ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「やっちゃあいけないよ」に心..
at 2017-09-28 18:07
朗読会 ばぶの会を開催します
at 2017-09-23 10:31
自分再生への助走  
at 2017-09-03 08:23
落葉松という楽曲と出会えまし..
at 2017-09-02 21:02
今日から9月です。
at 2017-09-01 07:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

お話森の山小屋で (第8稿) ~1/4~


①あいことば

むかしむかし、ある国のかたすみに小さな村がありました。

その村はどこにでもあるごくごくふつうの村で、

村にはどこにでもいるごくごくふつうの子ども達が、   

ごくごくふつうの暮らしをしていました。

さてその村のとなりに大きな森がありました。

その森は不思議の森でした。

その森のまん中には小高い丘があり、

丘のてっぺんには広場がひとつありました。

その広場は不思議の広場でした。

その広場のまん中に山小屋が一軒ありました。

その山小屋は不思議の山小屋でした。

その山小屋には小さなドアがありました。

そのドアには看板がかかっていました。

その看板には不思議の文字でこう書かれていました。

「だれでもどうぞ。いつでもどうぞ。

ノックを3回してください。ドアが開きます。」

ドアの奥には小さな部屋がひとつありました。

その小さな部屋は不思議の部屋でした。

部屋の中では不思議の時間が流れていました。

部屋の扉には小さな貼り紙が不思議のピンでとめられていました。

その貼り紙には不思議の文字で「合言葉は『入れて』です。

『いいよ』と返事が聞こえたら扉を開けてください。」

と、こう書かれてありました。

さあ扉を開けたらどんな楽しいお話が待っているでしょう。

 ② 扉をあけた子どもたち 

森には素敵なこと楽しいことがいっぱいありました。

ある日、村の子ども達が8人、その森に出かけて行きました。

森の中には不思議の小道がありました。

子供たちがためらいもせずどんどん歩いて行くと

歩いていきたいその先につぎからつぎへと道ができました。

なぜってそれは不思議の小道だったからです。

その小道をどんどん行くと小高い丘が見えました。

その丘のてっぺんまで登っていくと見晴らしの良い広場に出ました。

その広場の真ん中に山小屋が一軒見えました。

子ども達は『よーい、ドン』と広場をまっすぐに突っ切りました。

息がハアハアする前にもう山小屋に到着しました。

なぜってそれは不思議の広場だったからです。

山小屋にはドアがあり看板が揺れて掛かっていました。

なぜ看板が揺れていたかというと

子ども達がみんな元気に走って来たからです。

大きな子どもも小さな子どもも

みんな一緒に声をそろえて看板の文字を読みました。

なぜ読めたのかというとその文字は不思議の文字だったからです。

「だれでもどうぞ。いつでもどうぞ。

ノックを3回してください。ドアが開きます。」

子ども達はドアをノックしました。

『トントントン』

シャラリラ シャラリロ シャラランラン

と鳴りながらドアが楽し気に開きました。

子ども達がドアの中に入っていくと

小さな部屋が一つありました。

部屋の扉には小さな貼り紙がありました。

その貼り紙は不思議のピンでとめられていました。

不思議のピンがプルプルっと小さくゆれながら言いました。 

「あいことばをどうぞ」

子ども達は声をそろえて言いました。

「い・れ・て」

すると部屋の中から

「い・い・よ」

と返事が返ってきました。

子ども達はわくわくしながら扉を開けました。 


[PR]
by 09donpo11 | 2017-05-10 06:05 | ばぶさん童話 | Comments(0)