ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
朗読会 ばぶの会を開催します
at 2017-09-23 10:31
自分再生への助走  
at 2017-09-03 08:23
落葉松という楽曲と出会えまし..
at 2017-09-02 21:02
今日から9月です。
at 2017-09-01 07:45
報告とご案内  第17回&第..
at 2017-08-30 08:18
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2014年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

気分は今日から新年度

今日は3月31日年度末の末尾ですが、気分は今日から新年度。
ふっと思い立ったのが『ラジオ体操復活』ここ半年弱なぜかラジオ体操する気になれず、時にはBGMでしたが、朝日を浴びてラジオ体操。
両足の裏野人差し指と中指の第2&第3関節がややはれていて右も左も痛風症状が残存していて、踏ん張れない、軽快に動けない。ラジオ体操は体調の定点観測が可能なひと時です。焦らず無理せず、スムーズに体を動かせる日が再び来る朝を思い描いて体操しました。


[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-31 08:11 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

また一人、人生の道行の友人が増えました。

この間『飛蚊症』君とお仲間になったところへもう一人ニューフェイスがやってきました。『痛風』君です。3月13日に左足のひとさし指と中指の第2第3関節に赤みが差し妙に疼くという不可解な症状が出て16日にはパンパンに腫れ上がって熱を持ち、痛くて痛くて寝ていられない程でした。痛みで夜眠れないというのは人生60年間でこれが初めてでした。その後半月程経って徐々に徐々にむくみと痛みが減少しつつありますが、昨日からは今度は右足の同じ部位にも小さな痛みが感じられはじめ、今朝は右左とも同じくらいの小さな鈍痛があります。
嘆いても仕方ありませんから仲良く付き合っていこうと腹を据えました。


[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-30 09:42 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

『60代なりのがんばり方』の創造

私の場合は昨年の9月でしたが、『せっかく還暦を迎えられたのだから加齢の日々を楽しんじゃおう』という発想に立って半年を越しました。
『60代なりのがんばり方』を積極的に見つけ出してみようと日々の暮らしを見つめ直し始めました。

ついつい50代の頃のがんばり方で計画を立てたり行動したりしてしまいます。
それは仕方のないこと。だってついこの前まで50代だったのですから。
けれども体は正直、くたびれるときはどっとくたびれるし、また、そこから回復するまでに至るのに、かつて以上に手間暇かかります。ついついかつての栄光を思い出しては『今』を嘆きがちです。
でも、まずはここを変えてみようと思います。 

◆飛蚊症さんこんにちわ
ああ、これが噂の飛蚊症か…って気が付き自覚したのは先月2月頃です。きっとそれより以前からも症状は出ていたのだろうと思いますが、さほど気にしていなかったというか気にならずに、「あれ?今の目の錯覚?」なんて気に留めずに流していました。「なんかこの頃マックロクロスケのちびちゃんがそこいらに居たみたい」てなぐあいでした。
「なーんだ、これが飛蚊症ね。」そうわかると、そういえば白っぽい壁の前に来るとやたら見えるんだ。
正体見たり、ですからビビることも気にすることもありません。むしろ人生の旅行きの友が増えたんだ。
こんな風に受け止め受け入れていくのも60代なりのがんばり方の一つだろうと思うこのごろです。


[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-26 08:19 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

携帯のアラーム

私の使っている携帯電話にはアラーム機能がついています。
そのアラームは10種類セットできます。そしてアラーム音も様々な音色で20種類くらいパターンを選べます。
ある日これを使わないのはもったいないと思いつき、自分のラッキーナンバーなるものをこじつけであろうとも気にせずいくつか考案してその時間に鳴るようにしました。そしてその時間に一番ふさわしいメロディーを選びました。
生れた西暦や月日をラッキーナンバーの内の一つとして鳴らしてみました。
特に根拠もなく面白がって毎日鳴らしていたのです。そのうちその時間に本当にいいことが続くようにでもなったら楽しいと期待したわけです。

土鍋でご飯を炊生活を始めた頃でもありましたから、10種類のアラームの中にイレギュラーではありますがお米をといで炊き上がるまでの工程の節目節目にアラームを鳴らしています。
アラーム設定時間に対してはタイトルも印字できる機能が付いていると気付き最もふさわしい表題を付けました。お米を水洗いして20分後「(うるかし~)点火」8分後「消火」さらに20分後「(蒸らし~)食事開始」と命名し愛用しています。


