人気ブログランキング |

ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
職業訓練校のスケッチ
介護の仕事
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
今朝は6時くらいから晴れ..
by 09donpo11 at 18:33
100回目標の四分の一を..
by 09donpo11 at 05:35
自分なりにできる支援活動..
by 09donpo11 at 12:25
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
恋の季節?里山の小鳥も
at 2019-05-26 00:29
健康診断、バリウムのリベンジ
at 2019-05-22 22:21
今年(2019年)の年明けか..
at 2019-05-19 11:10
第27回朗読会ばぶの会  (..
at 2019-05-18 22:16
今日抜糸できました
at 2019-05-05 11:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:震災支援活動( 4 )

とっくべつの春休み

とっくべつの春休み

4/1年度が新しくなりました。

3月末ぽかぽか陽気でこのまま暖かな春になるのか・・・と思っていたら

朝晩冷え込む日が数日続きましたね。

冷え込みは放射冷却も影響しているのでしょう。

ラジオ体操をしていて見上げた空の青さに感動しました。

見渡す限り雲一つない朝の空の青さが目に染みるほどです。

殊に4/1の空は雲一つない晴れ渡った青空でしたよ。きれいでした。

こんなにきれいな青空を届けてくれるのなら冷え込みの嘆きは「チャラ」にしましょう。

4/1()ハローワークに行き面接試験を受けた事業所さんから

一昨日(土曜日)就職の内定の知らせがあったことを私の就職相談担当者に報告し、

当面の動きの段取りを確認しました。

16日から勤務なので2週間の春休みです。

はるやすみ、はるやすみ、とっくべつのはるやすみです。

社会人になって勤労夜学生でしたからこんな春休みは初体験です。わっくわくです。

就職祝いのご褒美のつもりで久々に顔見知りのお蕎麦屋さんで天ざるを食べました。

会計をするときにカウンターに何気に置いてあったパンフレットが目に留まりました。

「御蔵島」の観光案内が2種類です。

こちらのお店の娘さんが御蔵島でお仕事をされているとのことでした。

とっくべつのはるやすみだもの「御蔵島」を観光するっていう計画もありでしょう。

早速パンフレットをもとにアクセスや宿泊の予約などざっくり問い合わせてみました。

ところが、『毎年四月のこの時期は天候が不安定で条件が良くない…』
という宿の方の説明でした。
いずれまた計画を練るということで断念。

さて、とっくべつのはるやすみ、何かをしたい何をしようか?

『石巻』というキーワードが思いつきました。Eさんにあいたい。

早速、彼に電話で近々のスケジュールを伺いました。すると

「今週末(4/67)に『フェニックス救援隊』の方と一緒に女川で植樹と
草刈のボランティアをするのです」との返事。

「もしもご迷惑でなかったら私も仲間に入れてください」で話がまとまりました。

一昨年脳卒中(脳内出血)をしているので単独での運転はどんなものだろうかと危ぶまれました。

「ばぶさん、無理はしないでくださいね」のEさんのことばに

「慎重に行動します。移動の途中で無理だと感じたらリタイヤする場合もあります。

その時はすぐ連絡入れます」と返事しました。

そして待ち合わせの場所と時間は

『東松島市にある彼の工房「木遊木」に土曜日の朝8時』

ということになりました。

そこで最大限大事と余裕を取っての移動計画を実行しました。

約束の日の前日(4/5)の金曜日朝5時に東京町田を出発で現地(宮城県東松島市)入りを目指しました。

ラジオでは「…今日仙台市で桜の開花宣言が出ました…」というニュースがありました。

道中安全第一でくたびれたら何度でも休み休みすると決めていました。

カーナビで6時間ほどの距離でしたが8時間45分くらいかけて移動しました。

『わたほいの虹の架け橋』に着くと、たまたまEさんの奥さんが仕事をされてました。

彼女の貴重な作業時間をお邪魔して震災後の話やお互いの近況など語りあいました。

「わたほい」の最寄りの宿に飛び込みで素泊まりし石巻の街に吹き付ける風を体感しました。

強風の中ラッパ水仙がけなげに咲き続けていました。

翌朝宿の外でラジオ体操をしていたら風は昨日よりももっと強くなっていました。

石巻から東松島に移動する際ラジオで

「…今日暴風警報が出されました…」

と言ってました。

さて『木遊木』で懐かしいEさんと3度目の嬉しい再会を果たし暫く懇談しました。

彼のお話の中で3/11のエピソードで印象的だったのは

「同じ石巻でも直接津波災害にあった人とそうでない人との温度差があったんですよ」

情報の共有や発信していくことの意義を感じました。

「『復興』という言葉は地元の人は言わない・使わないんです」

この町で暮らしている方々の市民感情に配慮して言葉を選んでいく大切さを学ばされました。

行政の補助金などの枠組みから外れる子供たちが現に存在すること。

震災から8年経ってもまだまだ癒えていない彼らの心の傷に寄り添い『こころスマイルプロジェクト』
という活動にEさんが取り組み続けてきている心情には含蓄深いものがありました。

