだもん」
「大丈夫さ、パパが上手に運転できるように教えてあげるさ。
上手に乗れるようになったら楽しいぞ。なんてったて
自分の好きなところに何処へだって行けちゃうんだぞ。」
お昼ご飯を食べ終わるとごりらパパさんはゴリちゃんを肩車して
鼻歌を歌いながらピカシンⅡ世号のところに来ました。
自転車はぴかぴかのしんぴんのぴんで
ごりちゃんとパパを待っていました。
「さあ、練習れんしゅう・・・おや、どうしたんだい?」
「だって、ぼく、じてんしゃこわいんだもん・・・」
「どうしてこわい?」
「だってぼく、ころぶといたいからこわいんだもん・・・」
「大丈夫さ、だれでも最初は転ぶことだってあるさ。
転びながら上手になるんだ。」
「でもいたいから、やだ」
「大丈夫、上手に転べばいいのさ。」
「じょうずにころぶとどうなるの?」
「上手に転ぶとちょっとだけ痛い。」
「じょうずでなくころぶとどうなるの?」
「上手でなく転ぶと『へたっぴー』になる。」
「じゃあ、『もっとへたっぴー』にころぶとどうなるの?」
「そうすると『へたっぴーのぴぃー』になる。」
「じゃあさぁ『もっとへたっぴーのぴぃ―』にころぶとどうなる?」
「そうだなぁ『へたへたぴっぴのぴっぴりぴっぴぴー』になるな。」
「・・・じゃあさ『もっともぉーっともぉーっと…』なったら・・・」
「牧場の牛がみんなして『も~~~ぉ』と啼いて
へたへたぴっぴのぴっぴりぴっぴぴーが
カミナリさんと二人で空から落っこちてきて
『おおいててて』ってお尻をさすって、
お山のカラスが『カー』っと鳴いて
お池で蛙が『ケロケロ』って騒いで、
もう、町中がシッチャカメッチャカになるだろうな」
ごりちゃんは顔をしかめてお尻をさする真似をしながら
「あはははは」って笑いました。

「さあ、練習れんしゅう」
だいじょうぶっかなぁ」
「ブレーキに手をかけてハンドルを軽~く持って、
ペダルを…おっとそうか。やり方替えよう。
ゴリちゃんこっちの道の少しだけ下り坂で練習だ。
ペダルはまだ漕がなくて大丈夫。」

よろよろもたもた、よろよろおっとっと。
ちょっとスピードが出てくると
ゴリちゃんはブレーキをききーっと握りました。
ごりらパパさんは坂道が終わると、
もう一度スタート地点まで自転車と
っゴリちゃんを押して戻りました。
ゴリちゃんはどんどん上手になってきました。
そして10回目の運転の時には何とゴリちゃん得意のでたらめ歌で
♬よーろよろ もーたもた、よろよろおっとっと
  よーろよろ もーたもた、よろよろおっとっと 
 じーてんしゃ じーてんしゃ よろよろおっとっと
  あっちいって こっちいって よろよろおっとっと ♪
と鼻歌を歌いながら自転車を運転しました。
「ゴリちゃん。楽しいかい?」
「うん。たのしーい。ぼく、じてんしゃ、だいすきだ。」
「あっとっと。」
すってーん。
「おっ。ゴリちゃん、今の転び方、ぴんぽ~ん。大成功。」
「ちっともいたくなかった。」

よろよろもたもた、よろよろおっとっと すって~ん。ずりっ。
「よっ、転び名人!また明日も練習しよう。」
「パパァ~、いまのいたかったぁ~」
「そうかぁ。痛かったら泣いてもいいぞ。
『痛いの痛いの、夕焼雲までとんでけぇ~』っと」
パパは痛いの飛んでけダンスを踊りました。
「とんでけ~」
と、ごりちゃんもまねっこで二人一緒に踊りました。
                 
~お・し・まい~



[PR]
by 09donpo11 | 2015-11-08 13:41 | ばぶさん童話 | Comments(2)
Commented by 09donpo11 at 2015-11-09 20:38
嫌いなもの、嫌いなことがそうでなくなるということは素晴らしいことです。

子どもさんがその時点で抱いている『こだわり』や『思い込み』や『戸惑い』などの不安感や嫌悪感を取り除く・あるいはとかし、子ども自らが流し出せるように大人は向かい合っていきたいものです。
Commented by 09donpo11 at 2015-11-11 23:29
今から23年も前の話ですが、かつて私は次女の6歳のお誕生日プレゼントに「自転車に乗れる技術」をプレゼントしてみようと取り組みました。
道交法違反ではありますが、子ども用自転車に二人乗りし、私が『人間補助輪』になって彼女の背中越しにハンドルを一緒に、ゴクゴク軽く握って、彼女が自転車乗りのコツを掴み易いようにサポートしました。特別運動神経が優れた娘ではありませんが、それでも大人が本気で付き合えば延べ24時間もかからないうちに『自転車乗り』をマスターできるものだと確信しました。