ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
朗読会 ばぶの会を開催します
at 2017-09-23 10:31
自分再生への助走  
at 2017-09-03 08:23
落葉松という楽曲と出会えまし..
at 2017-09-02 21:02
今日から9月です。
at 2017-09-01 07:45
報告とご案内  第17回&第..
at 2017-08-30 08:18
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

(1/6回) 第3話  5ひきの仔豚と狼の 『お化け屋敷でしょ』 

ばぶさん童話  新シリーズ『5ひきの仔豚とオオカミ』集より

    ー創作メモー
  ◆5ひきの仔豚と狼の名前と性格
  長男ぶた……ブァ太郎・・・のんびり屋・気は優しい・まとめ役
  二男ぶた……ブィ次郎・・・めざとい・アイデアマン
  三男ぶた……ブゥ三郎・・・理屈っぽい・思慮深い
  四男ぶた……ブェ四朗・・・ちょっとあまえんぼ・まけずぎらい
  末妹ぶた……ブウ子・・・・しっかりもの、がんばりや
  オオカミ……のうてんき、ばかちから、いつでもポジティブ
          まだ名前はないが文字が読めるようになったのだ。
          字が読めるって嬉しくてたまらないのだ。

第3話 5ひきの仔豚と狼の 『お化け屋敷でしょ』

 ● かんばんをよむ狼

ある日 狼がぷらぷら歩いていると5ひきの仔豚が大きなシャベルで
小さな穴を掘り、柱を埋め、立札を立てていました。

「よう、ちびっこども立札なんか立てて何やってんだい? なになに
『ここはおばけやしきです。
こわいひとはなかにはいらないでください』
…ってか。」

「だからおおかみさんはなかにはいらないでね。」
「へっへっへ。おいら中に入っちゃうもんね。」
「おっかないからはいっちゃだめだってば」
「やーだね。おいらどうしても中に入るもんね。」
「ほんとうにおっかないんだよ。だめだってば。」
「いいから、いいから。」
5ひきの仔豚が一生懸命止めているのに
狼さんは中に入ってしまいました。

「おっ。白い立札がある。なんて書いてあんのかな? なになに
『きけん おとしあなです。ふんだらおっこちます。』
・・・ってか。おいらふんじゃうもんね。」
おおかみは片足のつま先をそぉっと乗せました。
なんともありません。
それから、かかとでトントントンとやりました。
「へん。おっこちゃしねぇじゃねえか。」
おおかみは両足を乗せました。
それでもなんともありません。
「なーにがおとしあなだぁ。ちゃんちゃらおっかしいねってぇーの」
おおかみは両足でドタバタドタバタ踊り出しました。
「たららったらぁー、てろれってれぇー、 ぅわぁああ~」 

ずぼっ。

落とし穴に落っこちました。
地面の上に首だけ出ている狼は周りをきょろきょろ見回しました。
「なーるほど おとしあなね。
ふん。おいら恐くなんかないもんね。」
うんとこせ、どっこいせっ、と穴から這い出て来ました。

「あれ、黄色の立札だ。なになに
『また、おとしあなです。
おっこちないようにぴょんととびこしてください。』
…てか。どうしようっかなぁ。
ぴょんと跳び越すか、やめとこか、ううむ。それが問題だ。
とりあえず、跳んでみっか。あっそれ ぴょん。」

ずぼっ。

また首まで穴の中に落っこちました。
狼の眼の前に黄緑色の小さな看板がありました。
「なになに
『おっこちないように ぴょんと とばないと おっこちます。』
なーるほどね。うんとこせどっこいせ。」
すっかり全身砂だらけになった狼は、
自慢の毛皮をパタパタはたきました。
「あれ、オレンジ色の立札だ。なになに
『こんどこそ、おっこちないようにぴょんととびこしてください』
・・・ってか。
あらよっ。とりゃ~ぁ」
狼はその次の落とし穴の上を軽々と飛び越しました。

上手に着地すると
「でへへっへのへぇ。こんなのちゃらちゃらへぇっちゃら。うわぁ~~」

ざっぶーん。

池の中に落っこちました。
「ぷふぁ~あ。」
狼が水の上に顔を出すと笹舟がゆらゆら流れて来ました。
「何だぁ。黒い紙に白い字でなんか書いてあるぜ。
『よそみをしているといけにおっこちます。きけん。
いけのなかにはおこりんぼうのアメリカザリガニがいます』
・・・っだあ? いてててて」 

