ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
嫌いなもの、嫌いなことが..
by 09donpo11 at 20:38
こんばんは。 私も年々..
by souichinoyume at 00:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ぼちぼち生きましょう
at 2017-11-16 06:01
無理の理 & 有理の理
at 2017-11-15 07:42
無理の理
at 2017-11-13 21:02
退院して22日が経ちました。..
at 2017-11-12 08:01
第18回 朗読会 ばぶの会の..
at 2017-10-31 19:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

タグ:朗読会 ( 8 ) タグの人気記事

第15回ワンコイン朗読会&朗読広場 ~報告~  

昨日5/20予定通り無事開催できました。発表の他に新たな提案もありました。

今回はご常連の参加者が5人他の用事等とのブッキングで欠席でした。

けれども、一方、初参加の方が4人ほどありました。

朗読&語り作品並びに絵本の読み聞かせは以下の通りでした。

①白い門のある家 (小川未明・作)

②だるまさんが (かがくいひろし・作)

③東の果て天のかなた (中国の民話)

④嘘をつくのが上手な男&嘘を言わなくなった男の話 (日本民話2)

⑤虔十公園林 (宮沢賢治・作)

~主催者ばぶの感想~

今回は『宮沢賢治・作虔十公園林』を読みました。この作品は自分としては5年ぶりの再演でした。

作品の冒頭「虔十はいつも縄の帯を締めて…」とありますが、5年前はここの部分は単に字面を読むだけの読み飛ばし()状態の朗読でした。が、今回はこの作品を何度も読み込んでいく中で自問自答していましたら「なぜ『縄の帯』だったのだろう?」という疑問にぶつかりました。

自分流の独自の解釈ですが、

『縄の帯』は虔十さんにとって少なくとも特別な付加価値のある縄だったのではないか?

例えばある日虔十のお父さんかお兄さんが縄を綯(な)っているところに出合います。

手のひらからわら束が『縄』になって新たに生まれ出てくる瞬間に出合った虔十さんは大きな感動と沢山の不思議を感じ、『自分もやってみたい(作ってみたい)』と縄の綯い方を教わった。

そして初めて自力で綯って完成することのできた愛着のある『縄』を自分の腰に巻き付けて帯にしていた…。

今風の子どもの言葉で浚ってみると「じゃ~~ん、スーパーヒーローのベルトだじょ」といった調子だったのではないでしょうか。虔十さんの得意満面の晴れがましい笑顔が浮かんできます。

虔十という人のキャラと彼の生活ぶりがこの「縄」からたくさん連想できました。

一方この日聴きに来てくださった方から後日メールで虔十が腰につけている「縄ですが・・

『仏教的にいえば、「因縁」ではないでしょうか。先祖から伝わってきた、聖なる意思と考えると、

ドラマチックですねー』という視点をいただきました。作者の宮沢賢治さんがどのような思いを込めて虔十の「縄の帯」について綴られていたのか益々興味が深くなりました。

~これまでの朗読会を通じて新たな提案~新たなムーブメント~

「この朗読会を通じて出会った人たちで水上勉・作の『ブンナよ木から降りてこい』を45人で群読してみてはいかがでしょう。」という提案がありました。面白そうな企画なので第17回ワンコイン朗読会&朗読広場(9/30土)のメイン作品として具体化しましょうということになりました。是非この企画に参加したいという方は名乗りを上げてくださいね。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-05-21 10:35 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

朗読会のご案内



第13回「ワンコイン朗読会&朗読広場」を1月28日(土)14:00から開催します。
会場はいつもの押立カフェ(稲城市押立945-9)です。
私はジャン・ジオノ作  寺岡 襄 (翻訳) 『木を植えた男』を読みます。
ウキペディアで調べましたらこの作品が世に発表されたのが1953年とありました。
自分の生まれた年に発表されたのかと思ったら さらにまた親近感を覚えました。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-01-19 06:27 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

第12回ワンコイン朗読会&朗読広場無事終わる


今年最後の朗読会も無事終了しました。

ありがとうございました。心からお礼申し上げます。

今回のラインナップは

◆朗読広場の部では

・ごんぎつね(新美南吉・作)

・いやいやえん(中川りえ子・作)

・宮城県の民話の語り

・あめだま(新美南吉・作)

~休憩~

アカペラの歌唱

◆ワンコイン朗読会の部

・高瀬舟(森鴎外・作)

聴いてくださる方がご来場して初めて成り立つ朗読会です。

11月という月はいろいろな団体やサークルで行事や催し物が集中する月のようでご常連の数名が残念ながらそれらとバッティングしてご参加いただけませんでした。

一つのことを継続し続けられることの有難さ難しさを実感できた12回でした。

ちなみに第13回は来年1月の28()

同じ会場の稲城市の『押立カフェ』(稲城市押立945-9)でにて

13時30分開場 1400分時開演で行います。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-11-26 18:56 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(1)

第12回 ワンコイン朗読会&朗読広場を開催します  

1126() 13:30開場 14:00開演~15:40

会場 押立カフェ 稲城市押立945-9  

JR南武線矢野口下車徒歩9)

~ワンコインの部~

森鴎外・作 『高瀬舟 約35分』 (ばぶさん)

~朗読広場の部~

参加者による朗読発表

・きつねのあんもちや(民話) ・いやいやえん ・その他

◆ワンコイン朗読会&朗読広場は

6回(1357911月の最終土曜日の午後)開催しています。

今年最後の朗読会です。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-11-01 06:19 | Comments(0)

