ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
朗読会 ばぶの会を開催します
at 2017-09-23 10:31
自分再生への助走  
at 2017-09-03 08:23
落葉松という楽曲と出会えまし..
at 2017-09-02 21:02
今日から9月です。
at 2017-09-01 07:45
報告とご案内  第17回&第..
at 2017-08-30 08:18
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

期待してそのときを待つ楽しみ・・・ 這えば立て立てば歩めの親心

『這えば立て立てば歩めの親心』という言葉があります、

『這えば立て立てば歩めの親心、わが身に積もる老いを忘れて』とつながる場合もあるようです。

子供の育ちに仕事として関わってきて私は、「その親心とは『遊びの精神』なのだ」と解釈して保育しています。

さっきまで這っていたあかちゃんが、生まれて初めて「立った」たっちした、数日後その赤ちゃんが、生まれて初めて歩いた。一歩、そしてまた一歩、さらにまた一歩。わくわくしますね。

こんな瞬間に出合えた時は誰でも大きな感動を覚えます。とっても嬉しいです。思わず歓声を上げ、拍手します。

複数担任であれば同僚の相棒に喜びの報告をせずにいられません。

周囲に伝播すると一人の喜びは2倍3倍になっていきます。

1歳児と2歳児の混合クラスの一時保育室ですから発達の段階にもいろいろなお子さんがいます。既に一人でトイレを済ませられる子もいれば、今まさに自律のさなかにいる子、おしゃべりは匠でもおしっこには全く関心がないような子、実に様々です。

定時に一斉におむつ交換をするというような保育のやり方はしていませんが、子ども同士はそれを見るともなく何となく見ているようです。

『這えば立て、立てば歩めの親心』はトイレ排泄の時も同じです。

おむつがおしっこでパンパンになっていても機械的に交換するのではなくて「おしっこいく?」「トイレ座ってみる?」と声掛けをして反応の様子を見ます。

「やだ」「でない」「いかない」などのことばがかえってきたときには「そう、わかったよ」と答えます。

一方、「おしっこ」、「トイレする」などと意欲的に自己申告をする子どもさんの中には、便器に座ってもおっしっこをするような気配はなく、ひとしきりの儀式や遊びのくつろぎタイムにしたり、中には水道局の職員が水道栓の点検に来ているかのごとくに楽しんでいる()といったケースもあります。カラカラカラっとトイレットペーパーを瞬く間に12メートルひき出す見事な芸達者のマジシャンもいます。

この子どうせ口先ばかりで遊んでくるんだからという予測の濃いお子さんがトイレに座るときでも「おしっこ出たらいいなぁ」という期待を毎回持ちつつ、時には「おしっこでろでろ」と念力を送りながら成り行きを見守ります。育ちつつある姿に対してのエールであり、遊びの精神でもあるのです。

今日トイレで初めておしっこが出たお子さんがいました。

それも登園してから帰るまでの間になんと3回も大成功です。

前回まではトイレを促しても「でない」「やだ」と意思表示し、あるいはまったく関心も示さなかったお子さんです。

1回目の成功のときは交換するおむつがすでにだいぶもっこりしていましたので、トイレに座っても十中八九でないだろうなぁというような状態でした。それでも「といれすわってみる?」と誘います。

このときは珍しく「すわる」との返事です。

もしかしたら…でるかなぁ、と期待半分でちょっと待ってみました。

気配は見られないので目を離して他の子のおむつ交換の段取りにとりかかっていました。

ふた呼吸くらい間があいて、ちょろちょろっとかわいらしい音がします。

「えっ、まさか、本当???」思わず聞き耳を立てます。

その場からちょっと離れた所で保育をしている相棒に報告です。

「○ちゃん、トイレに座っておしっこ出たよ!」のビックニュースに相棒も喜びいさんで駆けつけてくれます。

2回目のときは相棒が誘って成功。しかもその時はおしっこのあとにうんちまでトイレに座って出ました。

その次のときはフライングでした。

「でなかったね、こんつぎまたすわろっか」と切り上げほかの遊びに誘います。

3回目はしばらくたったころ、また誘いますと、今回はおむつが全くぬれていません。

うながしてみますと、一呼吸おいて、出ました。それもたっぷり目に出ました。出しました。

たまたま出たとか、出ちゃったとかでなく『意識して絞り出す』という感じでした。

相棒と、今日の快挙の喜びに浸りつつ、こんな瞬間に親御さんより先に立ち会えてすまないなっと

頷き合いました。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-06-30 06:28 | 保育ネタ | Comments(0)

