ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
第16回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-07-23 00:01
保養キャンプでワークショップ..
at 2017-07-20 00:13
笑顔と笑顔が伝播し響き合っている
at 2017-06-30 06:53
指揮者の手指の表現に魅惑され..
at 2017-06-28 09:34
お見舞いを兼ねて母の誕生日を..
at 2017-06-27 09:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おトイレで 「もういいかい?」「もうちょっと」 (中篇)

「もういいかい?」「まーだだよ」の言葉のやり取りからみなさんのほとんどが連想するのは『かくれんぼ(う)』あそびでしょう。私はこの言葉の掛け合いをかくれんぼあそび以外のほかのあそびや園生活の中で多用して子どもたちとのコミュニケーションを楽しんでいます。

例えば給食の場面やままごと遊びの中で『もう・いい・かい?』を言い換えて

「たーべ・てる・かい?」とか「おい・しー・かい?」と声をかけます。

すると子どもたちの返事は「たーべ・てる・かい?」に対して「たーべ・てる・よ」とか

「おい・しー・かい?」に対して「おい・しー・よ」といった返事が来ます。

給食の場面で、食がすすまない子や、食べることに関心の薄い子に対して、個別に食事の誘いかけをするよりもテーブルに着席している子どもたち全体に「たー・べて・てる・かい?」「たーべ・てる・よ」とか「おい・しー・かい?」「おい・しー・よ」の掛け合いをして食事の雰囲気を徐々に整えていくほうが存外効果的です。ニコニコ笑顔で食べている子の様子などを感じながら、自分もちょっと食べてみようかなというモチベーションがちょいと上向くようです。

集団保育の場面ならではの利点でしょう。

このことばの掛け合いに日々なじんでいくと、決まってバリエーションを思いつく子が出てきます。

「たー・べて・てる・かい?」「たーべ・てる・よ」とか「おい・しー・かい?」「おい・しー・よ」に対して

「たー・べて・てる・かい?」「たべて・なーい・よ」とか「おい・しー・かい?」「おいしく・なーい・よ」

というバリエーションです。反対言葉を面白がっています。どうやらこの傾向には普遍性があるようで、今から40年前の子どもたちの中にも、そして今現在目の前の子どもたちの中にも同様の楽しみ方が見られます。面白いですね。

好きな歌でも歌詞の一部分を反対の替え歌にして楽しんでいるのを聴いたことがありますか?

これが幼児さんや学童さんになると例えば『うみの歌』を

♪うーみーは ひろくない おおきーくない つきがのぼらないし ひがしずまーない♪

かなり高度な楽しみ方ですから12歳児クラスあたりのレベルではせいぜい

「たべて・なーい・よ」とか「おいしく・なーい・よ」のようなアレンジを充分面白がっているのです。

実際に食べていないよと報告しているのでもなく、おいしくないよと不平を言っているのでもありません。たんなる言葉あそびですから、正面切って訂正させたり小言を言ったりせず、一緒に面白がって、いなしてその先へと誘います。「え~、ほんとかなぁ」とか「まぁ、そうおっしゃらずにおたべなさい」「どれどれ、たべてみましょう。うっわ、おい・しー。たべてごらん」このバリエーションもいろいろです。会話のやり取りを楽しみつつも、食事そのものを味わってもらえるように雰囲気を整えます。

さて、再び「もう・いい・かい?」「まー・だだ・よ」のやり取りの話題に戻しましょう。

今度は子どもさんの側に「もう・いい・かい?」と言わせて、私のほうが「まー・だだ・よ」と返事をする場面があれこれあります。

おトイレで、おむつの中にウンチをひりだした子どもさんのおむつ交換の場面がその一つの例です。

子どもさんもいろいろですからお尻の周りの汚れをおしりふきシートできれいにぬぐい取るまでの間、じっとおとなしくしていてくれる子もあれば、じっと待ち続けてくれないお子さんもいます。暴れられたりしたら厄介で、うっかりすると仕事が増えるような場面展開さえ起こりかねません。

そこでじっとし続けてくれそうにない子のうんちの始末のおむつ交換の時などには私は子どもさんにリクエストをします。

「ねえ、『もう・いい・かい』っていってくれる?」子どもさんのほうもこの言葉の掛け合いには耳慣れていますから実に素直に「もう・いい・かい?」って言ってくれます。

これに対して私は「まー・だー・よっ」とか「あと・ちょっ・と」とか「もう・すこ・し」とか

「あと・ちょっ・とね」とか「もう・すーこ・し」とかお尻拭きの進展具合によってバリエーションを凝らして返事します。「もう・いい・かい?」「「まー・だー・よっ」のワンクールで事が済まない事態の時には

