人気ブログランキング |

ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
職業訓練校のスケッチ
介護の仕事
介護あれこれ
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
今朝は6時くらいから晴れ..
by 09donpo11 at 18:33
100回目標の四分の一を..
by 09donpo11 at 05:35
自分なりにできる支援活動..
by 09donpo11 at 12:25
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
どこに向かってどのように進むのか
at 2019-09-15 21:50
宮沢賢治・作「土神とキツネ」..
at 2019-09-15 00:38
第30回朗読会ばぶの会 (告..
at 2019-09-13 21:35
メモリアルな誕生日
at 2019-09-12 13:12
薮下のよんちゃんの孫(祖父の..
at 2019-09-07 19:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

どこに向かってどのように進むのか

どこに向かってどのように進むのか

私は9/1166歳になりました。母は先月8/11に92歳1か月で永眠しました。

着実に「高齢者」のゾーンから「後期高齢者」のゾーンへとスライドしつつある私です。

さてそこで、自分の立ち位置について思いを馳せてみます。

「長寿と健康の国づくり」を頑張って目指した私たちの国ニッポンです。

「長寿」は見事に短時間のペースで達成できて「超高齢化社会」は達成できました。

一方「高齢者の健康の維持」という意味では多くの問題点が露出してしまいました。

自分がこんなに長生きするとは思ってもみなかったという世代を多く含みます。

デイサービスセンターの介護のスタッフとして就職し、
めでたく半年が過ぎ7カ月目に入ろうとしています。
なかなか覚えがスムーズでない高齢者の職員の私を受け入れた為、

受け入れてくれた職場の先輩方や同僚の方々には多大な御苦労を強いています。
有難いことです。それにつけても皆様方の「忍耐強さ」には敬服の限りを表します。
いずれこのご恩は私に続く高齢者の職員が就職してきた時に恩返ししていきたい
と思っています。

さて超高齢化社会の日本です。自分自身の10年後20年後に思いを馳せてみます。

とりあえず自分もその時まで生き続けているであろうと想定します。

現役の後期高齢者のご利用者様の介護を仕事としてかかわっていますと、
実にいろいろなタイプの「後期高齢者」の皆様が居られます。

その意味では、こんな風な後期高齢者になりたいとまったく憧れを抱くような
見事な生き方の方もあれば、あんなふうな後期高齢者にはできればなりたくはないもんだと
反面教師的な言動をなさる高齢者もあります。

さて自分はどうでしょう。

高齢者や壮年や青年や少年たちが
『お年寄りってかっこいい』『あんなふうなおじいさんに自分もなりたい』
というような憧れの対象になれるような齢の重ね方をしていきたいと思うようになりました。
それは自分たちの未来に対しての一つの希望です。

老化は『劣化』であり『喪失体験』でありますが、
その一方で「人としての『熟成』」という獲得体験のゾーンなのです。
これを私も実証をしていきたいと思うようになりました。

そのことが若い世代にとって「老化」を否定的な一面としてのみ捉えたり
忌み嫌ったりする対象にせず、むしろ『老化は憧れ』の対象としてイメージできたなら、
未来に対して多少なりとも明るい希望を抱ける日々となるのでは…と思います。

だって「明日(あした)」は「あかるいひ」とかくのですから、
その明るい日に対して自分なりに多少なりとも責任を創造していきたいと思います。

 


# by 09donpo11 | 2019-09-15 21:50 | 華麗なる加齢ライフ | Comments(0)

宮沢賢治・作「土神とキツネ」考 その1 ~嘘をつく心持ち~

「土神とキツネ」考 その1 ~嘘をつく心持ち~


恋する人に自分を伝え、認めてもらいたいという欲求は誰にだって多かれ少なかれあるものです。
相手の関心を自分のほうに引き寄せたいと望むが故に「エーカッコウシイ」の嘘をつきます。

生来の性格というのはまわりの他者とのかかわりの中で「良い面」と、あるいは「良くない面」として反映されます。
土神にしてもきつねにしても、それぞれ良いキャラクターを持っているのに、その良さをうまく発揮できないばかりか、
発揮しようとすると自分の発する言葉の嘘によって現実は微妙に歪んでいきます。

二人に共通して言えるのは『自分自身をとことん信じきれない』という点です。

信じきれない面を自覚あるいは予見するが故に、そこを埋め合わせしようとして結果的に「嘘」をついてしまいます。
嘘には無理がありますから露見すると倍になって矛盾点が爆発します。

皆それぞれによい面を持っているのですからその一方の自分の弱さや不足している面をそのままに認めてしまえば
全く異なる新たなるストーリーの展開があるのですが、
認めきれなかったところから「土神とキツネ」のお話が展開されていきます。


# by 09donpo11 | 2019-09-15 00:38 | Comments(0)

第30回朗読会ばぶの会 (告知)

第30回朗読会ばぶの会 (告知)




11月24日(日曜日)  会場:和光大学ポプリホール鶴川リハーサル室                                    
第30回朗読会ばぶの会  参加費 ¥500※要予約

