ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『タッチ』  手のひらから心..
at 2017-04-25 06:31
虔十公園林・考 ⑨ 雨が降っ..
at 2017-04-23 07:08
虔十公園林・考 ⑧虔十さんが..
at 2017-04-22 04:32
第15回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-04-20 22:37
虔十公園林・考 ⑦人としての..
at 2017-04-19 09:12
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

虔十公園林・考 ②虔十さん私の勝手な時系列の妄想


根拠は全くありませんが、私の勝手な妄想(推定)をいろいろ添えてみます。

◆両親は虔十という名前をどんな由来や発想から名付けたのだろう?

10人兄弟の末っ子か、もしくは、10月生まれで『虔十』となづけた。

◆虔十のお父さんとおっかさんは幼馴染の同級生。

虔十さんが杉を植えたいと願ったのは14歳位の春

◆それにしても「700本の杉」の700はどこから出てきたのだろう?

掛け算ができる程度の学力はあったのかも…。

虔十の家の後ろにちょうど大きな運動場ぐらいの野原がまだ畑にならないで残っていた。

◆どのくらいの広さの空き地だったのかな?

700本だから縦横2メートル間隔位ずつで植えたとして1列に30本で横に23列

縦 約600メートル 横 約50メートル程の広さの空き地。

(虔十は)杉苗を植える穴を実にまっすぐに、実に間隔正しく、それを掘ったのでした。

一時間で杉苗10本分の穴を掘ったとして70時間かかる? 朝から夕方まで1週間以上かかった作業。

◆虔十と虔十の兄さんとは何歳離れているのかな?

二人は『5歳違い』として虔十14歳、兄19

『虔十、あそこは杉植えても育たない処だ、それより、すこし田でも打ってすけろ』といった兄さんはこのとき19歳。成人式前の若者。尋常小学校を卒業して高等科へ進んだ。 

◆虔十はお父さんが何歳の時の子どもだろう?

40歳の時に授かったとして、 「虔十の杉の木を植えたいという希望(14)」に対して

『買ってやれ買ってやれ、虔十は今まで何一つ頼んだことがなかったもの、買ってやれ』

と快く許可をしたときのお父さんの年齢は54歳。

虔十がチブスで死んだのは18歳、兄23歳、父58歳。

虔十のお父さんも、もう髪が真っ白でした。真っ白なはずです。

虔十が死んでから、20年近くなるではありませんか。

この時虔十のお父さんは78歳。

博士の問いに対する校長さんの説明

「ここが町になってから、みんなで売れ売れと申したそうですが年寄りの方(80歳前後)が『ここは虔十の唯一つの形見だから、いくら困っても、これをなくすることは、どうしてもできない』と答えるそうです。」


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-04-11 23:02 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

虔十公園林・考 ①生涯でたった一つの逆らいの言葉


『虔十公園林』というお話は宮沢賢治さんの書いた童話です。

賢治さんが亡くなられた翌年(1934/昭和9年)に発表されています。

私はこの作品を5年半ほど以前に朗読会で発表しました。

近々朗読会でまた発表したいと、いま改めて読み取りをしています。

彼が植えた700本の杉の木を隣の畑の平二から木を伐るように迫られます。

“「伐れ、伐れ、伐らなぃが。」

「きらない」虔十が、顔を上げて少し怖そうに言いました。

その唇は、今にも泣き出しそうに、ひきつっていました。

実にこれが、虔十の一生の間のたった一つの、

人に対する逆らいの言葉だったのです。

生涯で唯一つの逆らいの言葉、後にも先にもたった一度だけの逆らいの言葉・・・この一言を声に出して朗読してみたいというモチベーションが私の取り組みの源です。

『伐れ』に対して『伐らない』の一言、ああ、その一言に込める虔十の万感の思いの丈よ。

2~3歳ぐらいの頃の子どもは毎日のように実に沢山の「やだやだ」を言い放ちます。

虔十もこの位の年齢の時にはきっと沢山の「やだやだ」を言ったであろうと推測しますが、

何しろ生涯で唯一の逆らいの言葉なのですから平二の『伐れ』に対しての『伐らない』の一言はものすごい一言です。

この物凄い一言を声に出して読みたいと私は今日も朗読に精進しています。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-04-11 06:06 | Comments(0)

