ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
第16回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-07-23 00:01
保養キャンプでワークショップ..
at 2017-07-20 00:13
笑顔と笑顔が伝播し響き合っている
at 2017-06-30 06:53
指揮者の手指の表現に魅惑され..
at 2017-06-28 09:34
お見舞いを兼ねて母の誕生日を..
at 2017-06-27 09:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

カイロ団長・考 その4 雨蛙たちの解放と介抱と  



命令通りに実行できない場合は巡査に引き渡して首をシュポンと斬られるぞという殿様蛙の恫喝におびえ無茶なノルマの達成に途方に暮れていた雨蛙たちを解放したものは王様からの新しいご命令の公布でした。

(前略)「そら、新しいご命令だ」と、

雨蛙も殿様蛙も、急いでしゃんと立ちました。(中以略)

「・・・王様の新しいご命令。

一か条。人に物をいいつける方法。

第一、人にものを言いつけるときはその言いつけられるものの目方で自分の身体の目方を割って答えを見つける。

第二、言いつける仕事にその答えをかける。

第三、その仕事を一ぺん自分で二日間やってみる。 以上。

その通りやらないものは鳥の国へ引き渡す。」

さあ、雨蛙どもは喜んだのなんのって、

チェッコという算術のうまい蛙などは、もうすぐ暗算を始めました。(中略)

「さあ王様の命令です。引っ張ってください。」

今度は、殿様蛙は、だんだん色がさめて、飴色に透き通って、そしてぶるぶる震えてまいりました。(中略)

そこで雨蛙は声を揃えて囃してやりました。

「ヨウイト、ヨウイト、ヨウイト、ヨイトショ。」(中略)

殿様蛙はまた四遍ばかり足を踏ん張りましたが、

おしまいの時は足がキクッと鳴ってくにゃりと曲がってしましました。

※そして私がこの『カイロ団長』の作品の中で一番気に入っているシーンへと続きます。宮沢賢治さんの感性の優しさがひときわ際立ちます。

雨蛙は思わずどっと笑いだしました。がどういうわけかそれから急にしいんとなってしまいました。それはそれはしいんとしてしまいました。みなさん、この時の淋しいことといったら私はとても口で言えません。皆さんはお解りですか。どっと一緒に人を嘲り笑ってそれから俄かにしいんとなった時のこの淋しいことです。

ところが丁度その時、またもや碧空高く、カタツムリのメガホーンの声が響き渡りました。

「王様の新しいご命令。

全てあらゆる生き物はみんな気のいい、かあいそうなものである。

けっして憎んではならん。以上。」

雨蛙たちは殿様蛙を介抱したり看病したり労わりの限りを尽くし、殿様蛙は悔悟の涙とともにカイロ団長をやめたことを宣言します。

再び雨蛙たちは元の造園業に復帰します。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-06-04 14:28 | ばぶさんな童話 | Comments(0)

カイロ団長・考 その3 殿様蛙の営業活動


めでたく30匹の雨蛙を自分の『家来』にすることができ、カイロ団を結成しカイロ団長になれたものの、彼には経営センスがなかったですね。

『カイロ団』って平たく言えば何屋さんだったのでしょうか?

ゼネコン?   便利屋?   それとも…造園業?

看板くらいは作ったでしょうが、カイロ団という存在を世の中に宣伝しませんから社会的認知もされていません。知名度の「ち」さえありません。

当然どこからも仕事の依頼が来ません。

カイロ団の営業品目っていったい何だったのでしょうか?彼は利益を上げてお金儲けがしたかったのでしょうか?恐らく殿様蛙自身にも明確なものがなかったから宣伝活動の発想さえなかったのです。

彼にあったものは、『カイロ団という組織の長として家来に対し専制君主としてふるまう事への執着』です。これが満たされればそれでよかったのでしょう。

(前略)「さっぱり誰も仕事を頼みに来んな。どうもこう仕事がなくちゃ、お前たちを養っておいても仕方ない。俺もとうとう飛んだことになったよ。それにつけても仕事のない時に、忙しい時の支度をしておくことが、最も必要だ。つまりその仕事の材料を、こんな時に集めて置かないといかんな。(後略)・・・」

と、この発想と展開まではなかなか良かったのですが、その後が全くもっていただけません。

仕事が来ないからといって雨蛙たちに無茶苦茶な命令を言いつけます。

・立派な木を1000本集めてこい…

・花畑へ出ていって花の種を拾ってくるんだ。一人が万粒ずつ拾って来い…

・今日は石を一人につき900貫ずつ運んで来い…

「命令」の様式美のみにとらわれた実にハチャメチャな命令の数々。

「立派な木を1000本」と言いつけられて雨蛙たちは 

(前略)一生懸命いい木を探しましたが、大体もう前々から探す位捜してしまっていたのですからいくらそこらをみんながひょいひょい駆け回っても、夕方までにたった9本しか見つかりませんでした。(後略)

