ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
等身大の私で『モチモチの木』
at 2018-01-21 12:27
第19回朗読会 ばぶの会 無..
at 2018-01-20 18:44
『氷河ネズミの毛皮』そして『..
at 2018-01-19 22:24
ばぶさんポエム あしの裏 (..
at 2018-01-18 05:42
足枕作ってみました
at 2018-01-15 04:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

蟻がリュックしょって富士登山

今朝から頭の中をこの歌がぐるぐる回っています。

♪きのうみたゆめちっちゃいでっかいゆめだよ

ありがりゅっくしょって ふじとざん (ヘイ)

御存じ ♪アルプス一万尺♪の歌のかえ歌のそのまた替え歌です。

この歌の歌詞29番まであるそうです。興味のある方は検索してみてください。

元々替え歌バージョンですから何番でも作って楽しめる分野です。

アルプス一万尺の2番の歌詞はこうなっています。

 

2番…  “昨日見た夢 でっかいちいさい夢だよ 蚤(のみ)がリュックしょって 富士登山”

なのですが…私なりの好みでこのように変えました。

♪きのうみたゆめちっちゃいでっかいゆめだよ

ありがりゅっくしょって ふじとざん (ヘイ)

富士登山するのは『ノミ』のイメージよりも『アリ』のほうが私にはしっくりくるのです。

富士というのは「志の高さ」の象徴なのです。今年もこのイメージを大事に歩んでまいります。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-01-03 14:41 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

正月元旦 そして正月二日に思う事

今年の初日の出きれいでした。

昨日(毎年の行動ですが)、私の生れた町(神奈川県平塚市)の海岸で初日の出を見ました。

綺麗なご来光でした。

振り向けば西の正面に朝日に生えた富士山が麓までくっきりと見える程よく晴れ渡った暖かな元日でした。

60度のパノラマを地球周り(反時計回り)に紹介しますと、丹沢山塊の北の真正面には大山の姿がどっしりと、漢字の「山の字」そのものに見えまして、そして西丹沢の稜線を辿って西の方角にひときわ雄々しく富士山の雄姿。

その手前側に箱根の外輪山、さらに南へ伊豆半島の伊豆三山がなだらかに続き、南に広がる相模湾。

そのまん中に伊豆大島が沖のほうに見え、更に東側に目を移しますと手前に相模川河口、ちょっとむこうに江の島、その奥には三浦半島、そしてそのまた向こうに房総半島が重なって見えるというロケーションです。

ご来光は低くたなびく雲間を超えて房総半島の向こうから昇ってきます。

誠に湘南は風光明媚な景勝地です。

中学生の時に言われました。

“気候温暖にして海あり山ありで『箱庭』みたいなところだ、こういう土地に育つと人間は穏やかだが、その一方、人として器量の小さな人間が育ち、決して後世に名を残すような偉人は排出されない”云々。

今にして思えばこれも一つの偏見にすぎないのですが、当時ガキっぽい中学生だった私にとってこの指摘は結構カルチャーショックでしたね。

いいじゃぁあ~りませんか、まあ小粒でもそれなりに人生を謳歌しましょう。

この世の中は不合理と不条理に溢れています。

どのような不合理(不条理)を引き受けていくのかという決意の持ち方で人としての器量は決まっていくもの。

自分の人生の四分の三くらいは既に生きて来ているでしょうから、ここから残りを「後半戦」と見据えてやりたいことを『あれもこれも』」ではなく『あれとこれと』というようにフォーカスして今年のスタートを切ろうと思います。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-01-02 15:31 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

自分にとって今年最大の出来事 

左被殻出血という病気をしたこと

「脳卒中の再発」がいつどのタイミングで起きるのかという漠然とした恐怖はわずかにあります。

けれどもちょっと考えを見直してみれば、人間としてこの世に生まれてきた限りはいつか死にます。

誰一人例外なく平等にいつか死にます。

ですからたとえ再発してもその包含関係にある事実なのだと気づき漠然とした恐怖の気持ちが穏やかに収まりました。

病気をしてそれまで気づかなかったことや想いも寄せなかったことなどに気付けるようになった自分へと変化している事実。病気は偉大です。何より自分自身を哲学させてくれます。あの日生まれ変わったのですからその分だけ得をしました。