◆第1部◆ 子供のための朗読会  13:30開場 13:45~14:45開演
・のはらうたより (作・工藤直子)                森田さつき 9分
・だってだってのおばあさん(作・佐野洋子)          楠麻美子11分
・ソメコとオニ(作・斎藤隆介)                  村松美里 10分
・ばぶさん童話より(作・曵田原 宏)              曵田宏12分

          ~☆~全席入れ替え~☆~

◆◆第2部◆◆ 大人のための朗読会  15:00~16:45
・きつねのでんわボックス(作・戸田和代)               庄野博子11分
・陰翳礼讃(いんえいらいさん)より、漆器(作・谷崎潤一郎)      木村博子16分
・啖呵売(作・沢村貞子)                       小脇貞子9分
・転生(作・志賀直哉)                        望月アツコ14分
・なめとこ山の熊(作・宮沢賢治)                   曵田宏34分

☆次回第31回朗読会ばぶの会 2020/1/26(日曜日) エクササイズルーム
☆次次回第32回朗読会ばぶの会2020/3/22(日曜日) リハーサル室
☆次次次回第33回朗読会ばぶの会2020・5月(日曜日)未定
連絡先 080 5052 5354(ひきだ)
# by 09donpo11 | 2019-09-13 21:35 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

メモリアルな誕生日

メモリアルな誕生日

昨日夕方から「終夜睡眠ポリグラフ検査」をうけました。

睡眠時無呼吸症候群のデータを取るための検査です。

バイト先の健康診断の検査を受け、引っかかった項目について細かい検査を受け、

さらに細かい検査を受けることになった…というのが経緯です。

身体の脚、胸、指先、首、口の両脇、鼻、頬、顎、後頭部などあちこちにセンサーの

コードを貼り付け、その数18本。凄いいでたちです。

センサーがずれたり外れたりしないようにネットを頭部(顔面)にかぶり、

まるで覆面レスラーになったみたいです。

21時から翌朝7時まで、データをとられました。

データの解析結果が出るのは約1か月後。

こうして私の66歳が始まりました。


# by 09donpo11 | 2019-09-12 13:12 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

薮下のよんちゃんの孫(祖父の戸籍を訊ねて南へ北へ)

薮下のよんちゃんの孫(祖父の戸籍を訊ねて南へ北へ)

母は2019811920分自宅のベッドで永眠いたしました。

921か月の生涯でした。

49日法要の前までに祖父岩本米蔵のことを調べてみようと行動を起こしました。

なぜなら母は父親っ子でお父さん(祖父)が大好きだった少女です。

母の言葉を借りれば「薮下のよんちゃん」と近所の人から慕われていた人柄です。

「私の祖父のことを調べています」母の出生地のI市役所の戸籍係を訪ねました。

その為には『母の戸籍の写しが必要』ですと係の人からいわれ、

せっかくバスを乗り継いでここまで来たけれど一路南へ。

止む無く隣りのH市役所の戸籍係を訪ねました。

『本籍地は何番ですか?』と問われたものの定かにはわかりません。

私自身でさえ来週には66歳になります。ちょっと昔のことは辿りきれません。

記憶の断片を頼りに半ばあてずっぽうに申請書を書きました。

ここがスムーズにいかず係の人も検索しきれぬと見えてとても長い時間待たされました。

因みに母は先月811日に他界していますし、父は39年に鬼籍に入っています。

ようやく母の戸籍をプリントアウトしてもらい、時間が押しているので

H市役所からI市役所まではタクシーを飛ばし一路北へと戻ります。

なんとしても今日中に祖父の戸籍を手に入れたいのです。

役所の閉館時間ギリギリに入手できました。

1956(昭和31)317日祖父は7810か月の生涯を閉じています。

ばぶが生後26カ月の時でしたから私に祖父の記憶がないのは致し方ないでしょう。 

祖父は曾祖父初太郎の3男として

1877(明治10) 4人兄妹の3番目として生まれています。(曾祖父43歳の年。)

因みに曾祖父初太郎は1834(天保6)3月生まれ。  

1891(明治24)108日、祖父が14歳の年に弥八氏の養子となりました。

この当時は跡取りとの関係で養子・養父縁組の関係も多かったそうです。

1914(大正3) 37歳の祖父は14歳年下の祖母と結婚しています。

祖父にしてみれば晩婚だったろうと思います。

祖母と14歳離れていたわけですから夫婦喧嘩もめったになかっただろうなぁと思います。

私の母チヨさんは1927(昭和2)祖父50歳祖母36歳の時に、

9人兄弟の6番目に5女として生まれています。

私の母は23歳で結婚していますから、その時祖父は73歳、祖母は59歳だったのですね。

年代を頼りに、自分自身の年齢も重ね合わせ想像力で、祖父や母の人生や暮らしに

思いは馳せていきます。


# by 09donpo11 | 2019-09-07 19:30 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)