ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
スパの中の床屋さんで
at 2017-05-28 06:39
遅番保育寸描 ①キャッチ&リ..
at 2017-05-23 06:21
第15回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-05-21 10:35
福島に行ってきました  の続..
at 2017-05-16 09:25
福島に行ってきました。
at 2017-05-14 20:58
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

童謡 アルプス一万尺

一番最初にこの歌と出会ったのは小学校3年生の時でした。(もう54年前のことなんです。)

この歌の「アルプス」とは日本アルプスのことで、私はこの歌の中の何番だかは忘れましたが

♪きのう見た夢でっかいちっちゃい夢だよ蟻がリュックしょって富士登山♪

というところが好きで、何故かここだけを時たま口にしていました。

自分がやっていること、これからもやろうとすることを揶揄するというのでなく自分への応援歌として歌うのです。蟻のようにちっぽけな虫だって志をもってコツコツのぼって行けばいつか富士山だって頂上に立てるのだ。さあ今日もこつこつやるぞ。

今回の記事を書くにあたってインターネットで参考資料を拾い集めていましたら、

私の記憶の中の♪…蟻がリュックしょって…♪の『あり』は間違いで正しく(?)は『蚤(のみ)』で2番の歌詞だということも判りました。

しかも驚い事に 童謡「アルプス一万尺」の歌詞は29番まであったのです。

せっかくですから129番までの歌詞を紹介します。

 1番 :アルプス一万尺 小槍の上で アルペン踊りを 踊りましょ

 2番 :昨日見た夢 でっかいちいさい夢だよのみがリュックしょって 富士登山

 3番 :岩魚釣る子に 山路を聞けば 雲のかなたを 竿で指す

 4番 :お花畑で 昼寝をすれば 蝶々が飛んできて キスをする

 5番 :雪渓光るよ 雷鳥いずこに エーデルヴァイス そこかしこ

 6番 :一万尺に テントを張れば 星のランプに 手が届く

 7番 :キャンプサイトに カッコウ鳴いて 霧の中から朝が来る

 8番 :染めてやりたや あの娘の袖を お花畑の 花模様

 9番 :蝶々でさえも 二匹でいるのに なぜに僕だけ 一人りぽち

 10番 :トントン拍子に 話が進み キスする時に 目が覚めた

 11番 :山のこだまは 帰ってくるけど 僕のラブレタ- 返ってこない

 12番 :キャンプファイヤーで センチになって 可愛いあのこの 夢を見る

 13番 :お花畑で 昼寝をすれば 可愛いあのこの 夢を見る

 14番 :夢で見るよじャ ほれよが浅い ほんとに好きなら 眠られぬ

 15番 :雲より高い この頂で お山の大将 俺一人

 16番 :チンネの頭に ザイルをかけて パイプ吹かせば 胸が湧く

 17番 :剣のテラスに ハンマー振れば ハーケン歌うよ 青空に

 18番 :山は荒れても 心の中は いつも天国 夢がある

 19番 :槍や穂高は かくれて見えぬ 見えぬあたりが 槍穂高

 20番 :命捧げて 恋するものに 何故に冷たい 岩の肌

 21番 :ザイル担いで 穂高の山へ 明日は男の 度胸試し

 22番 :穂高のルンゼに ザイルを捌いて ヨ-デル唄えば 雲が湧く

 23番 :西穂に登れば 奥穂が招く まねくその手が ジャンダルム

 24番 :槍はムコ殿 穂高はヨメご 中でリンキの 焼が岳

 25番 :槍と穂高を 番兵において お花畑で 花を摘む

 26番 :槍と穂高を 番兵に立てて 鹿島めがけて キジを撃つ

 27番 :槍の頭で 小キジを撃てば 高瀬と梓と 泣き別れ

 28番 :名残つきない 大正池 またも見返す 穂高岳

 29番 :まめで逢いましょ また来年も 山で桜の 咲く頃に

※「ランラララララララ・・・」の部分は省略してあります。

記憶とはいい加減なところがあって1番の歌詞で「子ヤギ」ではなくて「小槍」でした。

小槍というのは槍ヶ岳の山頂付近にある岩のことで「小槍」の標高は3,030mで、ちょうど一万尺なのだそうです。

元歌はアメリカ合衆国の民謡・愛国歌でヤンキードゥードゥル(英語:Yankee Doodle)です。

"Yankee"とはイギリス軍がその植民地アメリカの軍隊を指して使っていた言葉で、"Doodle"とは「まぬけ」というような意味です。替え歌ですから元の歌詞の世界とは全く別物で作詞者は不明ですが、京大山岳部の学生、とする説が有力なのだそうです。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-05-08 07:01 | 子育て・子の育ち・あそび | Comments(0)

「モモ(M・エンデ)」の能力(聴きとる力)

