ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
第16回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-07-23 00:01
保養キャンプでワークショップ..
at 2017-07-20 00:13
笑顔と笑顔が伝播し響き合っている
at 2017-06-30 06:53
指揮者の手指の表現に魅惑され..
at 2017-06-28 09:34
お見舞いを兼ねて母の誕生日を..
at 2017-06-27 09:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第2回ワンコイン朗読会のご案内

※ワンコイン朗読会は奇数月の最終土曜日です※

第2回ワンコイン朗読会日時は…

3/28()開場13:30 開演14:0015:30

朗読作品

①宮沢賢治・作「オツベルと象」

②曵田原宏・作「牛飼いシャペルの日曜日」

友情出演(島村さん朗読&猪岐さん二胡演奏)

③大塚雄三・作「スーホの白い馬」

その他

④飛び入り参加あり

会場

Tea Room Sakai 2F

南武線矢野口下車徒歩約10分のケーキ屋さん

参加費500(紅茶と茶菓子付き)

定員15名・要予約



[PR]
by 09donpo11 | 2015-02-24 10:40 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

もどきかなんちゃってか  長ネギと鶏肉

もどきかなんちゃってか  長ネギと鶏肉

『ネギま』を作ってみよう…と思い立った。
一等最初は長ネギを短冊切りに鶏肉のスペアリブを載せてレンジでチン。味付けは日本酒キャップいっぱいに粉末かつおだし。なかなかの味でした。「なんちゃってネギま」と命名しました。この頃は勿論酒の肴待遇でした。

気がつけば鶏肉のスペアリブは意外と高価です。そんなこともあって買い控えて帰って帰宅したところ冷蔵庫にとりの挽肉が半パック弱ほどありました。買ったばかりの長ネギ三本の茎の真ん中辺を短冊切りにして鶏ひき肉をスプーンで左官屋の鏝(こて)のように使い、そして日本酒キャップいっぱいに粉末かつおだしで、レンジでチン。結構味は出ています。『ネギまもどき』と命名しました。この頃はご飯のおかずの待遇でした。反省点、短冊切りにした長ネギをさらに縦方向に二つ割に包丁を入れたほうが食べやすそう、次回はそうしよう。

別の日ふっと考えた。買ったばかりの長ネギ三本…。これまで緑の部分は2センチぐらいのざく切りにして「必殺カレーうどん」を仕込むときにコトコト煮込んで消費していた。勿論冷凍の稲庭風うどんとレトルトのカレーパックとわずかのめんつゆで作ります。
長ネギの緑色のところ、畑から掘りたての到来物が手に入った時には「ヌタ」にしますが、スーパーなどで購入した時にはもっぱらカレーうどんの緑に使いまわしていましたが、ほかの調理法を思いつかずにいました。

そしてこの前のその前、長ネギの緑の部分と鶏ひき肉で『ネギま』を試みました。
まずねぎの緑色のところだけざく切りにして日本酒・キャップいっぱい(手が滑ってキャップに溢れた)と粉末かつおだしで先にレンジでチン。頃合いを見てレンジから出しあっちっちっと火傷に気をつけながらラップをて開けて湯気の中に鶏ひき肉を左官屋の鏝(こて)もどきにうすく広げ塗り付け、食塩ほんの少々パラパラでラップ約1分。時間差攻撃が効を奏してとりあえず美味。さて命名に悩んだ。「もどきかなんちゃってか」そこで溶き卵をかけて『閉じ』にした。このときもごはんのおかずである。

そして今夜、溶き卵までは掛けなかったが、冷凍うどんの稲庭風のあわせにトッピングしてみた。ちょっと不安を覚えたのでとろろ昆布を載せた。美味でした。


[PR]
by 09donpo11 | 2015-02-11 20:47 | クッキングばぶさん | Comments(1)