ヘトヘトになり消沈している雨蛙たちのところにアリンコが通りかかり煙のようなカビの木を持っていったらと提案してくれます。

命令を下した殿様蛙は『1000本』という数に執着するばかりで『煙のようなカビの木』であろうがどんな木であろうが1000本集められてくると

(前略)すると団長は大機嫌です。「ふんふん。よし、よし。さあ、みんな舶来ウイスキーをいっぱいずつ飲んで休むんだよ。」(後略)

いかに自分の営業ビジョンが欠落していたかがわかります。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-06-02 06:40 | ばぶさんな童話 | Comments(0)

カイロ団長・考 その2 殿様蛙の居酒屋

どこで仕入れてきたのか石油缶(一斗缶/18リットル)いっぱいのウイスキー、どれくらいの量でいっぱいいくらで売るのか…いろいろ試みてたどり着いた結果は粟粒をくりぬいたコップにいっぱい注いで価格は二厘半(1円=100銭、1銭=10厘)。

私はリーズナブルな価格設定だったと思います。二厘半というのは一銭の四分の一です。

「もう半分(飲みたい)」という酒飲みの心理としては一銭の四分の一という価格はお代わりを注文したくなるお値段です。雨蛙たちの財布には50銭や1円の金はあるだろう。

粟粒をくりぬいたコップに、表面張力を生かしてなみなみと惜しげもなく注いで回ったことでしょう。

くいっと一杯ひっかけて、その勢いと適度な酔い加減で「おかわり」「おかわり」の連呼が店内いっぱいに響き渡ります。

お客の302杯の注文も342杯のお代わりもきっちりオーダーに答えた殿様蛙、てんてこまいの繁盛を極めました。

結構まめで律儀な店主です。

昨今の『ぼったくりバー』のような安易さはみじんもありません。

何しろ彼には夢があります。

「カイロ団」を結成して自分はその盟主になるのだ。

カイロ団長の誕生まであと一息。

いや、二息半、それ位の努力、なんで惜しんでいられましょうや。

雨蛙たちにお金を払いきれないほど飲ませればカイロ団の家来の獲得、しかも一気に30人の家来の誕生です。「おかわり」「へいへい、ただいまうかがいます」


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-06-01 07:15 | ばぶさんな童話 | Comments(0)

カイロ団長・考 その1 殿様蛙の仕立屋業  

今回から宮沢賢治・作「カイロ団長」についてあれこれと綴ってみたいと思います。





カイロ団長・考 その1 殿様蛙の仕立屋業

「長」にあこがれつつ一旦は成れたのですが本質的なところで「長」になれなかった男蛙のはなしです。

このお話しは30匹の雨蛙Vs一匹の殿様蛙が主な登場人物(生き物)です。

それに加えてアリンコと、殿様蛙の友達の殿様蛙と、「王様」の伝令役のカタツムリが登場します。

例によってばぶ風の身勝手な解釈をふんだんに混ぜ込みながらお話を紹介していきます。

30匹の雨蛙たちはオリジナリティーをふんだんに発揮した造園業チームを営んでいました。

◆「 朝は、黄金色のお日様の光が、トウモロコシの影法師を二千六百寸も遠くへ投げ出す頃からさっぱりした空気をすぱすぱ吸って働き出し、夕方は、お日様の光が木や草の緑を飴色にうきうきさせるまで歌ったり笑ったり叫んだりして仕事をしました。 」

なんてったって気のいい雨蛙たちです。

実に陽気に朗らかに楽しく仕事を楽しんでいるのです。

賢治さんが理想とする「労働」の原型ですね。

殿様蛙はその様子を見て知っていました。

殿様蛙はそれまで仕立屋業を営んでいたようです。

ある日仕立屋さんのところに鎖帷子(くさりかたびら)の注文が来ます。

くさりかたびら製作の注文は彼にとって今回が初めての仕事だったのでしょう。

製作は困難を極めましたが、彼は実にみごとにくさりかたびらを作り上げます。

その仕上がりぶりに我ながらほれぼれするほどです。達成感と充足感の美酒に酔いしれながらうっとりと自分の仕上げた仕事を眺めます。その瞳の輝きは澄んでとても静かです。

そして仕立屋としての自分の力量に改めて驚き、自信を深め、大きな満足を覚えます。 

その注文品の納品をめでたく済ますと、今度は自分自身の体形にぴったりのくさりかたびらをどうしても作ってみたくなりました。 

前回の苦労と苦心の経験智が加わってさらに製作の過程でさらなる工夫と発案がまるで降臨してきたかの如く次々沸き起こり手順は順調で決して手戻りすることなく見事に結実します。非の打ちどころのないほどに仕上がったくさりかたびらです。