ざばぁあ。

慌てて池から跳びだすと、
ザリガニがハサミで狼のしっぽを掴んでいました。
狼は全身の毛を逆立てて、濡れた体をぶるぶるぶるっとやりました。
するとザリガニはどこかにすっ飛んで行きました。

                                                         
                                 ~つづく~


[PR]
# by 09donpo11 | 2014-05-08 09:21 | ばぶさん童話 | Comments(0)

(5/5) 第2話 5ひきの仔豚と狼の 『お家づくり』

※5ひきの仔豚と狼のお家づくりもいよいよ今回で最終回です。 

 
ばぶさん童話  新シリーズ『5匹の仔豚とオオカミ』集より

創作メモ
◆5ひきの仔豚と狼の名前と性格
長男ぶた……ブァ太郎・・・のんびり屋・気は優しい・まとめ役
二男ぶた……ブィ次郎・・・めざとい・アイデアマン
三男ぶた……ブゥ三郎・・・理屈っぽい・思慮深い
四男ぶた……ブェ四朗・・・ちょっとあまえんぼ・まけずぎらい
末妹ぶた……ブウ子・・・・しっかりもの、がんばりや 
オオカミ……のうてんき、ばかちから、いつでもポジティブ
         時たま本能が顔を出す(本音は仔豚を食いたい)
         まだ名前がない


 (8) ロープにつかまって

ロープを投げたのはブァ太郎とブィ次郎の二人でした。
「おおかみ、このロープにつかまるんだ。」
その声におおかみはあたりを見廻しました。
すぐにロープに気がつくと
「ありがたい。」
おおかみは思いっきり手を伸ばすとロープにつかまりました。

おおかみがぎゅっとロープを握るとその途端に
「うわぁ」
とよろけたのはブァ太郎とブィ次郎でした。
「にいさん、あぶない」
と、ブゥ三郎ブェ四朗の二人がブァ太郎ブィ次郎にしがみつきました。
4匹は力を合わせて
「うんしょ。こらしょ。うんしょ。こらしょ。
うんしょ。こらしょ。うんしょ。こらしょ。
うーん。うーん。うーん。とっとっとっと。うわあ」


「おにいちゃんたち、もうちょっとよ。あたしもてつだうわ」
と、妹のブウ子もロープを引っ張りました。
「うんしょ。こらしょ。うんしょ。こらしょ。
うんしょ。こらしょ。うんしょ。こらしょ。
うーん。うーん。うーん。とっとっとっと。だめだこりゃ。」
「ブウ子、ロープのはじをお家にしばりつけるんだ。」
「うん、わかった。」

「おおかみ、がんばれ」
「ぜは、ぜは、ぜは」
おおかみは懸命にロープをたぐって、
少しずつ仔豚のお家に近づきました。


その時、仔豚のお家がぐらぐらっと揺れたかと思うと
「ぼくらのおうちがながされるぅ。うわぁあああ。」
「ぜは、ぜは、どひゃーあ。」
何と、仔豚のお家とロープにしがみついていたおおかみは
一緒に雨水に押し流されてしまいました。


 (9) おおかみがんばる

川の真ん中に大きな木が一本立っていました。
仔豚を乗せたままのお家とおおかみは
その木の右側と左側に分かれて流されて行きました。
仔豚とおおかみをつないだロープの真ん中が
その大きな木の幹に引っ掛かりました。
ロープを握ったまま大きな木にたどり着いたのは
おおかみでした。

「ちびっこども、まっていろよ。いまたすけるぞ。」
おおかみはグイッとロープをたぐりました。
「うんとしょ。どっこいしょ。」
おおかみはもう一つグイッとロープをたぐりました。
何という力でしょう。
5匹の仔豚のお家と5匹の仔豚を丸ごと引き寄せています。

「がーんばれ、おーかみ。
がーんばれ、おーかみ。」
「うんとしょ。どっこいしょ。」
おおかみはもう一つグイッとロープをたぐりました。

すっぽーん。びゅわーん。
どさどさどさくさ。
仔豚のお家は丸ごと大きな木の上の枝の間に
かっこよく収まりました。


「わーい。わーい。おおかみばんざーい。木の上のお家ばんざーい」
「ぜはぜは、仔豚もばんざ~い」
それから5ひきの仔豚とおおかみは、
木の上のお家で遊びました。



                    ~ 第2話 お・し・ま・い ~


[PR]
# by 09donpo11 | 2014-05-07 22:12 | ばぶさん童話 | Comments(0)