それからほぼ一年ほどたったとき(2011/03/11)東日本大震災がありました。
けれども一月半から二か月くらいたつと忘れかけている自分に気が付きました。
それで、地震の起きた14時46分にアラームが鳴るようにセットして、日々の暮らしはいろいろ流動的ですから黙祷のできる条件のある日は極力黙祷するようにしています。アラーム時には「黙祷」と印字しました。

私の生まれた月日は48歳の誕生日を迎えた日から世間やマスコミによって「テロの日」と呼ばれるようになりましたが、9時11分にもアラームをセットしています。この時間には『自分原点回帰』と印字しています。自分の残りの人生の時間を何に向かって燃焼しているか?その志に向かって具体的に今日は何を精進しているかなどなど自己点検をするのです。思わず背筋が伸びるひと時でもあります。


[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-23 10:17 | 3/11を忘れない | Comments(0)

アップしそびれていた日記 コーヒー・ミルと菜っ切り包丁(2013年12月25日21:52)

買い換えた生活道具

今年9月で還暦を迎え、気持ちの切り替えが生まれました。長年使い続けてきた生活道具を先月ひとつ目、今日二つ目、買い換えました。

①一つ目は39年間使い続けてきたコーヒーミルです。人間でいえば骨粗しょう症でしょうかシャフト自体の金棒がすり減りシャフト受けの上下の押さえ金具も見事にすり切れかけていましたので、もうこれ以上メンテンスの手の施しようのないところまで『使い切り』ました。
とことん使いきったのですから悔いはありません。

あれは21歳の年でした。初めてもらったボーナスで何を買いたいか、心はすでに決まっていました。
コーヒーミルが欲しかったのです。
イタリア製のミルです。
今回買い換えたのは日本のK社製(メイドインタイワン)のミルです。
ハンドルアームがどうしても使いづらくおよそ満足のいくものではなかったので、初代のコーヒー・ミルの部品ハンドルアーム一式部分を外し、買い換えたばかりのコーヒー・ミルへ4時間半かけて臓器移植ならぬ部品移植しました。ネジ山などのピッチが合わなかったのですが、力技で強引に外科手術しました。
新品ですから豆の挽き具合はよいです。
ところが引き出しを引っ張り出すとグラインドしたコーヒー豆の粉があたりに離散し、極めて使いづらいのです。
そこで引き出しを取り出してミルの中の構造をチェックすると実に粗雑でおよそ「使い勝手の良い道具」といえない配慮のなさなのです。

きっとこのデザイナーはコーヒーが好きでもなく又コーヒーミルをこよなく愛しているといった愛飲家ではないことが明確です。この会社もコストとデザインばかりを優先で商品開発したことが見え見え。本気で道具作りをしているとは思えません。
そこでミルの内部に木部を足して挽いた豆の粉が引き出しの中央に集まるように傾斜を付け加えました。かなり改善できました。
だが依然としてコーヒーの粉をドリッパーの中央に詰め注ぐ際にやはりかなりの量の粉が周囲に離散します。
これは引き出しの箱の深さが浅すぎるためであり理想的にはあともう8~15ミリも深ければ箱そのものがロートのような役を果たし、かなり改善されると推測できます。
・・・がここまで直そうとすると『全とっかえ』で全体を作ってしまう方が近道。けれどもそこまでのエネルギーは温存していないのでこれから先使いながら微調整を工夫してみようと思っています。

②鉄製の菜っ切り包丁を買い換えました。
この包丁は41年前に買い求め途中19年ほどどこかにしまい込んでいてそのこと自体忘れ去られていましたのでブランク機関ががありました。ある時見つけ出してちょこっと使ったら包丁の柄に埋め込んであった鉄の部分の付け根が腐食していてポロリ。刃と柄とがバラバラになってしまいました。ゆうじんにいらいして包丁の刃渡りを5センチほど寸詰めして新規に柄に埋め込める部分を造作して、これに合わせて柄も作り変えました。たまたま紫檀の端材がありましたのでこれを加工してリニューアルして15年近く使い続けました。包丁の刃渡りという寸法には根拠があるようで、5センチ寸詰めした刃渡りのリニューアル包丁は多少使いづらくもありましたが、使っているうちに愛着が相当増しました。ところが砥石をかけて刃先の研磨を繰り返すうち包丁の鋼の部分がなくなるところまで研ぎ使い続けて地金ばかりになり、いくら砥石で研いでも切れ味は回復しません。これもここまで使い切ったのですから今日買い換えたというわけです。ステンレス製の包丁は錆びなくて世話なしですが、切れ味のほうは鉄製のものにはかないません。買い替えに当たっては迷うことなく鉄製の包丁を選びました。鉄製の包丁は丁寧に扱わないとすぐ錆が来ますから、手間のかかる分かえって大事に使う気持ちが身に付きます。


