ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
朗読会 ばぶの会を開催します
at 2017-09-23 10:31
自分再生への助走  
at 2017-09-03 08:23
落葉松という楽曲と出会えまし..
at 2017-09-02 21:02
今日から9月です。
at 2017-09-01 07:45
報告とご案内  第17回&第..
at 2017-08-30 08:18
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

カイロ団長・考 その3 殿様蛙の営業活動


めでたく30匹の雨蛙を自分の『家来』にすることができ、カイロ団を結成しカイロ団長になれたものの、彼には経営センスがなかったですね。

『カイロ団』って平たく言えば何屋さんだったのでしょうか?

ゼネコン?   便利屋?   それとも…造園業?

看板くらいは作ったでしょうが、カイロ団という存在を世の中に宣伝しませんから社会的認知もされていません。知名度の「ち」さえありません。

当然どこからも仕事の依頼が来ません。

カイロ団の営業品目っていったい何だったのでしょうか?彼は利益を上げてお金儲けがしたかったのでしょうか?恐らく殿様蛙自身にも明確なものがなかったから宣伝活動の発想さえなかったのです。

彼にあったものは、『カイロ団という組織の長として家来に対し専制君主としてふるまう事への執着』です。これが満たされればそれでよかったのでしょう。

(前略)「さっぱり誰も仕事を頼みに来んな。どうもこう仕事がなくちゃ、お前たちを養っておいても仕方ない。俺もとうとう飛んだことになったよ。それにつけても仕事のない時に、忙しい時の支度をしておくことが、最も必要だ。つまりその仕事の材料を、こんな時に集めて置かないといかんな。(後略)・・・」

と、この発想と展開まではなかなか良かったのですが、その後が全くもっていただけません。

仕事が来ないからといって雨蛙たちに無茶苦茶な命令を言いつけます。

・立派な木を1000本集めてこい…

・花畑へ出ていって花の種を拾ってくるんだ。一人が万粒ずつ拾って来い…

・今日は石を一人につき900貫ずつ運んで来い…

「命令」の様式美のみにとらわれた実にハチャメチャな命令の数々。

「立派な木を1000本」と言いつけられて雨蛙たちは 

(前略)一生懸命いい木を探しましたが、大体もう前々から探す位捜してしまっていたのですからいくらそこらをみんながひょいひょい駆け回っても、夕方までにたった9本しか見つかりませんでした。(後略)

ヘトヘトになり消沈している雨蛙たちのところにアリンコが通りかかり煙のようなカビの木を持っていったらと提案してくれます。

命令を下した殿様蛙は『1000本』という数に執着するばかりで『煙のようなカビの木』であろうがどんな木であろうが1000本集められてくると

(前略)すると団長は大機嫌です。「ふんふん。よし、よし。さあ、みんな舶来ウイスキーをいっぱいずつ飲んで休むんだよ。」(後略)

いかに自分の営業ビジョンが欠落していたかがわかります。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-06-02 06:40 | ばぶさんな童話 | Comments(0)