ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
第16回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-07-23 00:01
保養キャンプでワークショップ..
at 2017-07-20 00:13
笑顔と笑顔が伝播し響き合っている
at 2017-06-30 06:53
指揮者の手指の表現に魅惑され..
at 2017-06-28 09:34
お見舞いを兼ねて母の誕生日を..
at 2017-06-27 09:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

4月の保育室 「はじめのい~~ぽ・と~んだ」

4月の保育室 「はじめのい~~ぽ・と~んだ!」

4月も今日で終わります。

今月初日から勤め始めた保育園の中にある一時保育室(昨年4月の開設)で

パートのじいちゃんをしています。子どもたちは1歳から2歳の子どもたちです。

一時保育は、通ってくるお子さんの顔ぶれが毎日変わります。

保育者にとって大変といえば大変ですが、反対に一回一回が真剣勝負ですから、

あるしゅスリリングでもあり、その分独特の醍醐味もあり、

自分自身不断にスキルアップしていけるかという保育センスを磨く道場でもあります。

有り難いことに最近では家庭でお爺ちゃんっ子が昔より多くなっていますので『パートのじいちゃん』の私にとってはその分保育をやりやすいです。既に飛行場は下地ができているのですからあとは飛行機のソフトランディングの心くばりに努めればいいのです。

今年から入室したお子さんも、昨年に引き続きこの保育室に通っているお子さんの中にも、

毎朝泣くお子さんが何人かいます。

『ああ、日本中の保育園&保育室で泣いている子がいるのだろうな・・・』

大好きなお母さんと別れるのだから母恋しと泣く気持ちは痛いほどわかります。

とりあえずは泣かせてあげます。だってなんてったってお母さん大好きなんですもの。

泣く子をあやしつつも心掛けているのは、なるべく長泣きしないで遊びを見つけてほしいと

心に念じつつ一人一人の『泣き』の心情に向かい合います。

何故泣いているのだろうかの理由は『母恋しの悲しみ』で泣いているだけではありません。

ほかの理由として考えられるのは、その子が感じ取っている『不安』『心配』です。

不安を凌いで安心をつかむ過程で、その子が何に興味を魅かれるか、

何が好きで何が好みでないのか、保育士のセンサーは多極的に見取っていきます。

子どもたちは力士の如く、新しい環境という土俵の真ん中で『不安』や『心配』とがっぷり四つに

相撲を取っているのです。保育士は『安心』という軍配を構えて「ハッケヨイノコッタノコッタ」

子どもが遊びだして笑顔が出たら『勝負あったー。安心の勝ち~~』

安心は子供自身が心の内側から自らつかみ取って定着するものですから

大人が子供の心の外側から押し付けても本物には至りません。

子どもさんたちとの間で『安心』を見つけやすくするような「共通言語(共有言語)」や「動作」を作り出していくのはパズルを解いていくときのような醍醐味があります。

『安心』に立ち戻れるためのアイテムの言葉や言葉を伴ったアクションとしては、

背中をトントンしながら『だいじょうぶ(だよ)』と囁いたり、『お昼寝しておやつ食べたらママお迎え来るよ』、おもちゃをはいどうぞと手渡したり、さらにまた、はいどうぞとリプレイの繰り返しを多用します。子どもは繰り返しが大好きです。やりもらいの循環は喜びを活性化します。

子どもから差し出されたら「ありがとう」と一旦受け取って、またそのおもちゃを、『はいどうぞ』と手渡して循環させます。

保育者はなんかかんか用事のたびに保育室の出入り口を日に何度も開け閉めし出入りします。

せっかく安心を見つけかけて遊んでいたものの、ドアの開閉を見るたびに母恋いしを再燃させます。とりわけ部屋を出ていくときには事務的に出て行くのはご法度です。

悲しみを思い出しかけている子供さんからのオーラを背中越しに感じたら、そんなときは手のひらを大きく開いてパーを作りその子の手のひらを受け止め「たっち!」をし、「行ってきます」「すぐ帰るね」と言葉を添えます。タッチをすると子どもの哀しみの根雪は雪解けの陽だまりに換わります。

部屋に戻ってくるときにも事務的にドアは開けません。

必ず「ただいま~」といいます。黙って凝視している子には「『おかえり~』って・・・たぁ~ち!」

「いっ・てき・まーす&いって・らっしゃい」「ただいまー&おかえり」のことばをやりもらいできる人間関係を大切に育んでいきたいです。食事場面では個別への言葉かけの他にテーブルを共にしている仲間全体に対して「たべ・てる・かーい」&「たべ・てる・よー」「おい・しー・かい」&「おい・しー・よ」が育ってほしいものです。会話のひな型は示しますが、押しつけはしません。

コミュニケーションが深まれば『安心』は増大します。

このひと月でかなり泣き声が激減しました。

長泣きし続ける子はほとんどいなくなりました。

有り難いことです。毎日出勤するのが楽しい職場です。
[PR]
by 09donpo11 | 2016-04-30 11:13 | 保育ネタ | Comments(1)
Commented by 09donpo11 at 2016-05-01 05:40
子どもには泣く権利も、怒る権利もあります。
できるものであれば、中途半端なところで止めさせないで、泣くときには泣き切る、怒るときには怒りきることを大事にしてあげたいものです。なかなか難しい場面も多々ありますが、どちらも気が晴れるように『泣き切れる』とか『怒り切れる』ようにしてやることが大切と考えます。