ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
第16回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-07-23 00:01
保養キャンプでワークショップ..
at 2017-07-20 00:13
笑顔と笑顔が伝播し響き合っている
at 2017-06-30 06:53
指揮者の手指の表現に魅惑され..
at 2017-06-28 09:34
お見舞いを兼ねて母の誕生日を..
at 2017-06-27 09:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アヒルになったゴリちゃん

ばぶさん童話 『ゴリちゃんとリラちゃん』より

第5話 グゥワッグゥワッゴリちゃん  (第3稿)

キィコ キィコ キィコ
ブランコは小さく揺れます。
乗っているのはゴリちゃんです。
「ごーりーちゃん」
「あっ、リラちゃん。ほら、みてみて、ぼくすごいんだよ。
リラちゃんみたいにブランコ、たちのりできるようになったんだ。」
「すごいね。ゴリちゃん、・・・こわくないの?」
「うん、もうこわくないもん。」
「それじゃあ、あたし、ブランコおしてあげる。えい!」 
キィーコ  
「こここここっ・・・」
「だいじょうぶ?」
「こ、こ、こわ~~く・ない」
「あっそぅ。おっこちないようにつなをぎゅっとにぎって」
「うん、わかった。」
リラちゃんはブランコをさっきよりももっと元気に押しました。
「それ~~。」 ギィイーコ 
「こここここ・・・」
「こわいのぉ?」
ごりちゃんたらぐっと我慢して
「こけこっこーぉ」
とニワトリの鳴き真似をしました。
ギィイーコ  
ギィイーコ
それでもブランコの大揺れにだんだん身体が慣れてくると
ギィイーコ
「あはははは」
ゴリちゃんは全然怖くなくなって今度は嬉しくなりました。
「だはははは」
もっと嬉しくなって沢山ブランコしたくなりました。
「かーわって」
「やだ~」
ギィイーコ ギィイーコ ギィイーコ
「うひょひょひょひょぉ」
「かぁーわって」
「だめぇ~」
ギィイーコ ギィイーコ ギィイーコ
「ひゃーほほはぁ~。けけけけぇ」
「かーわって。かあ―わってっ。」 
「やぁーだぁーよっグゥワッ」
「かわって かわって かわってぇ」
「グゥワッ、グゥワッ、グゥワア~。」
その時ゴリちゃんのお尻がむずむずしました。
ぴょこ~~ん
なんとお尻にアヒルのしっぽのような羽が出てきました。
「かわってぇー」
「グゥワッ、グゥワッ、グゥワア~。」
今度はゴリちゃんの足がむずむずしたかと思うと
あっという間にごりちゃんの足はオレンジ色のアヒルのような足に変わってしまいました。
ギィイーコ ギィイーコ ギィイーコ
「かわってぇー」
「グゥワッ、グゥワッ、グゥワア~。」
といっているそばからゴリちゃんの口がむずむずしてきて
ニョキッと
すっかりアヒルのくちばしになってしまいました。

びっくりしてごりちゃんは思わず綱を放したので
ブランコからどっしーん・・・と落ちてしまいました。
「う~~ん、う~~ん、 う~~ん。」
「ごりちゃん、ごーりーちゃん。
おきてよ。おきてってば。おーきーて。」
「あ、リラちゃん。おはよう。
あれっ、ない、ない、ないぞーぉ。あーよかった。」
「なんかこわいゆめでもみていたのね。
ねぇ、ねぇ、もうたくさんおひるねしたでしょ。
あたしといっしょにブランコのりしてあそぼうよ」
                                   ~お・し・まい~


[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-31 21:11 | ばぶさん童話 | Comments(0)

初めてかいたゴリちゃんの手紙

ばぶさん童話 『ゴリちゃんとリラちゃん』より

第4話 はじめてかいた手紙  (第4稿)