注意深く慎重に、さりとて臆病にだけはならないで生きていきます。

「臆病」は「疑心暗鬼」になります。

それを防げるアイテムを発見しました。

それは「自分自身への信頼」です。『自分をどこまでも信じ抜いて生きていくこと』です。

今の自分をもっともっと愛すること、愛せることがパワーの源泉です。

SNSを通じて同様の心持で様々な病気と向かい合って暮らしている人が身の周りにずいぶん沢山いることを知りました。それぞれにお互いの元気を分かち合っている。なんて素敵なことでしょう。

病気をした以前の自分よりも病気をしたあとの今の自分のほうが私は大好きです。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-12-31 07:15 | 健康と病気 | Comments(0)

困惑の『大変でしたね』

10/20の退院後、この間いろいろな方々からお見舞いの言葉をいただきました。

見舞いの言葉で二番目に多かったのが

(脳卒中を体験されて) たいへんでしたね」でした。

入院中も、退院してからの暫くも

「大丈夫ですか?」のお見舞いの言葉に

「はい、調子はいいです。お陰様で経過は順調です。」

「奇跡的に軽くて済みました。」

などと答えつつも、今から思えば自分で自分の身体のことを『大丈夫』の側に引き寄せ自己暗示をかけていた面もあったのだろうと思います。

左被殻出血(脳内出血)したことを後から知った方々が異口同音のように「大変でしたね」というリアクションをされ、それが何度か重なってきますと、自分が思い込んでいた以上に今回のことは大変な体験だったのかとじわじわ思い知らされました。


更には再発しないようにと周囲の皆さんから万全のバックアップ体制のご配慮などいただいていますと「大丈夫」だったはずの心持は揺らぎだしました。

これもまた不思議な感覚です。

事実として一度プッツンした脳の持ち主は周囲の人の側から見ると前歴のある人、だからいつまた再発するかわからない人というグレーな存在として映っているようです。

偏見といえば偏見ともいえるでしょうがこのつかみどころのない不安と向き合いながら自分自身のメンタルの維持(保持)は結構厳しいものがあります。


「たいへんでしたね」

に対して

「ええ、たいへんでした」

と答えてしまえばいいのでしょうが、心情的には過去形の事象ではなく現在進行形なのです。

侮らず、慎重に、されど臆病にならぬように心がけて暮らします。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-12-29 22:37 | 健康と病気 | Comments(0)

混迷の「無理しないでね」

10/20の退院後、この間いろいろな方々から一番寄せられたお見舞いの言葉が「無理しないでね」でした。

いろいろな面で無理を押してあれこれやりたいことを追求して生きてきました。

ですから無理でない状態が自分では自覚しきれず、『だらだら』 『ぼちぼち』といいながら

皆さんのお見舞いのお気持ちに応えたいと新たな無理を志向してきた感があります。

私は本来お酒が好きで「お飲みになりますか?」

と問われると

「私は几帳面ですから」と答えます。

質問された方はいぶかしそうに

「はあ・・・?」

と小首をかしげます。

「年に2日か3日くらいついうっかり飲み忘れることがあります」

「アッハッハッハ。だから几帳面・・・納得」

と合点が言って笑っていただいて…などという会話をして面白がっていました。

それが発病した10/1を境に飲酒をやめました。

発症の原因が高血圧によるものとDr.から診断されたので、それならばいっそのことと

飲酒の習慣をおしまいにしました。

これが「禁酒」と宣言をするとけっこうストレスになるので禁酒という言葉は使わず

「今は『飲酒は休憩中』です(飲もうと思えばいつでも飲めますが)とりあえず飲酒は休憩中です」と周囲に伝えていました。

「それって結構無理していませんか?」

れがきっかけで飲みたいときには少量飲むのもありということにしました。

一度禁を破ると堰を切ったように飲酒の習慣が連日戻ってしまうのでは…と自分でも不安はあったのですが、

不思議と悪魔のささやきには発展しませんでした。

飲酒に関しては無理をしていない自分の立ち位置はここら当たりと自覚を新たにしています。

今日までの間に36回ちょこっと飲みました。ちょっと飲んでみたいなという日はたまにあるもので、

そんなときにはその気持ちを押し殺したりはぐらかしたりせず「休憩時間おしまい」とちょこっと飲みます。

ある程度の量を超えて飲んだら歯止めが簡単に効かなくなることは経験上百も承知の助ですから

ちょこっとの処で打ち止めにします。


[PR]
# by 09donpo11 | 2017-12-28 21:34 | 健康と病気 | Comments(0)