(4/5回)第2話  5ひきの仔豚と狼 の 『お家づくり』  

ばぶさん童話  新シリーズ『5匹の仔豚とオオカミ』集より

創作メモ
◆5ひきの仔豚と狼の名前と性格
長男ぶた……ブァ太郎・・・のんびり屋・気は優しい・まとめ役
二男ぶた……ブィ次郎・・・めざとい・アイデアマン
三男ぶた……ブゥ三郎・・・理屈っぽい・思慮深い
四男ぶた……ブェ四朗・・・ちょっとあまえんぼ・まけずぎらい
末妹ぶた……ブウ子・・・・しっかりもの、がんばりや 
オオカミ……のうてんき、ばかちから、いつでもポジティブ
         時たま本能が顔を出す(本音は仔豚を食いたい)
         まだ名前がない


 (7)  やまない雨、とけていく とけていく


つぎの日は朝から雨でした。
雨は一日中降り続きました。

おおかみはほおおづえをついて窓から外をながめました。
空をみあげ、そして地面をみおろすと、おうちの外の道は
雨水が細い川になってちょろちょろと3本流れています。
「なるほど、かわって漢字はこれでかわになったんだ」
見事に漢字の川のような形に川がながれていました。


「なかなか風流だね。いいもんだね。
川のせせらぎをきいて一句ひねってみるか。
あー あー
あめあめ ふれふれ
かあさんがぁ・・・むむ?
だめだ だめだ

あめあめ ふれふれ
もおっとふれ あたしのいいひと・・・??
だめだめ もぉーと だめ

あー あー めめめ ぶふぶは

♪ あめふってぇ かわはながれてぇ どこまでいくのぉ
わたしもいっしょに つれてって ♪ ・・・てか?
いまいちだね」


そのときです。 
ぽっ。ちょろちょろちょろちょろ。
壁の下のほうに小さな穴があきそこから雨水が
水道の水のように吹き出しました。
「よっ、かわいいふんすいくん。」
細い噴水がだんだん太くなってきます。
「とっとっと、おいそのくらいでやめとけよ。 
こらっ、ちょうしにのって、とまれ! とまらんか!」
おおかみが右足の人さし指をぎゅっと穴につっこむと
水はぴたっと止まりました。実にものの見事に留まりました。
おおかみは満足そうに微笑みました。


ぽっ。ちょびっ ちょびっ ちょろちょろ じょろじょろじょろ。
今ふさいだ穴の横の方にもうひとつ別の小さな穴があきました。
おおかみは今度は左の足をぐんと伸ばして
左足の中指と人差し指の2本をむんぎゅっと穴に突っ込みました。
こんども水はぴたっと止まりました。


雨はどんどん激しくなってきました。
バケツをひっくり返したような大粒の雨 雨 雨 です。
お家の外の道は道全体がすっかり大きな川のようになって
深さも川幅もぐんぐん増してきました。


ぼっ。じょろじょろじょろじょろ。
また別の場所に穴があき水が噴き出しました。
おおかみはしっぽをぐんととんがらかして
しっぽの先でその穴をふさぎました。
こんどもすぐに水は止まりました。

「でへへへへ。おれさま、うまいもんだね。
ピタリと水をとめられた。」
と喜んでいたらオオカミの顔のまん前の壁にぽっと穴があき
水が噴き出しました。
「わっぷっぷ、ぷふぁー」
おおかみは自分のとんがった鼻先をその穴につっこんで水を止めると
「ふんが ふんが ふんが、よっ。水止め名人!」
と鼻づまりの声で 自分で自分をほめました。


次の瞬間 どばっと壁全体がぐしゃっとやぶけて
おおかみのお家はどろどろどろっと水に溶け出しました。

「わあああ
どう、どう、どうなってんだぁ?」
という叫びと一緒に
おおかみもおおかみの泥のお家も流されました。


「た、た、た、たすけてくれ~~!」
おおかみは声の限りに叫びました。
その声に答えるかのように
一本のロープがぴゅーぅうっと飛んできました。
                         
                                                  
                ~つづく~


[PR]
# by 09donpo11 | 2014-05-07 00:16 | ばぶさん童話 | Comments(0)