きのうゴリラのゴリちゃんが
ゴリラのリラちゃんに手紙を書きました。

こんにちは。僕は元気です。リラちゃんも元気ですか。
今度一緒に遊ぼうね。と書きたかったのですが・・・。

『こんにちは。ぼくは げ・ん・き…』
ビリビリビリ
「あれれれれ。」
ゴリちゃんは元気いっぱいに字を書いていたので
紙が途中で破けてしまいました。
「もっとじょうぶな紙にかこう」
ゴリちゃんは部屋のあちこち探して、さがして、
「うん、このかみならだいじょうぶ」

『こんにちは。ぼくは げん…』
ぽきっ
「あらららら。」
今度はえんぴつがおれてしまいました。
「えーと、えーと…」
ゴリちゃんは筆箱の中をがさごそ探して、
「あった、とんがったえんぴつ。
『こんにちは。ぼくはげんきです。
リラちゃんもげんきですか?
こんどいっしょに あそ』……えーと。
リラちゃんと、なにしてあそぼうかなぁ。
おままごと?
あーぶくたった?
それとも・・・。
ぶらんこ
すべりだい

じゃなかったら・・・。
かけっこ
おにごっこ
かくれんぼ
どんじゃんけん?
んーと、んーと。なんでもいいや。
こんどいっしょに あそぼうね・・・。
わーい、かけたぞ」

ゴリちゃんは部屋の中をぐるりとゆっくり歩きながら
今書きあげた手紙を おすましした声で読みました。
「こんにちは。ぼくはげんきです。
リラちゃんもげんきですか?
こんどいっしょに あそぼうね。」
手紙を読み終えたゴリちゃんは
嬉しくてうれしくてたまりません。
だって生まれて初めて自分ひとりで書けた手紙です。

ゴリちゃんはこんどは椅子に座って背中を丸くして
一文字一文字指さしながら 
ぶつぶつとちいさな声で読みました。
「こんにちは。ぼくはげんきです。
リラちゃんもげんきですか?
こんどいっしょに あそぼうね。 うっきー。」

ゴリちゃんは目を閉じるとにっこり笑って
それから目をぱちっとあけました。
そして、ぴょんと椅子の上に飛び乗り、
「おっほん」咳払いを一つして
胸を張って大きく息を吸って、
窓ガラスがびりびり震える位に
大きな おおきな声で読みました。

「こんにちは。ぼくはげんきです。
リラちゃんもげんきですか?
こんどいっしょに あそぼうね。」

あんまり大きな声だったので、
近所の公園のお砂場でままごとしていたリラちゃんが
返事をしました。

「いいわよ。あしたもいっしょに あそびましょ。」                

                                 ~お・し・まい~


[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-30 21:02 | ばぶさん童話 | Comments(0)

ごりちゃんとりらちゃんの『ちょっとだけ』

ばぶさん童話 ごりちゃんとりらちゃんより

第3話 ゴリちゃんとリラちゃんの『ちょっとだけ』 (第3稿)
  
ゴリちゃんとリラちゃんはとっても仲良しです。
たまにちょっとだけ喧嘩することもありますが、
すぐに元の仲良しに戻ってあそびます。
だってひとりであそぶ時より、二人であそぶ時の方が
だんぜん楽しいことを知っているからです。

ゴリちゃんは リラちゃんよりもちょっとだけ体重が重いです。
リラちゃんは ゴリちゃんよりもちょっとだけ背が高いです。

ゴリちゃんは リラちゃんよりもちょっとだけ
手のひらが大きいです。
リラちゃんの足の親指は ゴリちゃんの足の親指よりも
ちょっとだけ大きいです。

ゴリちゃんは リラちゃんよりもちょっとだけおしゃれです。
リラちゃんは ゴリちゃんよりもちょっとだけおしゃべりです。

ゴリちゃんは リラちゃんよりもちょっとだけこわがりです。
リラちゃんは ゴリちゃんよりもちょっとだけあわてんぼです。

ゴリちゃんは リラちゃんよりもちょっとだけ
でたらめうたが得意です。
高い声も低い声も大きな声も変な声も、それからそれから
うんとちっちゃなちっちゃな声も出せるからです。
リラちゃんは ゴリちゃんよりもちょっとだけ
こわい顔が上手です。 眉毛を上げたり下げたり
目をまん丸にしたり三角にしたりするのが上手だからです。