さっそく着込んで姿見を覗き込みます。

正面から横から、さらには身体を曲げたり伸ばしたりひねったりしてありとあらゆる角度からの着心地を確かめ深い満足を得ました。

こんなに素敵なくさりかたびらです。

このくさりかたびらの威力を存分に発揮した自分になりたい…そう思いつつふと書棚に目をやると彼の愛読書の背表紙に目が留まりました。

「専制君主入門」そして彼の脳裏に明確な映像がスパークし、これまでいちども思いつかなかった一つのキーワードが湧いて出ました。「カイロ団とカイロ団長」

カイロ団長になりたいと彼は強く念じ、そしてその為の計画と準備に取り掛かりました。

まずカイロ団にふさわしい団員を確保することだ。誰か適当な連中はいないか?

いるいる、あいつらだ。30匹の雨蛙。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-05-31 07:29 | ばぶさんな童話 | Comments(0)

スパの中の床屋さんで

明日はすごく懐かしい友人が訪ねてくるというので、少しでも男前を上げておこうと、スパに行き、せっかくだからと入浴する前に施設内の床屋さんで散髪をしました。

このお店は曜日と時間帯で担当している二人のスタッフコンビが異なります。

この日の店内担当が私の好みの二人のスタッフの顔触れであることを確認して、それならば散髪してもらおうと心の準備をすっかり整えて予約表に『ばぶ』と名前を記入しました。

小柄なAさんと、すらりと背の高いB さんです。年齢的にはAさんのほうが少し上で、担当時間内の責任者はBさんです。初めてこの床屋で散髪をしたときにはローテーションの関係でAさんでした。「私はプレッシャーに弱い典型的な日本人です」といいながらどんどん散髪してくれました。そこでその言葉のつなぎに「あのね『プレッシャー』はね、それをはねのけた時の快感の為にあるんですよ。私を踏み台にしてどんどん自信を深めてくださいな」とさり気に励ましました。Bさんは別のお客さんの髪を散髪しながら私たちのこの会話のやり取りを聞くともなく聴いておられるようでした。

さてそれからひと月半位経過してこの店で散髪をしました。たまたまこの日のその時のローテーションでBさんの散髪担当でした。AさんBさんと順繰りで公平で塩梅いいぞと思いました。

髪を切ってもらいながら「なぜ床屋さんになったんですか?」と訊くと両親の影響だという返事。ご両親とも実家で床屋さんをしている家庭で育ったのだそうです。

そして「(私が)小さい時から『床屋さんは良いぞ、床屋さんは良い(職業)だぞ』と年中両親から聞かされていたから何となく自分も大きくなったら床屋さんになろうって小学生くらいの時には心を決めていました…」親の職業を見て育ち、自分もその道に進んだという事でした。こういうのってばぶ好みのお話しです。共働きで大変な面も多々あったでしょうが、親御さんもいい子育てをなさったのだろうし、子どもの側からすれば自分の将来の憧れ像を身近にリアルに感じながら成長したのだろうと思いました。何故かすごく精神の健康さ健全さみたいなものを感じました。

そして今回の散髪はどちらの担当になるのかな・・・と御店の外の待合コーナーに座っていますと「ばぶさん、お待たせしました」と名前を呼ばれました。じゃじゃ~~ん。

その声はAさんでもなくBさんでもなく男性でした。63歳の私よりもおそらく5~8歳は年上のパパさんです。第3の人物Cさんもいたというのは意外でした。想定外でした。

その散髪ぶりはこの道50年の上はこなしてこられたのであろうという見事にそつのないものでした。その経験年数のキャリアが彼の余計な邪念も迷いもけれんみも全部そぎ落とし研ぎ澄まされた自然体での散髪。『職人の達人ぶり』みたいなオーラがあって、散髪が仕上がった時には不思議と癒されている自分自身を感じました。私も彼のような雰囲気のある職人の気質を育み獲得したいと思いました。キャリアは財産ですね。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-05-28 06:39 | 子育て・子の育ち・あそび | Comments(0)