第11回ワンコイン朗読会&朗読広場を開催します。


いよいよ明後日924()午後2時から第11回ワンコイン朗読会&朗読広場を開催します。

会場はいつもの稲城・押立カフェです。

今回は、さねとうあきら・作『おこんじょうるり』を朗読します。

私にとってこのおこんじょうるちという作品は、朗読していて大変気持ちの入る素晴らしい作品ですから、朗読会当日は気持ちが入りすぎないように留意して読み切りたいと思っています。

思えばこの作品と初めて出会ったのは今から37年前、岡本忠成というアニメーターの制作したドロ人形アニメの同名の作品の上映会でした。

月日が経って加齢によって自分の年齢が進むと、同じ作品でもその作品世界から伝わって来る響き方や見えてくる世界観が違ってくるものです。

37年前の私にとっては『おこん』というキツネの側から見えていた世界でしたが、現在63歳になった私にとっては「イタコのばば」の視点や心持などからこの作品が訴えてくる世界を感じています。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-09-22 22:40 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

朗読劇「車の色は空の色より」の朗読会でのエピソードと裏話


劇団車輪のわく-Rim-の朗読会で、朗読劇「車の色は空の色より」前半と後半の間の休憩を挟んで、後半の始まりに『手あそび』を担当しました。

どんな手あそびをするのかは舞台に出て当日の客席の老若男女&おとな・こどもの顔ぶれや人数比率を見て即座に内容を決めます。

あらかじめ候補の手あそびをいくつか心に準備していますが、この日は最前列にたぶん幼稚園の年長さんと思しき連中が数名陣取っていて見事にかまびすしい。

こちらが一言投げかければ同時に、二つ三つの反応が来ます。問いかけへの即答であったり、イメージの飛躍した言葉だったり、無関係の茶々やらetc…。

この手のお客はやりにくいと思っちゃうと実にやりにくいとも言えますが、その一方で演者のほうはすごく闘志が搔き立たれます。

私が36年前に創作した『つくしんぼ(実は私が作者です)という手あそび』をしました。まずは導入部を紹介し基本形を一つ披露します。嬉しそうに模倣しすぐ乗ってくる子と、「ちゃちゃいれ」で混ぜ返せる快挙に思いを馳せて熱を入れつつ反応する子と、その反応は33様ならぬ55様。それを丸ごと全部受け止めコマセを播きつつ手あそびのバリエーションを重ねて彩を深めます。一本指のつくしんぼ表現からちょき、さらにぱーとつくしんぼの数をにぎやかにしていきます。ヒートアップとともにこちらの意図する方向の手あそびへといざないます。

手あそびの展開の先を予測して先取りコメントをする子には、『君は素晴らしい(あたまがいい)!』と聡明さに熱烈拍手をします。自分が認められたと実感するとたいていそのあとは従順です。…が、この日は火に油を注いだような最前列の反応です。

もうこうなると極め付きの奥の手を出します。『それじゃあああ、今度は、すんごいのやるよぉ~。(…タメを作って…)に・ん・げ・ん・つくしんぼ!』

格闘技に例えていえば必殺技です。

肝心の後半の朗読劇への導入的なひと時にはできませんでした。

まだまだ修行が足りません、ちょっと反省です。


[PR]
by 09donpo11 | 2016-02-28 10:43 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(1)

『ひねもす朗読会』という朗読会

今度の土曜日(2/13) 第27回ひねもす朗読会という朗読会があります。

私も朗読参加します。会が始まって7年目になります。

今回私は『川村隆・作 サーカスのライオン(11)』を読みます。

会の発端はSNS上で「朗読」に関心や興味のある人たち、朗読を自分で読んだり聴いたりなどして楽しんでいる人たちがコミュに参加してそこから生まれた朗読会なのです。

私にとってはこのひねもす朗読会は大変刺激的なひと時なのです。

個々人が選び取ってくる朗読作品の解釈や読み方も朗読をする人一人の個性が映えて活き活きと瑞々しいからです。

また、自分ひとりのアンテナでは引っかかってこない作品との出会い、『いいお話だなぁ、ぜひ自分でも読んでみたい』と強く恋い焦がれるような作品との出会いがあるからです。

参加するメンバーから作品を紹介してもらえるのも魅力です。

『川村たかし・作 サーカスのライオン』もその一つです。

朗読を通じて『朗読仲間という新たな出会』いが広がっていくのも魅力です。

ひねもす朗読会は3ヶ月に1度東京都江東区常盤の『そら庵』で行っている朗読会でしたが、会場のお店の都合によってここでの開催は25回目で終了しました。

26回からは会場を深川資料館通り商店街事務局2F(最寄り駅清澄白河駅) に移しました。

 

*ひねもす朗読会は勉強会、練習会、実験の場です。公演・発表会とは性格を異にします。

希望により、感想を言い合ったりアドバイスし合ったりもあります。

基本的には、十人十色のさまざまな表現を楽しみ認め合う会です。 

お客さんは呼んでも構わない。(読み手はひねもす朗読会コミュメンバーであることが必須。お客さんはどなたでもOK


[PR]
by 09donpo11 | 2016-02-11 08:45 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

今年2作品目の客演です。

今年2作品目の客演です。

劇団車輪のわく~Rim~主催
ろうどくかい声と心の空間

日時 2月27日(土) 13時開場 13時30分開演  入場無料

場所  幸手南公民館にて

あまんきみこ作  本「車のいろは空のいろ」シリーズより

運転手松井さんの 不思議な世界をお届けいたします。


出演

高岩靖典
いなむらひさえ
いしざこひろこ
いしざこゆうな
坂下かの
どんぽのばぶ
上田みつ子

こちらの劇団への客演は今回が4回目です。

最寄り駅
東武日光線「杉戸高野台駅」下車徒歩15分
東武日光線「幸手駅」下車徒歩15分

[PR]
by 09donpo11 | 2016-02-08 21:39 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)