ゴリちゃんもリラちゃんもおんなじくらいまつ毛が長いです。
ゴリちゃんもリラちゃんもおんなじくらいウインクが上手です。
ウインクってあの片目だけつぶるあれです。
みぎ、ひだり、みぎ、ひだり、
ひだり ひだり、みぎひだり、みぎみぎ。
こんなの簡単にできちゃうんですよ。
ある日リラちゃんがウインク体操というのを作りました。
すると、ゴリちゃんたらそれを見ながらあっというまに
ウインク体操の歌とメロディを作りました。
♪ ウインクたいそう ウインクたいそう いちにっさん
  にっさんにっさん いちにっさん
  みぎみぎひだり ひだりみぎ
  みぎみぎひだり みぎひだり
  ひだりっひだりっ み~ぎみ~ぎ み~ぎ・ひだりっ 
  ひだりっひだりっ みぎみぎ みぎみぎ ひだり~・みぎっ
めだまをぐるぐる みぎま~わり
  めだまをぐるぐる ひだりま~わりっ (ちゃんちゃん)♪
「はぁ、ちょっとくたびれたね」
「はっはっはっはっはっはっはっは」
と二人して大笑いしました。
その時誰かの笑い声があちこちから聞こえてきました。
ゴリちゃんとリラちゃんが周りを見回して
気が付くとスズメもカラスもダンゴムシも
はっぱのかげでデンデンムシも
みんなして一緒にゴリちゃんリラちゃんのまねっこして
ウインク体操していたんです。
「はっはっはっはっはっはっはっは」
「はっはっはっはっはっはっはっは」
大きなおおきな大笑いでした。             ~お・し・まい~


[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-29 19:34 | ばぶさん童話 | Comments(0)

ごりらママさんの『ちょっと、ちょっと』


ばぶさん童話『ごりちゃんとりらちゃん』より

第2話 ごりらママさんの『ちょっと、ちょっと』 (第3稿)

(1)
ちょっと背中がかゆいので
ごりらママさんは ググッと思い切り
左腕を伸ばしました。
痒いところに簡単に手が届きました。
ぽりぽりぽり
「ああ、きもちいい」
肩をぐるぐる回して
首をこきこき動かして
それから右腕を伸ばしてみましたら
こんどもやっぱり痒いところに簡単に手が届きました。
ぽりぽりぽり
「うう~~ん、きもちいい」
気が付くと目の前にレモンの木がありました。
木にはレモンが沢山実っていました。
ママさんが腕を伸ばしてレモンを一つ取ろうとしましたら
レモンの木は枝をひょいと高く持ち上げました。
そこでごりらママさんはちょっとジャンプして
レモンの実を取ろうとしました。
するとレモンの木は枝をくいっともっと高く持ち上げました。
「ちょっと、ちょっと、レモンの木さん。
なんか、いじわるしていません? ぷんぷん」
するとレモンの木はひょいと横を向いて
知らんぷりして聴こえないふりをしました。
それならばとごりらママさんはレモンの木の枝の脇の下を
こちょこちょこちょっと、くすぐりました。
レモンの木は
「わはぁ~、こちょばったぁ~~い」
ばらばらばらばらっ…とレモンの実を
枝から落としてしまいました。
ごりらママさんはレモンの実をひとつ拾うと
クンクンにおいをかぎました。
「うう~ん、いいかおり。これはきっとおいしいわ」
ちょっとお腹がすいたので
レモンを一個ぱっくんとまるごと食べました。
「うっき~~。すっぱい」

   (2)
レモンの木の隣にバナナの木がありました。
見上げるとおいしそうなバナナが沢山実っていました。
ちょっとお腹がすいたので
「よいしょ よいしょ よいしょ」 
バナナの木に登りました。
きちょうめんなバナナの木の上で
くいしんぼうのごりらママさんは
「ちょっと、ちょっと、どうしましょう」
どれもこれもみんな美味しそうなバナナです。
おいしそうなバナナを二本とりました。
「みぎのほっぺとひだりのほっぺにいっぽんずつね」
皮をむいて かわをむいて かわをむいてぱっくんと 食べました。
もぐもぐもぐ もぐもぐもぐ
それから 皮も食べました。
むしゃ むしゃ むちゃ むちゃ ごっくん。
「あっあぁ~~、おいしい」
と目をうるうるさせて言いました。