「♪たまごがわれた♪」 むかし覚えた手あそび歌ですが…

わたしの勤めている一時保育室でこの6月に入ってから歌って聞かせたら12歳児にずいぶんと気に入られて歌われ出した人気の手あそび歌があります。

この歌は私が今から37年前に再就職した二つ目の保育園で当時の一歳児クラスの子供たちが歌っていた手あそび歌です。

ふっと思い出し、給食の準備にかかるときに披露してみました。

歌ってみての反応は、殊に歌の好きな2歳児が当初から聴き耳頭巾状態でかなり関心をもって「もういっかい(歌って)」とアンコールを求められました。

半月の間 断続的に歌っていましたら1歳児も食いついてきました。このへんの普及&浸透ぶりが一時保育室ならではの縦割り保育の魅惑です。

今ではクラス全体に浸透して、この頃では職員が歌わなくても、子供たちがすすんで歌いだし5~7回くりかえしうたっています。

女の子が多いクラスで曜日によっては男の子一人女の子9人というような日もあります。この日はまるで女子会のような(?)ノリです。

歌いだしは「♪たまごがわれた…♪」という手あそびです。歌詞を紹介してみましょう。

♪たまごがわれた

ふたつにわれた ぱかっ

もういいかい・・・(しー)

もういいよ

ひよこが ひよこが おくびをだした~~~♪

さてこの「♪たまごがわれた♪」の動画ですがYou Tubeにアップされていないかと検索してみましたけれども、まことに残念なことに見当たりません。

さてさて、なぜこの歌が子供たちの人気を集めているのでしょう。

歌詞の言葉世界をひもといてみます。

「たまご」がぱかっとわれる・・・そして、「ひよこ」がかおおだす・・・というのはイメージしやすいすっきりとした起承転結ですね。

メロディーも単純明快。大変親しみやすいです。そして歌のテンポとリズムがおだやかです。

私の歌い方の場合、

うたいだしからもういいよ までをゆったりおだやかに表現し、もういいよを歌い切り、

豹変し、めいっぱいどはでなアクション手拍子、いないないばぁ~のアクションを挟んで、

そして、余韻をただよわせながらハッピーエンドのソフトランディング。   ・・・コントラストのきかしぐあいがポイントです。

うたのバリエーションは先ずは基本形の「ふつうのたまご」

基本形だけで満足を得ている場合には敢えて変化させず、その範囲にとどめておきます。

もっともっと楽しみたいという機運が高まり満ちて来たら「ちいさいたまご」「おおきいたまご」と変化します。

たまごも、やわらかいたまご、かたいたまご、ふにゃふにゃのたまご、つるっとしたたまごetc

ここは言葉の表現、顔の表情などでいくらでも演出できます。

ふつうのたまごからはヒヨコが、ちいさいたまごからはアリンコやダンゴムシや・・・、おおきなたまごごからはカイジュウ・ライオン・ぞうさん・シンカンセン・オバケ・ミッキー・いちごのショートケーキetcがでてきます。

子どもたちの好きなものならなんでも出せる魔法の手あそびうたです。

37年の時が流れてもこれほどまでに人気を博すのですから『手あそび歌界の名曲』の一つといえると断言します。手元に資料が見当たらず、作者がどなたなのかわかりませんが、作者に心から敬意を表します。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-06-26 07:26 | 保育ネタ | Comments(0)

訃報 ともさんが旅立たれました

2016//12未明、私の大好きなtomomasaさんが旅立たれました。

「ともさん(友さん)」という愛称で、みんなから親しまれてきました。

享年92歳の生涯でした。

友さんは長いこと畜産のお仕事をしてきましたが、一方ずぅっとお百姓さんでした。

昭和20年の敗戦以降70年間毎日農作業日記を綴っておられました。

几帳面ですね。

友さんは大正13316日に町田の小野路で生まれました。

私の実父は大正12831日に東京の下町で生まれました。

あの関東大震災の前日です。

実父の生まれた約半年後に友さんは生まれているので私は友さんにとても親近感を覚えてました。

「親孝行したいときには親はなし」といいます。

が、実父は平成2(1990)29日に享年66歳で旅立ってしまいましたので、私は実父にできなかった分の親孝行をせめてもの代わりに友さんに対して精一杯してきました。(友さんには娘さんがお一人おられますが、息子さんはいません。)

畑までの往復のアッシー君を依頼するとき友さんは恐縮されるので「気にしないで、自分の息子だと思って顎で使いまわしてくださいよ」と答えていました。

友さんは畑を3か所ほど営んでいましたが、そのうちの一か所は、結構急な坂道を尾根まで登り切ったそのちょっと先にあり、この畑まで自力の徒歩で往復するにはご高齢の友さんの足腰にとってはかなりしんどい通勤です。

