ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
スパの中の床屋さんで
at 2017-05-28 06:39
遅番保育寸描 ①キャッチ&リ..
at 2017-05-23 06:21
第15回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-05-21 10:35
福島に行ってきました  の続..
at 2017-05-16 09:25
福島に行ってきました。
at 2017-05-14 20:58
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ピーマン&ぴーまん、けれどぴーまん

子どもたちが始めた口喧嘩。悪口の「へっぽこあたまの、じゃがいもあたま」Vs「なかみからっぽぴーまんあたま」
中身がびっちり詰まっているジャガイモ頭のイメージに対して中身空っぽのぴーまん頭なのです。
さてこの『からっぽ』は視点を変えてみるとまんざらマイナスイメージだけではなさそうです。ばぶさん童話の中から今回は『からっぽ』というお話を紹介します。

 からっぽ  (第3稿)
   
   (前略)
「ここなにやさんですか?」
まいちゃんがにっこりと答えます。
「からっぽやさんです。」
「からっぽひとつくださいな。」
「どんなからっぽがいいですか?」
「どんなからっぽがありますか?」
「おおきなからっぽからちっちゃなからっぽまで
いろいろいろあります」
リュックの中をガサガサ探して
「それじゃぁ、このおべんとうばこにぴったりのからっぽください」
「ありがとうございます。どんないろのからっぽにしますか?」
「どんないろのからっぽがありますか?」
「どんないろのもあります。」
「じゃあ、ピンクのからっぽください」
「はい、かしこまりました。
えーと、どんなにおいのピンクがいいですか?」
「おはなのにおいのピンクをください」
「はい、かしこまりました。えーと、
あまいのと、すっぱいのと、にがいのと、しょっぱいのと あります。
どれにしますか?」
「う~~ん。あまずっぱいのはありませんか?」
「ええ~と、ごめんなさい。あまずっぱいのうりきれでーす。」
「うりきれですかぁ。あまずっぱいのがよかったんだけどなぁ」
「だいじょうぶです。いまからつくれますから、
ちょっとまっていてくれますか。」
「わーい、うれしいな。」
「では、このおなべのなかに、あまいのとぉ。それから・・・、
すっぱいのをいっしょにいれてぇ、かき・まぜ・まーす。
はーい、できあがりでーす。
ちょっとあじみしてみてください。どうでしょうか?」
しゅうちゃんは舌をぴちゃぴちゃ鳴らして味見しました。
「うーん、ちょっとあますぎです。」
「あますぎですか、それではすっぱいのをすこしたしてみますね。
あっとっと、たいへん、たいへん。ちょっといれすぎちゃいました。」
しゅうちゃんは小指で鍋のふちをさらってペロリ。
「あれ、さっきのとちっともあじがかわりません。」
「えっ、そうですか? かきまぜ方がたりなかったからかしら。
ちょっとまってください。ぐるぐるぐる、ぐるぐるぐる」
まいちゃんは腕まくりをするとお鍋の中をかきまぜました。
「ちょっとたいへんそうですね。」
「ええ、これってちからがいるんです。」
「おなべもっているのてつだいましょうか?」
しゅうちゃんはお鍋がぐらぐらしないように両手で支えました。
「わぁ、たすかります。ありがとう。
ぐるぐるぐる、ぐるぐるぐる。はぁ。」
「だいじょうぶですか?」
「あせがめにはいりました。すみません。
ちょっと、ぐるぐるこうたいしてくれますか?」
「ええ、いいですよ。ぐるぐるぐる、こんなかんじでいいですか?」
「うわぁ、あなたじょうずですね。」
まいちゃんに褒められてしゅうちゃんは嬉しくなりました。
「それほどでもないですよ。ぐるぐるぐる、ぐるぐるぐる。」
「いやぁ、あたしよりもだんぜんじょうずです。」
「そうですか?ぐるぐるぐる、ぐるぐるぐる」
「けっこうちからがいるでしょう。だいじょうぶですか?」
「ええ、だいじょうぶです。ぐるぐるぐる、ぐるぐるるるるるぅ」
「なんか、さっきよりもだんだんスピードがでてきていますよ。」
「そうですかぁ?。ほんきでやったら もっとスピードでますよ。
ぐるぐる るるるる ぐるぐる るるるる
ぐるるる るるるる るるるる るるるる うんうんうーんうん」
「ストーップ」
「きゅきゅぅうううう。」
やっとかきまぜるのを止められてしゅうちゃんはほっとしました。
「わーっ、きれいなピンクいろになっていますねぇ。
わーっ、あなたのほっぺもきれいなピンクです」
「いやぁ、ちょっとだけくたびれました。」
「そうでしょう。そうでしょう。おみずいっぱいいかがです?」
「ありがとう。ごくごくごく。おいしかった。ごちそうさま。」
「ちょっとあじみしてみましょう。ぺろり・・・うう~ん」
「どうですか?」
「あなたもあじみしてみてください。はいどうぞ」
「ありがとう。ぺろり・・・うう~ん」
ふたりはいっしょにいいました。
   (後略)
ぴーまんの果肉に包まれたあの空間はどんな『からっぽ』?どんな意味がある?
おいしさの余白であり、ピーマンの夢や希望が詰まった『うろ』であり、ピーマンの果肉のおいしさを作り出すための必然がからっぽを作り出しているのです。この形状ちょっとシュークリームにも似ていますね。