モモはごく普通の女の子です。

特別な超能力を持っているわけでもありません。

相手の話を最初っから最後まで心を込めてじっくりと聴きます。聴き入ります。

相手の人はモモに見つめられていると本当のことを話したくなります。

時には悩みをかかえている人は、自分の悩みをモモに向かって語っているうちに自分自身で解決方法に気付いたり、時には苦しい胸の内を語るうちに気持ちが楽になれたりします。

モモは聴きとる力がずば抜けてたけているのです。やはりこれも優れた能力の一分野です。

復興支援活動をしている人たちの中に「傾聴ボランティア」という活動を続けておられる方々があります。こうした活動を通じて聴きとる力が遺憾なく発揮されているのです。

人は自分の話を本気で聴いてくれる人と話していると気持ちが楽になり穏やかになります。

忙しいからと話半分に聞いていたり、もしくは『ああ、その話なら分かっています、知っています』と言い放って聞いてくれなかったり、聴き留めてくれなかったり、聴こうとさえしてくれない扱いを受けると、その人への不信感や、自分は信頼されていないと感じたり、その人との信頼関係の有り様の現状に疑問を持ちます。職場などでの大人同士の関係では力ある人材として育てなくなるばかりか、時には育とうという意欲さえ希薄になります。ネグレクトのような相互関係は最悪です。

親子関係ではどうでしょうか、言葉や態度や表情やしぐさなどの言葉の外側の言葉で、子どもはシグナルを発します。それらを受け止めるアンテナの状態がどんなであるかメンテナンスに心がけたいものです。要は自分の都合を優先して子どもの発するシグナルに対して鈍感にならない自己チェックが肝心です。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-05-07 09:32 | 子育て・子の育ち・あそび | Comments(0)

心に残る児童文学作品のラジオドラマ   

一篇の詩や小説や映画や演劇との出会いが人生を大きく変えるほどの出会いをしたという経験をお持ちの方があるでしょう。もう30年以上前の体験ですが、私の場合ラジオドラマにその体験があります。間違いなくあれが源となって、その後17年の年月を経て私の関心事の一つ「朗読」へと深化していきました。

当時たまたまNHK-FMでエアチェックしたのですがその後すっかりラジオドラマアファンになりました。その作品は原作・ミヒャエル・エンデ「モモ」をNHK-FMが制作したドラマスペシャル「モモ」でした。脚本は故石山透さんでした。原作のすばらしさ翻訳のスバらしさもさることながら石山さんの脚本版の「モモ」は衝撃的でした。

もしも関心とお時間のある方は是非お聞きください。

https://www.youtube.com/watch?v=GuZbVD_Thbw   前篇

https://www.youtube.com/watch?v=gQ2E_eiLV1I 後編


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-05-06 13:16 | 子育て・子の育ち・あそび | Comments(0)

お金儲け最優先の時代から変わりつつある世界の到来

ドイチャン珈琲(原産国/タイ王国)ってご存知ですか?

出会いは町田の鶴川にある行きつけのAコーヒー店(こちらは生のコーヒー豆を自家焙煎して販売している)です。店内には20種類以上のコーヒー豆と、6種類のブレンドしたコーヒー豆が瓶に入って並んでいます。お店を訪れるたびその日の気分でモカ・マンデリン・ガテマラ・ブラジル・オリジナルブレンドetcを買い求めていました。ある日陳列されている瓶の中に「ドイチャン (現産地/タイ王国)」というのが目に留まりました。

友人に土井さんという人がいましたから、しゃれでプレゼントしたら喜ばれるかもというのが最初の購入の動機でした。さしあげる前にまずは自分の舌で味わってみようと帰宅し飲んでみますと思いのほか私の好みにはまりました。

インターネットでいろいろ調べてみました。

◆タイ国最北端の県チエンラーイ県は北にミャンマー、東にラオスとの国境を有し、

ドイチャン村(東経:904816“ 北緯:20゜ 740)という山岳地帯にある村落で

バンコクから北へ約780キロメートル、チェンマイから約180キロメートル

標高1,500mもあるこのドイチャン村で山岳民族によってコーヒーも農業の一部として大切に栽培されている。"DOI CHAANG"とは「土居ちゃん」という意味…ではなく、日本の土居珈琲さんともまったくの無関係。"DOI CHAANG"とは「象の山」という意味で、そういう名前の山がチェンライにあり、そこでもやはりアカ族が豆を作っている。

◆黄金の三角地帯(おうごんのさんかくちたい、タイ語:สามหลี่ยมทองดำ)とは、東南アジアのタイ、ミャンマー、ラオスの3国がメコン川で接する山岳地帯で、ミャンマー東部シャン州に属する。世界最大の麻薬密造地帯であった。別名ゴールデン・トライアングル(英語: Golden Triangle)と呼ばれ、アフガニスタン・パキスタン・イラン国境付近の黄金の三日月地帯と並ぶ密造地帯である。