[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-22 05:55 | 人生を共にしている生活道具 | Comments(0)

アップしそびれていた日記 有島武郎・作 溺れかけた兄妹(2013年07月27日17:28)

有島武郎・作 溺れかけた兄妹 の朗読をYou Tubeにアップしました。
中学生の頃国語の教科書でこの作品を知っていました。
私自身3回くらい溺れかけた経験がありますので、かなりリアルな朗読となりました。いつの日にか朗読会で読みたいとひそかに温めてきた作品です。


http://www.youtube.com/watch?v=VGQGGy6BTDQ&feature=youtu.be


[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-22 05:23 | ばぶさんのお話しおじさん | Comments(0)

丁寧な暮らし


たとえば朗読会で朗読を発表するというのがその都度「当面の目標のひとつ」でもあるのですが、そのことをきっかけに一つの作品とじっくり向かい合い繰り返し繰り返し練習します。それを録音して、後からじっくりと聴き返します。そして一つ一つ微細な改善点(新たな課題)を見つけ出し再び声や形にします。幼年童話の創作もこのところ集中的に新作を綴り出し文章や言葉を推敲しているのですが、どちらも注意深さと丁寧さが求められる行為です。
朗読を始めて8年半、童話の創作を初めて4年ですがどちらも自分自身の内面のより一層深いところへ入っていく『自分探し』『自分自身の発見』の行為です。今日は実りの多い一日でした。
多少なりとも興味を持たれた方には『是非あなたも始めてみませんか』と、お勧めの丁寧なひと時です。


[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-21 00:20 | ものづくりのあれこれ | Comments(0)

アップしそびれた日記 『休肝日ならぬ飲酒日宣言』 (2014/1/4(土) 午後 10:08)

几帳面な私は一年のうちついうっかりお酒、を飲み忘れる日が2~4日ある…という生活を40年前後続けてきました。『休肝日』という発想はなかなか自分のものにならないままに暮らしてきました。
それが、昨年暮れと新年早々に「通夜告別式」が二つあり、日頃めったに再会しない従妹や親戚に会い、話がよもやまするうちに、ある発想の転換のキーワードを思いつきました。
『休肝日』というのでなく『飲酒日』というのを取り込んでみよう…と。つまりあらかたの日々は飲まずに過ごして『飲む機会』のある時に「飲む」という発想です。
それで大晦日にいつものペースで飲んだのですが…。
ここから多少尾籠な話に言及しますが、新年早々に不謹慎とご批判御免なすってで話の先を続けます。
大晦日の夜実に極めて激しく嘔吐と下痢をしました。
それはそれは近年全く経験のないほどの激しいものでした。出物腫れ物所嫌わずですから出るだけ出て、というか出すだけ出し切り気分も収まるとその激しい我が嘔吐ぶりに『人間の体とはなんと素晴らしい安全装置が付いているのだろう。』妙に感動してしまったのです。自分の体に合わないものを強制排出する能力のすごさ・・・中途半端な嘔吐下痢でなくて実にありがたかったです。
32歳のとき13年間喫煙していた生活から『禁煙』したとき、あえて『禁煙』と考えずに『休憩中…と考え今は次のタバコを吸うまでの休憩中』という姿勢で、還暦まで喫煙なしの暮らしをしてきました。こんな体験を持っているものですからそれで今回は『飲酒日宣言』バージョンでやっていける自信に変質しました。

[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-18 18:43 | 華麗なる加齢ライフ | Comments(0)

アップしそびれていた日記 自作幼年童話『猫の会議』(2014年03月08日18:56)

自作幼年童話『猫の会議』の朗読You Tubeにアップしました。
2014年2月22日(土) 会場は江東区常盤のイベントスペース「そら庵」でおこなわれた『第19回ひねもす朗読会』での朗読ライブ録音です。

