ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
朗読会 ばぶの会を開催します
at 2017-09-23 10:31
自分再生への助走  
at 2017-09-03 08:23
落葉松という楽曲と出会えまし..
at 2017-09-02 21:02
今日から9月です。
at 2017-09-01 07:45
報告とご案内  第17回&第..
at 2017-08-30 08:18
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

手渡し「はいどうぞ」の贈り物


ここは保育園の中にある一時保育室です。

1歳児と2歳児が同居している縦割り空間です。

毎日登園してくる子どもさんの顔ぶれが変わります。

一週間に一回登園のお子さんもいれば、週に3回登園しているお子さんもいます。

保育室や保育担当者(職員)との慣れ具合もまちまちです。

一泣きもせず、ワクワクと登園してくる子もいれば、大泣きする子もいれば、きょとんとしている子もいます。

子どもが、登園し母との別れで泣いているとき、ここはどこだろう()という感じでキョトンとしているとき、遊びを見つけ出す前の暇そうにぼうっとひているとき、おもちゃの取り合いで、おもちゃを取られてかなしい・くやしいと泣いているとき、いろいろな場面で私は「はいどうぞ」と何か見繕って手渡しします。

そのことで気が紛れたり、ちょっとした気分転換になったり、狭くなっていた心持がちょっぴり広くなったりします。

「さあ、あそぼっか」といざないます。

1歳の子どもさんが最近覚えた「どうぞ」で、私におもちゃを手渡してくれる時、気持ちを込めて『ありがとう』と受け取ります。

そして、それをまたその子に「はいどうぞ」と手渡します。

その子も「ありがとう」のしぐさをかえしてくれます。

ささやかなやり取りですが実になごやかでいいもんです。

積み木の箱を前に、一つ一つ取り出しては、ポイ、ポイ、ぽいっ…とあそんでいます。みごとな散らかしっぷりです。

箱の中はとうとうからっぽです。

そうかと思うと、箱をひっくり返して中身を丸ごと一気にぶちまけるあそび方の子どもさんもいます。

ちらかし界の横綱です。

「さあ、おもちゃを片付けておちゃ(水分補給)をのみましょう」とよびかけます。

♪おかたづけ♪、の歌なんて歌いません。

片づけた先に何が自分たちを待っているのかという見通しを示して子どもさんが納得してかたづけられる生活感覚を大事にしたいと思っています。

教育の最終目標が自己教育にあるのと同様に、『しつけ』を大人が子どもさんに押し付けるのではなくて、子供の心の内側に芽吹いてくる生活感覚こそが自分で自分をしつけていくのです。

片付けに興味を持ちだした子どもたちがそばに寄ってきます。

丁寧に戻す子。

大胆にポイ、ポイっとワイルドに入れる子。

自分こそが入れたいと一つのおもちゃを二人で取り合いになるとき、形勢の不利な子のほうに、あるいは無理やりに取ろうとしている子のほうに「はいどうぞ」と同類の別のおもちゃを手渡します。

あいさつ代わりに「タッチ」といって手のひらと手のひらを合わせます。

私は手のひらを大きく広げて待ち受けます。

子どもさんが「タッチ」といいながら触れてきます。

手を合わせられてにんまりと満足げに微笑みを返してくれます。

これもまた「はいどうぞ」のすてきな贈り物です。

ちょうちょうが花びらに触れるようなタッチもあれば、力強い目いっぱいのタッチもあれば、もっと高い位置にしてよとハイタッチをしたがるお子さんもいてタッチもいろいろです。

贈り物には贈り物効果というものがあるようで、人の心を和ませ、ちょっぴり幸せな心持にしてくれます。「はいどうぞ」は私の好きな贈り物(プレゼント)です。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-07-08 06:11 | 保育ネタ | Comments(4)
Commented by momopororon at 2016-07-08 11:02
娘が赤ちゃんの頃
はい、どうぞが出来た時の
感動を思い出しました〜
Commented by kyao67 at 2016-07-08 21:07
もう一度保育の現場で、1・2歳児と時間を過ごせたら、少しはゆとりを持って成長を見てあげられたのになぁと思いました。孫だと、また違った視点になっちゃいそうだし、3歳さんはもうりっぱな幼児さんだし…。小さいときはゆったり一緒に過ごしてくれる人が大切ですね。
Commented by 09donpo11 at 2016-07-08 23:16
momopurinnさん。
コメントありがとうございます。
「はいどうぞ」って全世界を明るくしてくれるアイテムなのかもしれませんよ。
多少心持に『ゆとり』がある限り「はいどうぞ」にやりもらいは未来永遠つながっていきます。
Commented by 09donpo11 at 2016-07-09 02:55
kyao67さん
コメントいただけ嬉しく思います。彼らの60年後に思いを馳せながら、私が今彼らに送り届けられるものは何だろうか…と日々思いつつ保育しています。
仮に60年後としましょう。原子力発電所の事故現場は問題解決できているでしょうか?
核のゴミは始末できているでしょうか?
大変困難な状況を前にしても諦めず、粘り強く問題解決に向けてコツコツ努力をし続ける人が一人でも二人でも現れて欲しいものです。