私は率先してアッシー君を22年間で70~90回位しました。

アッシー君以外にも、甘いものが大好きな友さんに私の郷里平塚の都まんじゅうを差し入れすることも長いことし続けました。

律儀な友さんは饅頭の礼に後日決まって取れたての畑の農産物を届けてくれました。

特に冬場の長ネギの掘りたては最高にうまかったです。

私の実母はサトイモが大好きなので、まとめと買わせてもらうと「おふくろさんにたんと食べさせてやんなよ」と相当な量をおまけしてくれました。

友さんは最後に入院した3日前まで畑仕事をしていました。

つまりは入院の3日前まで軽トラックの運転もしていました。

亡くなられたのは入院して数日後でした。

友さんは太平洋戦争当時陸軍の戦車の操縦士として戦地に赴きました。

戦車の操縦ハンドルは平和な時代に入ってブルトーザー、耕運機などのハンドルへと持ち替えてこれを駆使して畑を営んできました。

友さんは鉄が趣味というか、自分で耕運機などのアタッチメントを独自のアイデアで設計制作し、使い勝手が芳しくないと改良を加えて不断に創意工夫を惜しまぬ人でした。

友さんのご親戚筋の大家さんと私は知り合いであったことが御縁で、大家さんの敷地内(かつての牛小屋の納屋)にスペースをお借りして工房ばぶを始めたのが平成5年の夏。

引っ越してきたとき友さんはご自身手作りの野菜の自動販売機の制作に没頭していました。

その仕事ぶりが物珍しくて友さんに「今何をしているところですか?」と声をかけると

「この販売機に銭を入れたときに『チャリ~ンといういい音』が出せねえか試作しているのだ…」と、いろいろなベルやら鐘やらを差し替えて響き加減の研究をしていました。

わっ、このおじさん、すっげぇ人だ…というのが私の第一印象でした。

その後自動販売機は四半世紀近くの月日を稼働し続けましたが、近年少しく塩梅が悪くなり3,4か月前からリニューアル製作に取り掛かっていました。

91歳を過ぎての新たな挑戦です。

一朝一夕に真似のできるような行動ではありません。

なんという精神力の強さでしょう。

自動販売機の扉の内側には「アメニモマケズ、カゼニモマケズ…」という宮沢賢治の詩の一篇が書き込まれていました。

ご自身の精神を鼓舞しているお気に入りの詩だったのでしょうか。

友さんは新型野菜自動販売機を完成させられぬままに旅立たれましたが、生涯自分の好きなことを全うしたその生きる姿勢たるやなんという素晴らしい人生だったことでしょう。

私も友さんのような人生を全うしたい。友さんの志、魂を我が魂に刻みます。

よきお手本を沢山示してくれて心からありがとう友さん。

さよなら 友さん やすらかに。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-06-19 21:25 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

久々に朗読をYou Tubeにアップしました


5月28日()第9回ワンコイン朗読会(於;稲城市・押立カフェ)でのライブ録音です。

お時間のある方はぜひ聴いてみてください。

ワンコイン朗読会は年六回隔月奇数月の最終土曜日の午後2時から開催しています。

宮沢賢治・作『チューリップの幻術』

https://www.youtube.com/watch?v=vTMMsX1hcks

宮沢賢治・作『紫紺染めについて』

https://www.youtube.com/watch?v=Ezt3LLDVfPM


[PR]
by 09donpo11 | 2016-06-18 13:53 | ばぶさんの朗読タイム | Comments(0)

『抱っこ』しよう。 安心をつかむのは子ども自身

不安を感じて泣きます。もしくははっきり不安と思わなくても何となく不安を感じて泣きます。気持ちを落ち着けて、安心できるようにといろいろ手を尽くします。

先ずはその子に向かって『抱っこ(しよう)』といって両腕を広げて迎え入れます。

両腕を広げた時に飛び込んでくる子、躊躇して戸惑っている子、抱っこなんかされたくないと気持ちを閉ざしている子…と実にじつに様々です。

ハグ…抱きしめ、抱きしめの強弱はアナログです。抱いた時のその子の手ごたえがコミュニケーションの土台です。子ども自身が自分から少しでも安心をつかんで気持ちを落ち着けられれば泣き止められるのも間近です。隣近所で泣かずに何かしてあそんでいるお友達を見たり笑い声などが聞こえたりすればなおさらに泣き止められるきっかけの幅は広くなります。

