ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
贖いきれない状況を孕んで..
by 09donpo11 at 21:40
「センス・オブ・ワンダー..
by kyao67 at 21:08
日本語は心豊かな実に奥深..
by 09donpo11 at 21:53
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『タッチ』  手のひらから心..
at 2017-04-25 06:31
虔十公園林・考 ⑨ 雨が降っ..
at 2017-04-23 07:08
虔十公園林・考 ⑧虔十さんが..
at 2017-04-22 04:32
第15回ワンコイン朗読会&朗..
at 2017-04-20 22:37
虔十公園林・考 ⑦人としての..
at 2017-04-19 09:12
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

アップしそびれた日記 『今年最初のお話しライブ(1/23)の報告』(2014年01月25日08:53)

お隣の神奈川県のA町の町立N保育園でお話しライブをしてきました。
この日は園の1月のお誕生会ということでその会の締めくくりのコーナーでゲストとして紹介されましたが、この日お集まりは始まってからすでに約40分を経過しています。2歳児を含めて75名の子供たちはややくたびれモードです。

自作の手遊び『5匹の仔豚が狼をやっつけたお話』と、ゴリちゃんとリラちゃんシリーズの中から「初めて書いた手紙」と「ぐわっぐわっゴリちゃん」を語っておしまいにしようかなと思いながら語りました。何故かというと2歳児の体力が持つかなぁと案じられたのです。ところがその2歳児が目をらんらんとしています。
そこでアンコールに『わるぐちケンカ』を読みました。
大人でも子供でも疲労がだいぶん溜まってくると過剰に反応するもので笑いの波状反応はどんどんエスカレートして大笑いも連発、こちらはお話しの中で一番盛り上げたい前にどんどん笑いが来るのでどうしようかと思いましたが最後まで一気に読んでしまいました。

私としては最後にしっとりとお話し会を終わらせたかったのですが、今回はこれはこれとしました。自分でいうのもなんですが、子供たちの状況に応じてその場でいかようにもプログラムを組み替えられるというのは強みです。これも場数『経験』のなせる技でしょう。

会が終了して事務所で園長から得た情報ですが、今年の2歳児はクラス担任がふだんから熱心にいろいろな絵本の読み聞かせをしているのだそうで、なるほど耳が育つ時期によい体験をしてきているのだなぁと合点がいきました。


[PR]
# by 09donpo11 | 2014-03-18 15:31 | ばぶさんのお話しおじさん | Comments(0)

アップしそびれた日記 『自転車を買い換えました。』(2014年02月07日22:10)

今日まで乗っていたこの自転車は兄の遺品でした。

兄は通勤の足に最寄りのJR駅までの往復に乗っていましたが平成10年12月のある土曜日、通勤途中の車内で心筋梗塞となり吐物が軌道をふさぎ窒息死しました。

彼は私と違いスポーツマンで健康食品の摂取などにもかなり気を使っていました。
けれども、思わぬ突然死で所有者が帰らぬ人となったためにこの自転車は自転車置き場に放置され続けやがて市の係の方が保管所へと移しました。

市の自転車保管所で盗難自転車のチェックをしていた警察官が防犯登録のナンバーから所有者を特定し、実家に連絡がはいり、私が兄の代わりにこの自転車を引き取りに行きました。その後数年して私がこの自転車を受け継ぎ15年ほど愛用していました。

兄がこの自転車を購入してから推定35~37年乗り継いできた自転車です。
昨日までよくまあ頑張ってくれました。きっと兄も喜んでくれていることでしょう。

あちこちガタが来て部品交換などもこの15年の間に3~4回して乗り継いできました。
けれども今度ばかりは、さすがに部分的な修理交換では収まらないくらい全体的にがたつきが顕著になりました。

行きつけの自転車屋さんに症状を点検していただき修理の見積もりをざっくりしてもらったところ部品交換の必要のある個所が数か所あり、その部分を交換したのちにも新たに交換等の必要な個所が出てくる可能性が高いとのこと。
前回の修理代や前々回の修理代を累積計算すると新車が一台買えそうなくらいの額となりました。
そこで今日シティサイクル(実用車)に思い切って買い換えました。兄の遺品の自転車ともお別れすることになり私はサドルをさすりながら沢山の感謝を述べて自転車屋さんに処分をお願いしました。