(3)              
ちょっと眠たくなったので  
ごりらママさんは あくびをひとつ
「ふわぁ~~~っ」
いつもの木の上のベットで
ごろりと横になりました。
「うと うと うと・・・」
ぶぅ~~~ん ちょん。
ハエが一匹ほっぺたにとまりました。
「むにゃむにゃむにゃ」とごりらママさん。
手のひらでほっぺたをふわりとはらいました。
ぶぅ~~~ん ちょん。
ハエは ごりらママさんのくちびるにとまると 
「ペロペロペロ。ペロペロペロ」
バナナのかすを なめました。
ゴリラママさんは
「あらあたしをきれいにしてくれるの?」 
ハエが嘗めやすいように唇をもにょもにょ動かしてあげました。

~お・し・まい~


[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-27 20:39 | ばぶさん童話 | Comments(0)

ごりらパパさんの『ちょっと』

ばぶさん童話『ごりちゃんとりらちゃん』より

第1話  ごりらぱぱさんの『ちょっと』  

   (1)
ちょっと背中がかゆいので
ごりらパパさんは ググッと思い切り
左腕を伸ばしてみましたが
あとちょっとだけ届きません。
両肩をぐるぐる回して
首をこきこき動かして
それから右腕を伸ばしてみましたが
こんどもやっぱりあとちょっと届きません。
「うう~~ん、か・ゆ・い」
気が付くと目の前にレモンの木がありました。
きちょうめんなレモンの木の幹に
背中をゴリッとこすりました。
「あはぁあ きもちが いい」 
ひざを曲げたり伸ばしたりして
ゴリ ゴリ ゴリ
その時 ぴゅううん こっつん
とレモンの実が一個あたまにあたって
手のひらの中に落ちました。
クンクンにおいをかぎました。
「うう~ん、いいかおり。これはきっとおいしいぞ」
ちょっとお腹がすいたので
ぱっくんとまるごと食べました。
「うっひょ~~。すっぱい」
   (2)
レモンの木の隣にバナナの木がありました。
見上げるとおいしそうなバナナが沢山実っていました。
ちょっとお腹がすいたので
「よいしょ よいしょ よいしょ」 
ってバナナの木に登りました。
きちょうめんなバナナの木の上で
くいしんぼうのゴリラパパさんは
いちばんおいしそうなバナナを
一本だけとりました。
かわをむいて
かわをむいて かわをむいて
ぱっくんと 食べました。
もぐもぐもぐ もぐもぐもぐ
それから 皮も食べました。
むしゃ むしゃ むちゃ むちゃ ごっくん。
「あっあぁ~~、おいしい」
と目をうるうるさせて言いました。

(3)              
ちょっと眠たくなったので  
ごりらパパさんは おおあくびをひとつ
「ふわぁ~~~っ」
いつもの木の上のベットで
はっぱをきちんと並べなおして
ごろりと横になりました。
「うと うと うと・・・」
ぶぅ~~~ん ちょん。
ハエが一匹ほっぺたにとまりました。
「むにゃむにゃむにゃ」とごりらパパさん。
手のひらでほっぺたをふわりとはらいました。
ぶぅ~~~ん ちょん。
ハエは パパさんのくちびるにとまると 
「ペロペロペロ。ペロペロペロ」
バナナのかすを なめました。
ごりらパパさんはくちびるをもにょもにょ動かして
ぽりぽりと人さし指でこすりました。
ぶぅ~~~ん ちょん。
ハエはごりらパパさんの鼻のてっぺんに留まると
『おいっちにぃ さんしぃ にぃにぃ さんし』
食後の体操をしました。
ごりらパパさんは薄目をあけるとつぶやきました。
「うるさいやつだ」
とハエをにらみつけました。
にらまれてもハエは全然気にしません。
両目をカッと見開いてもっとにらみつけました。
それでもハエは知らんぷり。
あんまりじいっとにらんだので 目が寄り眼になっています。
ごりらパパさんは そおっと そおっと 手を握りしめ 
グゥのパンチをつくると ガツンッ
「あいたた・たった。あいたた・たったぁ。 うぅおお、いってぇええ」
すっかり目が覚めてしましました。         ~お・し・まい~


[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-26 22:00 | ばぶさん童話 | Comments(0)

ラジオドラマ『鉄の河童』再放送決定


前々回ご紹介したラジオドラマが再放送されます。

JFN38局(TOKYO FM 系列)で再放送決定!