新年度も2か月経過していますから、たまたまその朝、気持ちを閉ざしている子にたいしても抱っこを試みて、強烈に体をのけぞらされない限りは、「そうなの、今朝は抱っこされるのは嫌ですか、そうか、抱っこは嫌なんだ」と囁きつつひととき抱きつづけます。

そしてその子が普段抱っこされたときに経験していないようななるべく高い位置に高さを移動しつつ抱っこします。幼い子、小さな子たちにとっては目線を見上げて自分の周囲の世界と向き合っていますから、高い位置から見下ろせるような抱っこはそれだけでも気持ちを切り替えるような新鮮なきっかけの一つになりはしないだろうかという仮説のもとにと試みています。この時の抱っこの高さもアナログです。

複数担任ですからその子がほかの大人の抱っこを望むようであれば受け渡して交代します。

要はその子が感じ取っている『快・不快』をフォーカスするためのレンジです。ある程度の幅を持たせて泣いているその子自身が「快」を選び取れるような抱っこを探っています。

職場で仕事が控えている親御さんの都合にとっては仕方のないことですが、子供さんをお預かりする保育室の側の立場であれば、抱っこしながら大人の都合で「10数えたら抱っこはおしまいね」などという方法は極力しないようにしています。

抱っこというのはその子自身が感じ取る『満足量』でもあるようです。抱っこしているその子への気持ちをうやむやにせず気持ちを寄せて抱っこし続けますとやがて満足し自分から降りたがります。抱っこされ続けているよりも、好きなあそび、楽しいあそび、面白そうなことを見つけて探索するほうがはるかにワクワクしますものね。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-06-05 22:53 | 保育ネタ | Comments(0)

チラ・カッシー・ギャルズ

一時保育室でのお話です。

2歳前の子たちの中に、見事におもちゃを散乱してくれる瞬間芸の芸達者たちがいます。

いずれそのような遊び方を皆それぞれのペースで卒業していくのですから、散らかし盛りのその先の彼女たちの育ちの展望に悲観はしないのですが・・・。

それでも、クラスの担当保育者は、その見事な散らかしぶりに時に溜息をついたり、あらかた片付けた保育室の反対側を振り向いた瞬間に腰から力が抜けたりするような光景を目にすることがあります。

私は去年は今とは別の保育室のスタッフをしていましたが、そこでも今のこの保育室でも決まって『ごんべがたねまきゃ、カラスがほじくる…』パフォーマーが毎年います。

○○ちゃん△△ちゃんと□□ちゃんの老舗のメンバーに最近○ちゃんが新規参入しました。

数日前、○ちゃんのちらかしあそびを見ていたら、去年までの私の見え方・感じ方と違う感想を持ちました。

ちらかしあそびの『旬』なんだ。この子の生涯の内で今が一番『旬』のちらかしあそびぶりの季節の時期に出合えているわが身の幸せ感を思えば、ため息もワクワク感に換わってきます。なんて新鮮。今年はたまたま女の子ばかり、『チラ・カッシー・ギャルズ』です。

ジィージ保育者はヘラヘラしています。

さて私は何故片づけをするのでしょう。

保育室の床一面に散乱したおもちゃ類の上を子どもたちがまたいでいくというのは、私の好みではありませんし、第一そのおもちゃにけつまづいたり、踏んでスッテンコロリンでは不慮のケガに発展しかねませんから、安全確保のためにも片付けます。

さてさて『安全確保のため』という受け身的な捉え以外の理由も考えてみます。

心置きなく存分に散らかせるように環境を整えてあげるという積極的な理由も成り立ちます。片付け行為にこうした積極的な捉え方も取り込んでいくと溜息や腰砕けも一味変わってきますから不思議です。

『チラ・カッシー・ギャルズ』のパフォーマンス、やるならおやんなさい、受けて立ちましょう。


一方見落としてならない状況があります。

♪オッカ・タズケ〜〜♪の歌で保育されて育った世代が現役の保育士になって保育している時代背景があります。

大変危機的な状況です。

自分の脳みそで目の前の状況(子どもたちがどのように遊んだ結果物なのか、どんな思いを内に秘めて遊んだのだろうかと彼らの内なる思いに胸ときめかせて共感しつつ、さらにその先、何をどのように伝えるのか探し出していく等…)を見・聞き・感じ取ることを放棄して無反省でこの歌を伝授しつつ保育を展開されてはまずいのです。

大いに警鐘を鳴らしています。

ところが警鐘を鳴らすについても、前提条件としてシグナルを送る側とシグナルを受け取る側とに『共通言語』をまず作り出さないとこちらの「意」が相手にまで届きません。そこからの作業が初めの一歩と見極めています。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-06-02 01:28 | 保育ネタ | Comments(0)