(3/5回) 第2話 5ひきの仔豚と狼の 『お家づくり』

ばぶさん童話  新シリーズ『5匹の仔豚とオオカミ』集より


創作メモ
◆5ひきの仔豚と狼の名前と性格
長男ぶた……ブァ太郎・・・のんびり屋・気は優しい・まとめ役
二男ぶた……ブィ次郎・・・めざとい・アイデアマン
三男ぶた……ブゥ三郎・・・理屈っぽい・思慮深い
四男ぶた……ブェ四朗・・・ちょっとあまえんぼ・まけずぎらい
末妹ぶた……ブウ子・・・・しっかりもの、がんばりや 
オオカミ……のうてんき、ばかちから、いつでもポジティブ
         時たま本能が顔を出す(本音は仔豚を食いたい)
         まだ名前がない


 (5)  おおかみ 散歩の途中で仔豚ウォチング

毎日おおかみはお気に入りの散歩コースを歩きます。
「一に健康、二に基礎体力。体を鍛えておいしく食べよう」
これが狼の口癖です。

ある日のことおおかみがいつものように森を散歩していると、
仔豚たちが一生懸命何か作っています。
おおかみはお気に入りの木の切り株に腰かけると、
おおきなあくびをひとつして
「あいつらなにやってんだ?」
仔豚たちのようすがあんまり楽しそうなものですから
しばらくぼおっとみていました。

次の日もおおかみはお気に入りの散歩コースを歩きます。
そしてお気に入りの木の切り株に腰かけると
おおきなあくびをひとつして仔豚たちの様子を見ていました。
「なんだかわからないがおもしろそうだな。」

そのまた次の日もおおかみはお気に入りの散歩コースを歩きます。
そしてお気に入りの木の切り株に腰かけると
おおきなあくびをひとつして仔豚たちの様子を見ていました。
「ははん、れんちゅうお家をつくってんだ。
よし、おれもお家つーくろっと。
だって、おもしろそうなんだもん」


 (6)  おおかみ どんなお家をつくろうか

「どんなおうちをつくろっかなぁ」
おおかみは嬉しそうに考えました。
ところが改めて考えてみると解らなくなりました。
おおかみは顔をしかめて考えました。
考えて 考えて 頭が痛くなるほど考えました。 

「こまったぞ。つくるったって、どうすりゃいいんだぁ」
おおかみは今まであれもこれも壊すことばかりしてきましたが、
自分で何か作るなんてことを一度もしたことがなかったからです。

「なにでつくる?どうやってつくる?かんがえろぉ、かんがえろぉ」

腕組みして、怖い顔して考えてみましたが思いつきませんでした。
そこでこんどはへろへろ笑いの顔で、歩きながら考えてみました。 
逆立ちして考えてみました。
でんぐり返しして考えてみました。
ぴょんとジャンプしてくるくるっと3回転して考えてみました。
おおまたこまたに抜き足差し足忍び足して忍法で考えてみました。
得意のでたらめ歌を歌いながらケンケンパして考えてみました。

ちょっとくたびれたので考えるのを休憩にしました。
空にぽっかり浮かんだ雲を見上げながらボケ~と歩きました。
その時足もとがぬるっと滑りました。
昨日雨が降ったので道はどろどろぬかるんでいます。
グチャグチャとぬかるんだ道を
どろぺちゃどろべちゃ歩いていたら突然閃きました。
「うん、これだ。」

おおかみは思いっきり息を吸い込むと
「ふうふうのぷぅううう」
たちまちあしもとの泥は吹き跳んであっというまに
泥のお家が出来上がりました。

拍子のよいことにお日様が急にかぁ~~あ、かっか と照ってきて
泥のお家はからからに干からびてみごとに完成したのです。
「でへへへへぇ。でーきた できた、でーきた できた、
おうちができた。おれっててんさい。」
嬉しくて狼はお家の周りを踊りまわりました。 

                       ~ つづく~


[PR]
# by 09donpo11 | 2014-05-06 06:47 | ばぶさん童話 | Comments(0)