さてどこまで伝えられるだろう『よく遊び、よく学べ』を

あるところで『遊び』についての学習会の講師を依頼されています。


こんなちっぽけな私をご指名してくださるのですから実にありがたいことです。


精一杯役目を果たしたいと思います。その学習会の日まで20日を切りました。


そろそろ中味を整理して心の準備をしておかないとなりません。


自分の経歴や今に至るまでの経緯、今の立ち位置にからげて、自分の思っていること、考えていること、望んでいること、大事にしたいことを伝えるのが役目です。


「私論」を語るのですから、聴き手の側が私の話の中から多少なりとも『正論』の一かけらでも拾い出していただければ幸いというものです。


『伝える』からにはその内容が相手に伝わらなければなりません。その為には『伝わるように伝えること』に心を砕かなくてなはなりません。話すことの骨子を思いつくままにどんどんメモってみてそのメモを俯瞰して全体の構成を考えます。



Aについて語るためには、その前置きや条件としてBCについて触れておかないとならない。この場合「一般的に捉えられているBC」と、「私流の捉えのBC」の共通点と独自の視点との違いを話しておかないとならない…。


もっとも実感しやすい事例として何を選ぼうか、実技講習的に試みよう。


  1. 手遊び

  2. お話(自作の創作童話) 

  3. 体操…どれを紹介してその中で強調すべき点はどこか?キーワードは?


私は学習会参加者のリアクションを読み取って、さらに何を喚起するか?そのことは即、参加者にとって、子どもたちと向かい合って表現するときに子どもの反応から何を読み取り何を伝えていくかの『保育の心の支柱』となるものに通じるということ。


何かを教えるという行為は、その時どうじに相手から何かを学び取る行為であること。その営みの素晴らしさ。


幼い子どもたちが心身共に育つ場として「まなぶ」・・・「まねっこ」互いにまねっこし合える仲間関係をどうそだて、そしてどうみまもるか?



あれこれ思いを馳せていましたら、どうしたわけだか「『学ぶ(まなぶ)』は『真似ぶ(まねぶ)』からきているんだ・・・」かつて友人Gから聴いたそのワンフレーズがふっと甦りました。なんのきない世間話を飲み屋のカウンターで二人でだべっていた時に交わされた中の一言でした。あれからもう四半世紀の歳月を重ねています。今ごろになって彼の何気ないつぶやきが今回の講演の骨子になるとは、実に感慨深い思いです。


子どもが育つとき「あそび」をテコとして「まなぶはまねぶ」の世界があることを精一杯若い世代に伝えたいと思います。


気がつけばこんなことわざがありました。「よく遊び、よく学べ」





[PR]
by 09donpo11 | 2015-02-03 06:04 | 保育ネタ | Comments(0)

Kさんの講演旅行報告会


2011年以降毎年秋に小林さんはヨーロッパ諸国を廻って反核兵器・反原発の講演旅行をされておられます。
5回目の講演旅行は昨年(2014)10/6~11/14、ポーランド、トルコ、チェコ、オーストリア、スロベニア、ベルギー、ドイツの7ヵ国35都市で36回の講演をされてこられた。その講演旅行の報告会が昨日横浜の鶴見公会堂でありました。
今回はドイツを中心に反原発市民運動が広がり続ける西ヨーロッパとは異なり、新たに原発建設計画がすすめられている東欧諸国で反原発運動をしている市民団体を支援する講演活動もなさいました。
講演中、福島の現状や、福島の子供たちの未来に思いを馳せて小林さんの目頭に光るものが何度も浮かびました。私も涙をぬぐいながらお話を聞きました。
志を同じくする市民が国境を越えて繋がっていくことの大切さ、自分にできる方法で行動を起こしていくことの大切さを強調されておられました。
氏の活動の詳細はインターネット検索のキーワード「小林和彦・ドイツ」で調べることができます。

[PR]
by 09donpo11 | 2015-02-01 06:42 | 3/11を忘れない | Comments(0)