[PR]
# by 09donpo11 | 2014-03-18 15:28 | 人生を共にしている生活道具 | Comments(0)

アップしそびれた日記 『永眠する前に安眠を』(2014年02月01日10:37)

今年に入って早一か月がたちました。
新年を迎えたとき新たに考え方を整理したことがあります。

私は40代から特に50代にかけて、寝る間も惜しんで仕事してきました。睡眠を軽んじていました。いわば慢性的な睡眠不足から派生していたであろう諸症状に対して鈍感でした。その生き方(生活態度)への反省がそれです。

昨年秋に還暦を迎え60代に入り、加齢現象と共に記憶力も集中力も体力も回復力も今までとは違った手ごたえ(身体の変化)を年末年始にかけて感じだしていました。

50代よりももっと60代を楽しんで暮らしたいと思っていましたから根本的なところから修正すべきは何か?それは『睡眠』だと確信しました。試みはまだ緒に就いたばかりですから何ら成果らしいものの手ごたえを実感するにまで至ってはいませんがこんな心持の今日この頃です。
[PR]
# by 09donpo11 | 2014-03-18 15:24 | 華麗なる加齢ライフ | Comments(0)

アップしそびれた日記 シリーズ ものづくり志願 第3部・・・加工の心映え その1 (2014/1/13)

今回から時折工房日誌のようなエッセイを断続的に綴っていきます。
ちょっと表現が解りにくい文章となりますので、興味のない方はどうぞスルーしてください。
専門性を極めることはいわば地中深く穴を掘るような行為でもあります。深く掘れば掘るほど周囲は見えなくなります。こうしたリスクを自覚しつつ、今まで創作してきたデザインを洗いなおしていきたい心境が色濃くなっているこの頃です。

◆加工の心映え ―――ルーズなデザインをタイトに加工する

「工房ばぶ」を開設し23年。この間、主に無垢の一枚板の類と榀合板(準両面・12ミリ厚)を扱って作品造りをしてきました。
その23年間でおおきく質の変わってきた素材の一つが合板(榀合板)です。
20年前の榀合板を知る者にとっては現在流通している榀合板は格段に質が落ちました。
品質の変化によって加工はしやすくなりましたが、材が柔くなって作品の耐久性が落ちました。
或いはかつてのものよりも材質が数段堅くなって加工しづらくなったものの、それでいて材質は意外と粘りがなくてもろく欠けやすいものになりました。
けれども致し方のない世界状況ですから、現在入手できる板を使い続けるしかありません。

そこでこれをカバーしクオリティーを維持するために
① 切削性能の高いブレード(電動糸鋸の鋸刃)の入手と
② オペレ-ターの加工精度の向上
が求められるようになりました。
しかしながらオペレ-ターは還暦を迎え、視力も体力も集中時間の持続力も加齢現象で弱まりつつあります。
しかも左目は数年前に眼底出血をしたために視力が大幅にダウンしました。
実質的には片眼で見て加工しているにかなり近い状態です。

話題はちょっと変わりますが、点「A」と点「B」の2点間を結ぶ最短距離を『直線』といいます。それ以外のものは『曲線』です。私の作品のあらかたは『曲線』で構成されています。デザインの中の直線をルーズに、ルーズに程よくアレンジしていくと得も言われぬ曲線美が生まれます。
電動糸鋸という機械は私にとっては極めて実にありがたいことに曲線を流暢に切削するために開発された電動工具です。


弱音を吐いたり言い訳を並べ立てても先に進めません。扱っている材質の低下はルーズなデザインをルーズに加工していたのでは埒が明かなくなったからです。

そこでルーズな曲線の一つ一つを絞り込んで各2点間の曲線に根拠と必然性を持たせる必要が生まれました。
ルーズなデザインをルーズに加工している限りにおいては決して見えてこない世界との出会いの対面歴の始まりです。ルーズなデザインをタイトに加工してしかももともとのルーズな風合いを残すという修行のような製作を面白がっている今日この頃です。