思いが届いた歓び  

2011年の6月からコツコツと震災復興支援の活動を続けています。

福島、宮城、岩手ととても広い範囲の3県の中のあっちの保育園こっちの幼稚園をお訪ねして、ポツリポツリとささやかながら『元気交流会』をしています。

自分の創作した木のおもちゃや大型遊具を郵送で贈ったり、持参し送り届けたり、子どもたちと一緒に遊んだりをしています。

昨日、岩手県山田町の保育園からお電話が来ました。

半年くらい前に3回目の訪問をしてその時持参した段ボール製のパーテーションです。

その後、このパーテーションが保育のあそびや生活の中で根付き、さらにはこれをベースに自分たちでデコレーションして『お菓子のおうち』となり日々あそびこんできて、また卒園制作の一つとして年長さんから次年度の年長さんへ贈りましたという記事が、園から発信しているブログに2回紹介されてました。

子どもたちのあそび世界への熱い思いを込めて一針一針縫い上げ完成したパーテーションです。それが子どもたちのあそびや想像力の下支えになって活用されていることを知り、復興支援の思いが届いた歓びを実感しました。

http://www.aiiku-osawa.com/post_147.html

http://www.aiiku-osawa.com/post_146.html


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-04-07 08:30 | 震災支援活動 | Comments(0)

「育つ」ということ  

保育園の1歳児クラスの子どもと2歳児クラスの子どもに該当する子供たちが混在しています。

1~2歳児の縦割り仲間です。 一日当たりの保育室の定員は10名が上限です。
曜日によって登園するメンバーが異なります。
その分少々ややこしい面もありますが一方極めて面白い保育です。

3月末日で『年度』が変わりましたが、この一年(平成28年度)ここの保育に関わってきて私なりに学んだこと気づかされたこと大切にしてきたことを綴ってみます。

2歳のお誕生日を迎えたお子さんと、3歳のお誕生日を迎えたお子さん、この一年の成長の差は実に大きいですね。とはいえどちらもまだまだ自己中のど真ん中、力技の「独り占め」も「横取り」もあります。

取った・とられたで泣き声も出ます。

泣くときは一生懸命泣きます。泣き声が長い時にはそのお子さんの泣き声の隙間に「○ちゃん、まーるちゃん、も―いいかい?」と声をかけます。

泣くのに一生懸命でこちら(保育士)の言葉が届かないときにはそのお子さんにセリフを伝授します。

「○ちゃん『もうイーかい?』って訊くから『まーだだよ』って返事して、じゃあ行くよ。○ちゃん、まーるちゃんもう・・・」たいていの子は泣きの途中で「まーだだあよ」などと返事してくれて、また続きで泣きます。
このやり取りを二度三度していくと、そのうちに気が晴れるのか気が紛れるのか、別のことに関心が向かうのか泣き止みます。
要は泣きたいランナーの思いを受け止めて気が晴れるなり気が済むところまで伴走するのです。
泣かないでもいいところまで(納得いくところまで)見守ります。
もっと泣きたいという心持のありかを大切にします。