「もういっかい『も・いい・かい?』ってきいてくれる?」と仕切り直しをして時間調整をし、めでたく「はい・おーし・まい」と宣言します。10人中10人の子が暴れずにうんちの始末を付き合ってくれます。

「さっ、あそぼっか」と背中をそっと送り出します。水を得た魚のように自分のやりたいあそびに向かって飛び出していきます。その背中を見送るのって実にいい心持です。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-07-23 09:13 | 保育ネタ | Comments(0)

おトイレで 「もういいかい?」「もうちょっと」 (前篇)


保育園の中の一時保育室のスタッフとして働いて居ての『今日の気づき&実感―――おむつ交換はコミュニケーションです』をご紹介したいのですが、その前に状況説明をあれやこれやしておきますね。

ここは保育園の中にある一時保育室です。

毎日登園在室しているメンバーがだいぶん入れ替わります。

この部屋は1歳児と2歳児が混在して成り立っています。

2歳児よりも1歳児のほうがやや多いクラスです。

排泄に関して大便小便含めてあらかた失敗なく済ませられている子はこの7月の時点ではごくごく一部のお子さんのみですが、それでも4月から記憶をたどりますと、週を追うごとに成功する確率の高まりつつある子が一人二人と増えてきつつあります。

排泄&おむつ交換はそのつど、その子その子の時系列のデータを頭に思い起こしながら気を抜かず丁寧に、対応しています。

排泄の分野の自律はその子の育ち丸ごと全体の中でも自尊心を深め広めていく象徴的な分野です。

自律加減によって『お姉ちゃんになったねぇ』『お兄ちゃんになったねぇ』という賞讃も集中します。

またこうしたやり取りが周囲の他の子のモチベーションを高めトイレに対しての意欲&関心となってきます。

やがては便の大小ともに自律して用を足していけるようになる分野ですから、排泄のおむつ交換やおむつの卒業に向けての援助も保育の中の重要な要素と心得ています。

私は基本的に、おむつ交換そのものはそのお子さんとの個別の大切なコミュニケーションの機会だと思って関わっています。

子どもさんのほうで、この大人におむつの世話をしてもらうことは不快ではないと感じてもらえるように精一杯対応しています。

いわゆる信頼関係や安心できる人付き合いの関係の基盤が養えるひと時なのです。

排泄に関して、決して事務的に関わったりせず、『処理する』的な態度で済ましたりではなく、ましてや不快を顔に出していやいや交換するといった保育態度は論外です。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-07-12 23:56 | 保育ネタ | Comments(0)

手渡し「はいどうぞ」の贈り物


ここは保育園の中にある一時保育室です。

1歳児と2歳児が同居している縦割り空間です。

毎日登園してくる子どもさんの顔ぶれが変わります。

一週間に一回登園のお子さんもいれば、週に3回登園しているお子さんもいます。

保育室や保育担当者(職員)との慣れ具合もまちまちです。

一泣きもせず、ワクワクと登園してくる子もいれば、大泣きする子もいれば、きょとんとしている子もいます。

子どもが、登園し母との別れで泣いているとき、ここはどこだろう()という感じでキョトンとしているとき、遊びを見つけ出す前の暇そうにぼうっとひているとき、おもちゃの取り合いで、おもちゃを取られてかなしい・くやしいと泣いているとき、いろいろな場面で私は「はいどうぞ」と何か見繕って手渡しします。

そのことで気が紛れたり、ちょっとした気分転換になったり、狭くなっていた心持がちょっぴり広くなったりします。

「さあ、あそぼっか」といざないます。

1歳の子どもさんが最近覚えた「どうぞ」で、私におもちゃを手渡してくれる時、気持ちを込めて『ありがとう』と受け取ります。

そして、それをまたその子に「はいどうぞ」と手渡します。

その子も「ありがとう」のしぐさをかえしてくれます。

ささやかなやり取りですが実になごやかでいいもんです。

積み木の箱を前に、一つ一つ取り出しては、ポイ、ポイ、ぽいっ…とあそんでいます。みごとな散らかしっぷりです。

箱の中はとうとうからっぽです。

そうかと思うと、箱をひっくり返して中身を丸ごと一気にぶちまけるあそび方の子どもさんもいます。

ちらかし界の横綱です。

「さあ、おもちゃを片付けておちゃ(水分補給)をのみましょう」とよびかけます。

♪おかたづけ♪、の歌なんて歌いません。

片づけた先に何が自分たちを待っているのかという見通しを示して子どもさんが納得してかたづけられる生活感覚を大事にしたいと思っています。

教育の最終目標が自己教育にあるのと同様に、『しつけ』を大人が子どもさんに押し付けるのではなくて、子供の心の内側に芽吹いてくる生活感覚こそが自分で自分をしつけていくのです。

