ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
等身大の私で『モチモチの木』
at 2018-01-21 12:27
第19回朗読会 ばぶの会 無..
at 2018-01-20 18:44
『氷河ネズミの毛皮』そして『..
at 2018-01-19 22:24
ばぶさんポエム あしの裏 (..
at 2018-01-18 05:42
足枕作ってみました
at 2018-01-15 04:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

人生絶えず「今日が一番若い」のですから、新たな局面は新たなスタートライン

括約筋の衰えも、箸の操作の不具合も、

踏ん張り切れずに安易によろけそうになるときも、

自分の身体の変化のあれこれをめぐって、

簡単に信じられないような出来事に気付くと、

苦笑いしつつも、

はじめは「そんなバカな」「まさか」「気のせい」と

否定したり疑いを持ったりしつつ向かい合います。

けれどもまぎれもない事実だと解ったとき

これを受け入れていくにはチョビット勇気がいりますね。

特に脳卒中を体験してからの最近は

何が起きても『気づいた時が新たなスタートライン、ここからまた歩み出せばいいんだ』と

スムーズに思えるようになってきました。 

日々加齢し続けていくわが身のことですから、

獲得体験よりも喪失体験を実感していく日々です。

けれども視点を変えて捉え返してみれば

どんなマイナス要件に遭遇してもプラス思考でそれを受け入れていこうとする態度は

これは新たな獲得体験の一つです。ついウフフって微笑んじゃいます。


どなたがおっしゃった言葉かは知りませんが

「人生絶えず今日が一番若い」という着眼は

ささやかながら私たちの背中を押してくれる助言ですね。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-01-08 06:13 | 健康と病気 | Comments(1)

箸先に願いを込めて リハビリーを兼ねた食事です

今年もあと二週間だなぁとふっと感じた昨年の暮れのことです。

食事をしていて「あれ?へんだなぁ、・・・まさか・・・でもほんとうだ」

箸先に力が入っていないというか摘まみ方の力が弱いというか曖昧なのです。

食べ物を箸先は確かに挟んでいるのですが口元にもっていこうとするその手前で「スルリ」「ポロリ」

そこで塗り箸を割りばしに変えてみました。

今度はいい感じでしっかり挟めています。

一口目はうまくいきましたが、二口目でまたも「するり」。

よく見ると割りばしが微妙に反っていて箸先に向かってわずかに開いている状態です。

この微細な条件の違いが箸先のコントロールに影響しています。

箸の一本を180度ひっくり返すと、ピンセットみたいな感じになって馬鹿ッ調子よくなりました。

この割りばしは捨てずに使い続けています。

箸に関しては決して見切り発車せず、ていねいに状態を見て、また自分の箸の動作・操作のありようをみて調整しています。

箸を意のままに使いこなせることは感動です。

感動を掴み取っていく食事に小さな喜びを見つけました。不自由は幸せの生みの親です。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-01-07 06:08 | 健康と病気 | Comments(0)

ああ、老眼  棘が抜けない

昨日(1/5)のことです。左の親指の内側第一関節よりも指先に向かって9㎜位のところに長さ約0.4㎜弱位、太さにしたらそれこそ0.03㎜位の棘が一本刺さりました。

新年早々なのですが、昨年の暮れに取り掛かった草取りの取り切れていない分が気になっていましたので、毎朝30分だけ除草し『初志貫徹』で枯れきった蔓を取り除いているときにこの植物の茎に生えている棘が一本刺さったのです。

いつもだったら使い捨ての薄いシリコンのゴム手袋を装着してその上に軍手をはめて作業しているのですがこの時は軍手のみでした。

実に小さな棘がわずかに頭を出している状態でしたから侮っていました。

これなんのことはない、すぐとれるのが常の事。

ところがこれが取れない。

ああ老眼、メガネをおでこの上に待機させ、頼りの裸眼でもよく見えない。

刺抜きは?ピンセットは?

確かどこかにあったはず。

でも探すのが面倒というか、茫洋とした「どこかなる記憶の彼方のどこだか」は捜しきれません。

思いついたのが木綿針の先端でほじるやり方。

試みました。が取れません。

要するに先端で摘まめるものであればいいのですから、代用物はないかしらと、目に留まったのが爪切りの刃先。

棘周辺を刃先でほじるように開墾して試みます。

取れません。

風呂にはいってりゃそのうち自然とれたりもするもんです。

侮りはさらに続きます。

ところが片道95キロのスパの浴槽は快適で爽快で、入浴中は肝心の刺抜きのことなどすっかり忘れてしまいました。

思い出したのは帰宅してからだいぶたってからです。

うっかり棘の刺さっているところを圧がかかるように触ってしまって『痛てっ!』と叫びました。

なんと棘がまだ刺さっていたまんまだったんだと急遽思い出しました。

とりあえず消毒しておこうとマキロンをプシュッ。再び爪切りの先端でほじり活動再開です。

取れたのだか取れていないのだか視力を尽くしても見えません。

左の人差し指で棘の刺さっているであろう辺りをこすって指先の感覚で見てみます。

取れているような気もします。取れたことにしましょう。人生見切り発車の日々も多々あります。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-01-06 05:51 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

日々加齢しているのだから、嘆きの対象にはしないことにしました。

一年くらい前から活躍が鈍り出した括約筋。外付け厠の居住空間なのですからその分ゴールまでちょっとばかり遠く、薄暗いのです。よろけぬように慎重に歩みを進めます。


水道栓のパッキンと同じですから弛みだすとついつい言うことを聞かない括約筋君のことを嘆いて、粗相のないようにと焦って用を足そうとするあまり、心にゆとりがない分たれこぼしもありました。


今にして思い起こせば嘆きの対象にしていました。それが脳卒中を体験したことがきっかけで、感じ取り方や受け止め方のスケールが変わりました。


過去の栄光にすがることなく、劣化を嘆かず、自分の身体の変化の有り様の現状を愛おしく思えるようになりました。


そうか、これって第二の排泄の自律なんですよ。叱咤激励よりも成功体験を拾っていきましょう。


一回一回をリハビリーを兼ねた修練と考えれば快い緊張感の中で向かい合えるものですね。

力まず、焦らず、苛立たず、ありのままの自分にエールを贈りながら心優しい筋トレです。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-01-05 04:43 | 健康と病気 | Comments(0)

リアルタイムで読める幸せ

宮澤賢治さんの「なめとこ山の熊」という作品に主人公の淵沢小十郎の母親が出てきます。

その母親は『…今年九十になる母…』です。私の母親は昨年九十になりました。

斎藤隆介さんの『モチモチの木』等お話しに出てくるじさまは(今年)六十四とあります。私はこの秋で六十五になります。

たまたま偶然の一致なのでしょうが、実年齢のリアルタイムでこの作品を再度読み返せる幸せをかんじています。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-01-04 07:06 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)