ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
砂浜で朗読の朝練
at 2018-09-20 22:21
せっかく失業できたのだから
at 2018-09-19 09:03
新たにここを朗読の稽古場にしよう
at 2018-09-17 13:59
顔は防ぎようがありません
at 2018-09-16 09:18
ブロー&バキューム顛末記
at 2018-09-15 15:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

2018年 02月 01日 ( 1 )

モチモチの木・考 その2  実年齢のリアリティーを大事にした朗読をしてみたい

作者の斎藤隆介さんは68歳で亡くなられています。このモチモチの木は54歳の時の作品。

作者に「何故じさまの年齢を64歳という設定にされたのですか?」とその意図をお尋ねしたくても故人ですからそれはかないません。けれども孫の豆太を5歳とした為にじさまの年齢をあいまいにぼやかしたくはなかったのだろうと推察します。年齢不詳のじさまという書き方も可能ですが、具体的に年齢をくっきりと示してくれている作者の思いを私なりに読み解いてみたいです。

モチモチの木に出てくるじさまは64歳という設定です。私も今年の910日までは64歳です。

私は長いこと乳幼児の保育に直接&間接にかかわってきていますので5歳の子どものことも実際にイメージできます。

幼稚園でいうところの年中クラスの子ども達です。

同じ5歳の子どもでもいろいろな子どもがいます。

気の強い子、気の弱い子、甘えん坊の子ども、小さな変化にも敏感な子どももいれば、些細なことにとらわれないで泰然としている子ども。

一人一人それぞれ違っていますがみんなそれぞれ可愛いです。みんな違ってみんないいです。

ですから、ありのままのその子その子がそれぞれに育っていく姿を見守っていきたいと思っています。「這えば立て、立てば歩めの親心」親心には子どもが次の一歩を踏み出すかもしれないドラマへの期待の遊び心が大事です。

甘えん坊な子供は甘えながら(大人に依存しながら)自律の力を蓄えていきます。

臆病な子が感じ取る世界は彼の世界として受け止め、否定せずそこからのスタートを考えてみます。とかく大人の論理や価値観で一方的に子どもに何事かを教え込もうと焦ったりイライラしたりせず、彼の現在を丸ごとの処で共感していく態度こそが大事です。

「もう、まったく・・・あなたは何べん同じことを言われたら分かるの?」とヒステリックにならず、だったら発想を変えて言い方を変えてみればいいだけのことです。個別その子に伝わるような伝え方を探す態度(想像力)が大事です。これこそが保育の醍醐味です。駄々っ子はより良い伝え方を探させてくれる先生です。こうした態度から出てくる包容力がじさまの子育ての姿の中に滲んでいます。

(前略) じさまが、しゃがんだ膝の中に豆太を抱えて、

「ああ、いい夜だ。

星に手が届きそうだ。

奥山じゃぁ、鹿や熊めらが、ハナぢょうちん出して、寝ッこけてやがるべ、

それ、シィーッ」 (後略)

じさまはどんな思いを描きながら豆太のションベンに付き合っていることでしょう。興味深いです。

この間You Tube等で聴ける『モチモチの木』の朗読を片端から聴き漁っています。

そして面白いことに大半の朗読者に共通した特徴が見えてきました。

大抵の朗読者が64歳のじさまの人物描写を実年齢以上のかかなりの高齢者として表現しています。また5歳の豆太のことももっと年令の低い子どもとして表現しています。

何故このような表現の朗読になってしまうのかという理由はいろいろあるでしょう。

が、ともかくこのあたりの共通項がはっきりして来るにつけ、このような朗読とは一味違う朗読の可能性を探ってみます。

実年齢のリアリティーを大事にした朗読がしてみたいという欲求が増してきました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-02-01 06:06 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)