途中怪談話風となり、どんでん返しを経て最後にハッピーエンドになるお話しです。
隠れテーマとしては猫の会議は、猫の懐疑でもあるお話しです。
You Tubeアップに際し初めての試みでイラストも描きおろしました。
エンディングテーマ曲も創作しました。




http://www.youtube.com/watch?v=-e6VCbIb52c&feature=youtu.be

ちょっと宣伝です。
YouTubeへのアップは今回が23作目です。
もし関心と興味とお時間のある方は検索キーワード『どんぽのばぶ』でアクセスしてみてください。

[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-18 15:43 | ばぶさんのお話しおじさん | Comments(0)

アップしそびれた日記 『今年2回目のお話し会ライブ(2/13)報告』(2014年02月13日19:52) (

今回もお隣の神奈川県のS市認定保育室「〇の実保育園」でお話し会をしてきました。
定員45名の小さな保育園です。
こちらの園の開設と私の工房の創設は同じ年(1991年)のスタートでした。
子どもを中心に置いて職員と父母との共同で保育を志向しつつスタートし積み上げてきた無認可時代の良さが今も園内に脈打っている保育園です。
私の木のおもちゃはかなり以前からこちらで保育に生かされていて、子供たちは訪問した私を『ばぶさん』『パズルのばぶさん』と親しげに呼びかけてくれます。
9時半から始めたお話し会は開始前からお話し会への期待で熱気が伝わってくる雰囲気であふれていました。

オープニングは子どもたちがすでに熟知して親しんでいる手遊び歌「山小屋一軒」を私も一緒に歌って一遍に打ち解けてしまいました。
続いて私の創作手遊び『五匹の仔豚が狼をやっつけたお話』
それから持参した歌紙芝居『メダカが地球を一回り』を実演し
さらに、パズル・ボード『おしゃべりでんわ』を見せながら即興のお話し『いじわるなしりとり電話』をやりました。
あらかじめあらすじだけを決めておいたものを、出たとこ勝負の展開でノリノリのお話となりました。お話の途中で子どもたちの笑い声や笑顔が押し寄せてくると私の中の血流が俄然テンションヒートアップ。こんなさなかの自分自身が好きです。ランニング・ハイ、水を得た魚という感じです。

ここで2歳児クラスの子供たちの中にはすでに飽きてきている子も含まれていますので『中抜け』してもらい、後半パートⅡは幼児クラスにフォーカスしたお話し会へと突入しました。

後半のオープニングは『おはなしの歌(自作)』を紹介しました。この歌は今からお話しをきくぞぉという子どもたちのお話しへの期待とモチベーションをそそり上げていく効果絶大です。

ゴリちゃんとリラちゃんシリーズから『はじめてかいたてがみ』と『ぐぅあっ・ぐぅあっ・ごりちゃん』の二作を語りました。

わらべ歌遊びから「お寺の和尚さんが…」を挟んでちょっと気分転換、一呼吸つけて
おしまいは『わるぐちケンカ』で大笑いで発散し『ワルグチエンザ』でしっとりと締めくくれました。
一番理想的なお話し会の流れを作れました。

こちらの園の子どもたちは大笑いとその直後の耳を澄ましてお話しのその続きを聞き取ろうとする態度とのメリハリがすごくある子どもたちでした。日頃から良い絵本体験やお話し体験を受けててきていることがよく解ります。

お話し会終了後園庭で一緒に遊びました。先日の降雪の残雪がまだしっかり残っていてつき山からソリスベリをする子供たち、私はふもとで大股を開いて『トンネルだよ~~』と誘いかけるとこれがバカ受けでした。

御給食を一緒に頂きました。子供たちのお箸の使いこなし方が実に見事でした。

食後、午睡に入る前のひと時パジャマに着替えた年中&年長さんクラスだけを対象におまけのお話しをもう一つしました。
選んだお話しは『ネズミ君の竹馬』、久々に実演しましたがお話しの心を子供たちの心に届けることができた手ごたえを得ました。
今日はオーディエンスがハイレベルだったので『語り手としての私を育んでもらった実感』を持ちました。
[PR]
by 09donpo11 | 2014-03-18 15:34 | ばぶさんのお話しおじさん | Comments(0)