彼らなりに経験智を積み上げつつありますから、自分とその周りのお友達との力関係や立ち位置や、交渉力、駆け引き力、などなどの学びには目覚めしいものがあります。

自分なりの小さな部分的な正義(認識・世界像)ゆえの周囲への働きかけのドラマが展開されています。
時にはお互いの気持ちのボタンのかけ違いだったり、それぞれの思い込みゆえの温度差などですれ違ったりこんがらかったりします。
互いの心持のありかを相手のお子さんに通訳してあげるなり、もしくは「○ちゃんも使いたいけど△ちゃんもつかいたいんだって」「だめー」この時ダメ―といえることも大事にします。そして、「今使っているけど終わったら『おわったよぉ』って△ちゃんに貸してあげてね」「△ちゃん○ちゃん後で『おわったよぉ』って貸してくれるから待っててね」今すぐ使えないにしてもちょっと先の未来に展望を持たしてあげます。
まず独り占めであそんで気が済んだら大概は「はい、かしてあげる」って渡してくれます。
このタイミングで大事にしてきた言葉は「△ちゃん、○ちゃんに『ありがとう』って」とことばをうながします。
相手から『ありがとう』って言われて嫌な心持になるお子さんはいません。
大人も同じですね。ありがとうの言葉に対して「どういたしまして」などと返事できるのは3歳児です。
2歳児はそのリアクションをその子なりに感じ取っているようです。

互いの主張がぶつかり合う喧嘩など『ややこしい謎解きの場面』に対処するには、例えをあげて言いますと、「電子辞書」でデジタルに模範解答を導きだそうという考え方や手法よりも、ちょっと分厚くて携行するには不向きな位の「紙の辞書」でページをめくって求めたい答えをじわじわと見出していくアナログな、一見めんどうくさいプロセスをあえて取り込もうという考え方や手法の中に、深い子供理解のヒントが沢山あります。
このとき関わる大人が複数担任であれば『複眼』で互いのきづきを職員間で伝え合うことがとても有効です。ここが薄くなると淋しい職場になります。状況によってはネグレクト(?)かといぶかしくなります。

まだまだ物の扱いが粗雑で稚拙ですからおもちゃやかぐやゆうぐがこわれます。治せるものは子どもの目の前で治すところを見せます。わざと壊したにしても、わざとじゃなく壊れちゃったにしても、「壊れたものは直せる」「壊れたら直して使える」という世界観を伝えてきました。自分で治せないときには大人に「なおしてぇ」と訴えてくれるような信頼関係を大事にしてきました。



[PR]
# by 09donpo11 | 2017-04-02 18:18 | Comments(0)

○○世代 あなたは何世代?

○○世代   あなたは何世代?


私は自分のことをこんな風に思っています。

1953年(昭和28年)生まれの私は自分のことを『ひょっこりひょうたん島世代』と思っています。

棒使い人形による人形劇、演じていたのは人形劇団ひとみ座です。

ひとみ座のHPにはこのような紹介記事が出ていました。

“東京オリンピックにわいた昭和39年にはじまった「ひょっこりひょうたん島」は人気を博し5年間、放送回数1224回におよぶ当時の長寿番組となりました。放送中、人形劇団ひとみ座は、人形美術・製作 片岡昌(美術製作ひとみ座アトリエ)と人形操演=人形操作を担い番組製作に勢力を注ぎました。”

『ひょっこりひょうたん島』月曜から金曜日までNHKのテレビで夕方放映されていました。

歌あり踊りありのミュージカル仕立て()でした。

挿入歌がとても魅力的で歌を覚えては一緒に歌いながら番組を見ていました。

登場人物のキャラが全員立っていました。

その全部を紹介できませんが、その中でもこの二人、ガバチョとトラひげが大好きでした。

ドン・ガバチョ大統領はテレビ画面の中から飛び出てひょうたん島にやってきました。

声優さんは故・藤村有弘さん、海賊トラひげ役は故・熊倉一雄さん、熊倉さんは歌の表現力に富んだ方でした。

小学校から中学へと進学して部活動などするようになるとともにこの番組からは遠ざかっていましたが、それでもこの番組全体に貫かれているスピリット『へこたれても簡単に諦めない、どんな窮地に陥ってもなんだかんだと生き抜いていく底力のベース的世界観』が自分の中に今も脈打っています。私の人格形成に少なからず影響をもたらしたサブカルチャーの一つです。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-03-26 07:24 | 感動のおすそわけ | Comments(0)