[PR]
by 09donpo11 | 2015-12-06 10:43 | ばぶさん童話 | Comments(0)

このごろ何故かピーマン&ぴーまん、

最近はほぼ連日のようにぴーまんを調理したものを含めた食事にはまっています。
調理に使えば使うほどぴーまんへの恋心(?)が深まりつつあります。
ぴーまんは一つ一つの形が個性的です。造形的にも楽しくて『美』を感じます。
先ずはぴーまんを取り込んだばぶさん童話から『わるぐちけんか』のご紹介です。
この童話を書いたころの私は食材としてのぴーまんをことさら好きではありませんでした。

 『わるぐちけんか』 (第2稿)


もうじき夏です。どうぶつ村のこども園では
みんなが一人一本ずつ畑にきゅうりの苗を植えました。
毎日せっせと世話をしたので、苗はぐんぐん大きくなりました。
やがて黄色の花が咲き小さなちいさなきゅうりができはじめました。
「ぼくのほうがりっぱだぞ」 とリス君が得意になって言いました。
「あたしのほうがおおきいわ」 と猫ちゃんが負けずに言い返しました。
「なんだぃ、ねこちゃんのきゅうりなんて へぼきゅうりじゃないか」
とリス君は自分のきゅうりを撫で撫でしながら言いました。
「へぼきゅうり? よくもいったわね、なによ へぼへぼきゅうり」
とねこちゃんはシッポをくねくね言いました。
「へぼへぼきゅうりだってぇ。なんだい、あばばのばぁ の ばあーたれぷう」
リス君はあっかんべぇをしながら言いました。
「なによ、びびびのびぃ の い~だらり」
と猫ちゃんは両方の人差し指で口を横に大きくひろげていいました。
「しっぽくねくねへびしっぽ」 と言ってリス君は 
猫ちゃんのシッポみたいに体をくねくねくねらせながらいいました。

「へびしっぽだってぇ、うええええん」
とうとう猫ちゃんは泣きだしました。
その泣声を聴いてへび君が穴の中から出てきました。
「だれだ、ぼくはねこのしっぽなんかとちがうんだぞ。
ぼくのからだはあたまのてっぺんからしっぽのさきっぽまで
ぜんぶぜんぶ、ぜ~~ぶへびなんだぞ。
ねこちゃんリス君に言ってやれ『ぼさぼさシッポのけむししっぽ』って」
へび君に励まされて猫ちゃんは元気を取り戻してリス君に言いました。
「あんたなんてなにさ、ぼさぼさシッポのけむししっぽ」

「 ぼさぼさシッポのけむししっぽ だってぇ、
うえーえ えん えん うえーえ えん えん」
リス君のその泣声を聴いて
木の高い処の葉っぱの先から ぴゅ~~~と糸を伸ばして
空中ブランコみたいに けむし君が降りてきました。
「はなしはすっかりきいてたぞ。りす君まけるな。
ねこちゃんとへび君にいってやれ。
『おたんこなすのあんぽんたん』っていってやれ」
リス君は大きく息を吸い込んで
「よぉおおし、おたんこなすのあん・ぽん・たーん」といいました。
「おたんこなすの あんぽんたん だってぇぇぇ」
猫ちゃんとへび君は二人揃って大きな声で泣きました。
猫ちゃんとへび君の悲しい鳴き声を聴いて
猫ちゃんと大の仲良しのウサギちゃんが
ぴょんぴょんのぴょ~んと駆けつけました。
「ねこちゃん へび君、あたしが来たからもう大丈夫よ。
あのふたりにいってやりなさい。
『とんちんかんのどてかぼちゃ』ってさあ、はやく言って」
ウサギちゃんの応援で猫ちゃんとへび君は元気百倍いいました。
「とんちんかんの どて・かー・ぼちゃ」

「とんちんかんのどてかぼちゃぁだってぇぇ。うえーん えん えん」
リス君とけむし君は大きな声で泣きました。
その時高い木の枝から枝へ幹から幹へぱ、ぱ、ぱ、ぱ、ぱっと
まるで忍者のようにサル君がやって来て決めポーズでいいました。
「そこまでだ。
ここはおれにまかせろ。
リス君けむし君あの三人にいってやれ。
『へっぽこあたまのじゃがいもあたま』って」
「よおおし、そっちのチームなんかぁ・・・
『へっぽこあたまのじゃがいもあたま』
どうだぁ、まいったかぁ」
「なにさ、そっちのチームこそ
『なかみ・からっぽ・ぴーまんあったま』 ぱふっ ぱふっ ぱふっ」
「おまえのかあーちゃんでーべーそっ」
「おまえのとうちゃんげろげろぽん」
「みみくそはなくそ ぷ ぷ ぷぅー」
もうみんなめちゃくちゃのぐちゃぐちゃになって
わるぐちをいいあいました。
そのとき 近くの学校の鐘が 
「きーん。こーん。かーん。こーん。
きーん・こーん・かーん・こーん。」
となりました。すると誰かのおなかが
ぐぅーっ
となりました。
「おなかがすくからかーえろ。 
けんかやーめんっぴ、 
いーち ぬけた。」
「かえるがなくからかーえろ。
にー ぬけた。」

[PR]
by 09donpo11 | 2015-12-05 13:25 | ばぶさん童話 | Comments(0)