片付けに興味を持ちだした子どもたちがそばに寄ってきます。

丁寧に戻す子。

大胆にポイ、ポイっとワイルドに入れる子。

自分こそが入れたいと一つのおもちゃを二人で取り合いになるとき、形勢の不利な子のほうに、あるいは無理やりに取ろうとしている子のほうに「はいどうぞ」と同類の別のおもちゃを手渡します。

あいさつ代わりに「タッチ」といって手のひらと手のひらを合わせます。

私は手のひらを大きく広げて待ち受けます。

子どもさんが「タッチ」といいながら触れてきます。

手を合わせられてにんまりと満足げに微笑みを返してくれます。

これもまた「はいどうぞ」のすてきな贈り物です。

ちょうちょうが花びらに触れるようなタッチもあれば、力強い目いっぱいのタッチもあれば、もっと高い位置にしてよとハイタッチをしたがるお子さんもいてタッチもいろいろです。

贈り物には贈り物効果というものがあるようで、人の心を和ませ、ちょっぴり幸せな心持にしてくれます。「はいどうぞ」は私の好きな贈り物(プレゼント)です。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-07-08 06:11 | 保育ネタ | Comments(4)

手のかからない子たちよ、もっと大人をてこずらせていいんだよ

今回は俗に「手のかからない子()」について綴ってみます。もしかしたら看切り発車の勇み足になるかもしれませんが、あえて、中間報告的な意味合いも添えて最近感じたことなど綴ります。

ここは保育園の中にある一時保育室です。1歳児と2歳児の混合クラスです。

曜日によって在室メンバーはがらりと変わりますからその混合加減もその日の保育室内の雰囲気も微妙に変わります。実にいろいろなお子さんがいます。

はっきりとした自己主張を押し通す子は、その主張の故にその子を巡って周辺にいざこざが多発します。時にはおもちゃを全部自分のものと抱え込んだり横取りしたり独り占めしたり・・・イエローカードはいろいろあります。または他の子とのかかわりとは関係のない場面で、帽子かぶりたくないだとか靴を脱ぎたくないだとか給食を食べたくないだとかお昼寝したくないだとかごねます。 

こうしたお子さんの一方、どちらかというとおとなしいのであまり目立たず、群れの動きの中でも真ん中あたりにいるものか特徴的な印象や記憶に残りそびれる子たちがいます。俗にいうところの「手のかからない子()」です。

自説ですが、どんな子もそれなりにすべからく『子どもは健気(けなげ)』だと思います。もしくは『健気に生きている』と思います。どの子も子供は周囲の大人たちが自分に期待されていることに応えよう・応えたいと望んで健気に生きているものです。

人として①自分をわかってほしい、認めてほしい②自分のいるところで役に立ちたい。

というのはそれぞれみんなにあるものです。 

手のかからない&大人の手を煩わせない賢い子たちが存外この二本柱のところで健気に苦労をしています。このお子さん方は自分の周りの大人たちが自分に何を期待しているかを感じ取れてしまうがゆえに他の子たち以上に『けなげ』な時代を生きています。

寝たくないとぐずってみたり、整理整頓されている環境を瞬間芸で無茶苦茶にしたり、他の子の持っているものを力づくで横取りしてみたりといったくっきりとしたパフォーマンスを横目で見るともなく見つつ大人たちが維持したい秩序、「やっちゃいけないよ」とか「やってほしくないこと」などを感じ取れるが故に従順にしています。もしかしたらボクだってその禁を破りたいという衝動性を内に秘め持っているかもしれないですけれども行動しません。

『この子は素直で小さい時から手のかからない子で…』という安易な解釈・評価を受けると、その解釈のかげでその子は実現できなかった衝動とのつじつまを合わせるために苦労しているかもしれません。

かくして、手のかからない子たちが持ち合わせている『賢さ』は矛盾のブレに『ずるっ』とゆがんで時には『ずるがしこさ』という経験智を増してしまわないでいてほしいものです。そういうのも人生かな…と思いつつも、できるものならば賢い子がより賢く育つために少々の悪さや、やんちゃは片目つぶっておおらかにあそばせてあげたいものです。

「手のかからない子たちよ、もっと大人をてこずらせていいんだよ」とエールを送ります。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-07-03 11:52 | 保育ネタ | Comments(1)