◆タイのコーヒーは麻薬や貧困からの脱却を目的とした換金作物として近年普及してきた背景があります。これら麻薬からコーヒーへの作物転換の動きの中で、タイ王室がスポンサーとなったり、運動を支えるべく多くのNGOが活動に参加したりするようになった。

◆これは10数年前から王室プロジェクトによって北部山岳地帯で(ケシ栽培に替わり)コーヒーの木(アラビカ種)が大々的に栽培されるようになったお陰で、アラビカ種の普及とともに良質なカフェも増えていった。タイコーヒーの品種はカチモール中心であるが、このコーヒーはブルボン品種。

カチモールに比べ、デリケートで生産量も落ちるブルボンだが、美味しいコーヒー作りを考える生産者によって実現した。(私の推測ですが、日本人のUさんの尽力も多大であったろうと思われます)タイのコーヒーにはフェアトレードや有機JASなど、自然や社会といった環境に配慮したコーヒーが多くシェードツリーに囲まれ、高地特有の寒暖差もあり、とても良質なコーヒーが生産されている・・・などとあります。



私が一番話題にしたいポイントは『世界最大の麻薬密造地帯』にケシノミ栽培に換わる農産物として『コーヒー豆』を生産したらどうか『より一層美味しいコーヒー豆を栽培する』という発想に至った人たちの知恵と努力です。

2002年、ケシ栽培禁止令が出て、サトウキビ畑などへの転換が大きく進んだが、その後代替作物の価格下落とアヘンの価格上昇が重なり、2007年ごろから麻薬製造が再び活発化…云々という経緯もあり、栽培に向けては困難も多々あったことでしょう。珈琲豆の生産量を上げて利益を追求するという発想をやめて美味しいコーヒー作りを志向してそれまで生産品種はカチモール中心であったものを、カチモールに比べ、デリケートで生産量も落ちるブルボン品種の栽培に敢えて挑んだ人たちの努力によって実現したのです。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-05-05 06:27 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

童謡 ママごめんなさい を歌ったことありますか?

イタリアのボローニャ市で年1回開催される、子供の歌のための国際歌唱コンクール(ゼッキーノ・ドーロ)で1963年に1等賞を得た曲。 リズムはチャチャ・ツィスト。

イタリア語原題は「Non lo faccio piu」です。これで検索すると、原語の歌が聴けます。

英訳すると「I do'nt do it any more」「もうしません」ということですね。

邦訳「ママごめんなさい」と訳詞表現した泉 恵さんのセンスに乾杯です。原曲を作詞作曲したイタリア人たち日本に紹介した大人たちや編曲をした人にも乾杯です。大人になっても童心や遊び心を忘れない全ての大人たちに乾杯です。

資料によると『19648-9月にNHK「みんなのうた」で放送された』とありますから私が小学校5年生の時に当たります。『歌唱は中尾ミエによる。「ゼッキーノ・ドーロ」の優勝曲を「みんなのうた」で取り上げたのはこの作品が初めて。訳詞は終盤を除きおおむねイタリア語の原詞の概要に従っている。アニメーションはこの時期常連の和田誠。』

残念ながら私はリアルタイムでこの歌とは出会っていませんが、保育士になって6年目の頃(今から37年前)に子どもたちとワクワクして歌える歌はないものだろうかとあちこち探しまくっていてひょっこり見つけました。

実際にこの歌詞にあるようないたずらをしたらとんでもないことになりますし、当時にしても今どきの子育て現場にしてもこんなハチャメチャな自由奔放さは見る影もありません。

けれどもイメージの中でやっちゃいけないいたずらは十分楽しめます。

子どもたちと一緒にこの歌を朗郎と歌い終わってせいせいしてからクラスの子どもたちに

「この子、『もういたずらしません』って言ってるけど、本当にもういたずらしなかったかな?」と質問したことがあります。

その時あらかたの子どもが大笑いしながら『またやったと思う』との返事でした。

Antonietta de Simone アントニエッタ・デ・シモーネ 作詞

Edilio Cspoyodyi エディリオ・カポトスティ 作曲

泉 恵 訳詩   小森 昭宏 編曲

ママ ごめんなさい ママ ママ いたずらはやめます

ねこのしっぽに ペンキをペタペタぬったの だあれ

パパの写真に ひげをかいたの だれのしわざ

くつの下に すべるバナナをおいたの だあれ

ぼうしの中に みみずを入れたの だれのしわざ

ママごめんなさい いたずらはしません

ママごめんなさい ママ ママ いたずらはやめます

ぼくは あすから みんなにめいわく かけないように

ぼくは ぼくは いい子になること 約束します

ママ ごめんなさい ママ ママ いたずらはやめます

ぼくは あすから みんなにめいわく かけないように

ぼくは ぼくは いい子になること 約束します 

約束します 約束します 約束します


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-05-04 08:11 | 子育て・子の育ち・あそび | Comments(0)