平成26年度の文化庁芸術祭賞大賞を受賞した「鉄の河童」ですが
この度、JFN38局での再放送が決定いたしました。
放送時間は、2015年10月31日(土)14:00-14:55 です。
(SATURDAY MUSIC LAB. は休止)


[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-22 22:20 | 感動のおすそわけ | Comments(0)

第6回ワンコイン朗読会のご案内

日時 11月28日() 開場13:30 開演14:0015:45

場所 日替わりオーナーの店 押立カフェ2F (Tea Room Sakai)

JR南武線矢野口下車徒歩9

◆今回の主な朗読作品のご紹介

森鴎外・作 高瀬舟

京都の罪人を遠島に送るために高瀬川を下る舟に、弟を殺した喜助という男が乗せられた。護送役の同心である羽田庄兵衛は、喜助がいかにも晴れやかな顔をしている事を不審に思い、訳を尋ねる。自殺しそびれて苦しんでいる弟をそのままに放置できず、その苦しみから解き放とうという兄の温情にもとづいた行為は果たして罪なのか…?

宮沢賢治・作 よだかの星

容姿や声など見た目の醜さを天性の個性として背負って生まれてきたよだかです。

「(名前も姿かたちも全て)神様から頂いた」ものという納得で生きてきたよだかに対して鷹は『改名』を迫ります。全くその場の思い付きでひらめいた「イチゾウ」という名前にはよだかを納得させるだけの根拠がありません。本当の自分の姿かたちは何なのかと「自分探し」の旅に出ます。どのように生き、どのように死んでいったかによって死後夜空に輝く星にもなれる。そのような神々しい回路が用意されていることを暗示している物語。

眼指せ100回達成…今年含め17年計画です)

隔月ワンコイン朗読会作品ラインナップ  

2015年(平成27年)~           

第1回  (1) 注文の多い料理店  おいしいお粥                    

第2回 (3) オツベルと象    牛飼いシャペルの日曜日                

第3回 (5月 )とっこべとら子    耳なし芳一の話                      

第4回  (7) 鹿踊りの始まり    おぼれかけた兄妹                   

第5回 (9) なめとこ山の熊      王様の新しい服                        

第6回  (11月)よだかの星        高瀬舟      

   ~2016年(平成28年)~

第7回  (1月) 二十六夜   ばぶさんポエム

第8回  (3月) 水仙月の四日  猫の事務所

第9回  (5月) セロ弾きのゴーシュ   おきな草

10回 (7月) カイロ団長  どんぐりと山猫

11回 (9月) 雁の童子   やまなし

12回 (11月)黄色のトマト   賢者の贈り物


[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-19 22:53 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

ラジオドラマ『鉄の河童』のこと


久々に聴きごたえのあるラジオドラマに出会えました。私は感動しました。
嬉しいので感動のおすそわけの気持ちを添えて皆様にご紹介します。
まずはFM福岡のHPをご案内します。
http://fmfukuoka.co.jp/tetsunokappa/
そのページの中ほどにポッドキャスト公開という案内がありそこの文字列をクリックすると
ラジオドラマ『鉄の河童カッパ』を聴くことができます。


FM福岡制作の『鉄の河童』です。
この作品は2014年12月25日に発表された平成26年度の文化庁芸術祭賞において、文化庁芸術祭賞ラジオ部門大賞受賞を受賞しました。

繰り返し聴いてみてもそのたびに感動で涙します。

[PR]
by 09donpo11 | 2015-10-17 21:13 | 感動のおすそわけ | Comments(0)