[PR]
# by 09donpo11 | 2014-03-18 15:20 | ものづくりのあれこれ | Comments(0)

アップしそびれた日記 『還暦』に入って加齢を楽しむ心持のスタートラインを見つけました。(2014・3・18:44’)

①  劣化と熟成

最近は殊にお友達との手紙の文面に『(お互い)健康に留意してご自愛ください』などといった類の言葉を添えたやり取りをします。さて、『健康に留意しての自愛』って具体的にどんなことに努めたものだろうかと思いを巡らして、この半年の暮らしぶりがどうだったかちょっと整理してみます。どうやら加齢とどう付き合っていくかという精神の置き所、立ち位置のありように尽きそうです。
50代の時よりも体力や疲労の回復力や精神力の集中時間の劣化をじわじわと体感しています。『仕方のないこと』だから嘆かない、ため息をつかない、体はうそをつかないのだから正直にその事実と向かい合おう、なるべく言い訳を用意するのを止そうと腹をくくることにしました。どうやらここにスタートラインを設定するのがいい塩梅のようです。

60代に突入して半年近くになります。今までなんでもなかったような場面やタイミングで実にありとあらゆるドジをするのでございます。自らのそのドジさ加減を面白がって笑ってしまいます。ありとあらゆるドジですからまだまだ未体験ゾーンが膨大に待っているということです。わくわくします。時には用意周到に慎重にドジることもあり、こうなるともうその滑稽さを笑うしかないのでございます。備えあっても憂い有りなのでございます。たいていは確認が甘かったり確認を忘れたりセッティングした『つもり』が的を射ていなかったというケースが圧倒的に多いです。それと、何でもないようなところでよろけたり躓いたりします。また、ささやかな漏えい事件(事態)も何度かありました。締まり具合が緩くなっているのでしょうか、排尿の段取り直前に微妙にちびったり、放屁のつもりが微妙に固形物も同時にちょちょびったり、こんなトホホな緊急事態発生の経験を何度かするとトイレへの道中では経験智から呪文を唱えるようになります。「フンニョウブクロ、フンニョウブクロ、オマエノ身体はフンニョウブクロ」「出口の戸締り厳重に」…とある種の緊張感をわが身に喚起しつつ用を足しに行くのです。以来そそうは今のところ発生件数0になりました。

加齢は「劣化」でもあるのですが、同時に「熟成」でもあります。熟成という変化は熟成を止めると腐敗になります。熟成には志が大事だと思います。
熟成は手間暇のかかるものですから焦らずじっくり一つ一つを丁寧に暮らしていきたいと思います。
『焦らず』という態度が結果的に功を奏するという場面に遭遇したことがあります。かれこれ3年くらい前ですから私が57歳ころでした。
ある日あるコンビニストアーで見た光景ですが、あれは多分お昼時の直前といったタイミングだったのだろうと思います。店内で買い物をしたお客さんがレジの前に集中しました。レジは2台あり、一つは若い女性パート店員(多分30歳前後位)のレジで、もう一つは年配の女性パート店員(多分60歳ちょいすぎ位)です。買い物が済んで会計をするために二つのレジの前に客が列をなしました。若い店員は笑顔を絶やさず、きびきびと対応し体のキレも実にシャープです。年配の店員の方は極めてマイペースで実に淡々とレジをこなしています。お客はさっさとお会計を済ましたい想いからなのでしょうか若い店員のレジの側の列がだんだん長くなりました。若い店員は待たせているお客の列が膨らんできていることに気が付くとやや焦りだしたのか、レジのキーボードのタイピングにミスタッチをして打ち直したりや、レジ袋に入れる時に動作がつっかえたりしてきました。一方年配の店員の方は列が短くなっても長くなってきても一向にマイペースのテンポが崩れません。
結果的に年配店員のレジの会計のほうがスムーズに流れていると気づいたお客のうちの何人かは途中から列を並び替えました。二つのレジのお客の列の会計はほぼ同時に終了しました。その時のことを時々思い出します。この時ある種の熟成を見たような気がしました。


[PR]
# by 09donpo11 | 2014-03-18 14:53 | 華麗なる加齢ライフ | Comments(0)