(2/5回) 第2話  5ひきの仔豚と狼の 『お家づくり』 

ばぶさん童話  新シリーズ『5匹の仔豚とオオカミ』集より
 
創作メモ
◆5ひきの仔豚と狼の名前と性格
長男ぶた……ブァ太郎・・・のんびり屋・気は優しい・まとめ役
二男ぶた……ブィ次郎・・・めざとい・アイデアマン
三男ぶた……ブゥ三郎・・・理屈っぽい・思慮深い
四男ぶた……ブェ四朗・・・ちょっとあまえんぼ・まけずぎらい
末妹ぶた……ブウ子・・・・しっかりもの、がんばりや 
オオカミ…… のうてんき、ばかちから、いつでもポジティブ
         時たま本能が顔を出す(本音は仔豚を食いたい)
         まだ名前がない
 
 
 第2話 5ひきの仔豚と狼の『お家づくり』    (2/5回)
 
  (3) しゅらしゅらしゅっしゅ
 
次の日5ひきの仔豚はとっても早起きをしました。
そして張り切って屋根を作ろうとしました。
「だめだぁ、ざいりょうがたりないや。」
とブァ太郎君が言いました。
「きのうはしらとかべをつくるのにみんなつかってしまったから、
やねはできないよ。」
とブゥ三郎君が言いました。
「そうだ、わらをあつめてきてわらのやねをつくろう。」
とブィ次郎君。
「うん、そうしよう。」
 
わんさかわんさかわらはこび
わんさかわんさかわらはこび
うんとこどっこいわらはこび
 
わらわらわらわもわらはこび
わらわらわらわもわらはこび
わっしょいわっしょいわらはこび
 
お家の下まで運んでくると
ひと束ずつ藁を放りあげました。
 
「そらいくよ、ぽい。」
とブェ四朗君が張り切って投げましたが、
ぴゅ~~ん、ぽとり。屋根まで届かないで落ちてきました。
「あららら、だめだめ、もっとちからをいれて、
もっとたかーくなげて」
「こんどはぼくだ。いっくよー。
えい・やぁー・たぁ~あ」
とブァ太郎君が元気いっぱいびゅーん。
わらはお家をおおきく飛び越えてしまいました。
「れれれれ、だめだめ、ちからのいれすぎだよ。」
とブゥ三郎。
「よーっし、こんどこそ。とりゃ~あ」
「ナイス・キャァ~~ッチ。いいちょうし。もういっちょ。」
「ほらいくよ、よいやさのぽーい。」
「こりゃさのっキャァ~アッチ。いいかんじ。」
 
しゅらしゅらしゅっしゅとやねづくり
しゅらしゅらしゅっしゅとやねづくり
 
5ひきの仔豚が沢山の藁を運び上げると
それはそれは立派な藁屋根があっというまにできました。
 
藁屋根と板壁でできた立派なお家が完成しました。
「ちょっときゅうけいしておちゃをのもう」
5ひきの仔豚はほうじ茶を飲みながら
次は何をしようかと相談しました。
 
 (4) ぺたぺたさっさ ぺたぺたさっさ
 
「おうちのそとかべにペンキをぬろう」とブィ次郎君が言いました。
「なにいろにぬろうか」
5ひきの5ひきの仔豚は自分の一番好きな色を言いました。
「あかがいい」とブウ子ちゃん。
「あおがいい」とブェ四朗君。
「きいろとむらさき」とブゥ三郎君。
「ぴんくとちゃいろ」とブィ次郎君。
「ぜったいみどりがいい」とブァ太郎君。
そこでみんなは自分の好きな色のペンキで
一番塗りたい場所に塗りたいだけ塗りました。
 
ぺたぺたさっさとペンキぬり ぺたぺたさっさとペンキぬり
最初は調子よくカラフルに塗れていましたが、
だんだんいろいろな色が隣同士混ざり合って、全部塗りきったときには
何と表現していいか判らないような灰色になってしまいました。
それでも5ひきの仔豚は満足して
「ばんざーい。かんせいだあ」
「ひとやすみしよう」
「つぎはゆかをつくらなくっちゃ。
ゆかのつぎにはなにをつくろうか?」
「ぼくはテーブルをつくる」
「ぼくはいすをつくりたい」
「ぼくはねぇ・・・5段ベット」
「ぼくはすてきな絵をかざれる額縁をつくる」
「じゃあぼくは・・・スプーンとお皿にしよう」
こうして5ひきの仔豚は何日もかけて
お家の中身を作り続けました。
                         ~つづく~

[PR]
# by 09donpo11 | 2014-05-06 00:09 | ばぶさん童話 | Comments(0)