実はEさんのこの活動に連帯したくて数カ月前『こぶたかねこさんのオセロ』を創作し贈りました。

製作者の独りよがりでなく実際的にこころスマイルプロジェクト』の活動に役立てているのかを
確かめたい今回の石巻訪問でもありました。いろいろエピソードをうかがえたのは貴重です。

直接彼ら子供たちと関われなくても私の創作おもちゃ(遊び道具)の製作と提供で後方支援はできることを確信しました。

私はEさんのこの活動を今後もずっと支援していこうと改めて強く心に留めました。

お話を聞いていて阪神淡路や様々の被災体験をした子供たちのその後にも同様のケースは
各地できっとあるのだろうな、それらの関連の情報にアンテナを張リ続けていこうと思いました。

今後の私なりのボランティアの手法が明確になりました。

さて午後からは『フェニックス救援隊』のボランティア活動に仲間入りをして除草と植樹

それと今回は500個のグラジオラスの植栽です。

暴風警報の通り強風の吹き付ける中での除草と植栽活動でした。

私は2013年の6月以来単独行動で支援活動をしてきましたが、

今回のようにグループの総力戦で行うボランティアの威力や行動力は実に新鮮な体験でした。

ボランティア活動や夜の懇親会を通じて女川町の人たちとも知り合えました。

新たに一期一会がうまれました。

女川に一泊し翌日の帰路はともかく絶対安全運転で時間を気にせず運転しました。

道中何度も休憩しつつ気が付けば12時間近くかけての移動でした。町田に無事戻りつきました。

とっくべつのはるやすみ・・・中身の濃い体験です。


by 09donpo11 | 2019-04-08 11:40 | 震災支援活動 | Comments(1)

「がんばれナラの木」というブログのことについて


このブログを書いているのは高槻成紀さんという方です。ご自身のブログで以下のようなプロフィールをつづられておられます。

◆高槻成紀(たかつきせいき)1949年鳥取県出身。1978年東北大学大学院理学研究科修了、理学博士。東北大学助手、東京大学助教授(1994-2007)、教授(2007)、麻布大学教授(2007-2015)を歴任。現在は麻布大学いのちの博物館上席学芸員。専攻は野生動物保全生態学。ニホンジカの生態学研究を長く続け、シカと植物群落の関係を解明してきた。最近では里山の動物、都市緑地の動物なども調べている、一方、スリランカのアジアゾウ、モンゴルのモウコガゼル、タヒ(野生馬)、モンゴル草原の生物多様性などの研究もした。~プロフ引用

さてこのブログの「はじめ」の文章を紹介します。引用が続いて恐縮です。

◆クマ研究者仲間のメーリングリストにアメリカのダイアナ・ドーンクライダー*Diana Doan-Crider)さんという人が『The Oak Tree**(ナラの木)という詩を送ってくださいました。私はそれを読んで感銘を受けました。仙台で20代から40代までを過ごした私にとって、東北地方は特別の存在です。その東北地方の人が想像を絶する被害に会っておられることを知り、心おだやかではいられませんでした。なんとか力になりたいと思っても、私たちには募金くらいしかできず、もどかしさと心苦しさが続いていました。そんな時に出会った詩でしたから、もしこの詩を被災者の皆さんに聞いてもらったら、少しでも元気になってもらえるのではないかと思いました。訳しながらこみあげるものがありました。その拙訳をメーリングリストに送ったら、思いがけないことに、庄内ことばに訳したものが送られて来ました。

 私はそれをゆっくり声を出して読んでみました。すると実に心に響いてきました。それで思いつきました。この詩の魂を表現するには東北のことばのほうがいいのではないかと。それで、地方訳を送っていただくようお願いをしました*。そうしたらさまざまな地方から、ぽつり、ぽつりと届き始めました。そのひとつひとつが暖かく、やさしく、力強く、私は東北のことばのもつ表現力の豊かさに目をみはりました。そこで、それらのたくさんの「ナラの木」をこのブログで紹介することにし、関連する情報や写真なども添えました。こうして「ナラの木」の輪がじわじわと広がり、いまや東北地方以外からも地方訳が届いています。「ナラの木」は私の手を離れたかのように、ひとりで歩き出しました。

 この詩は不思議な力をもっているように思います。その魂を伝える自分の言葉による「ナラの木」が被害に遭われた皆さんのもとに届き、少しでも勇気づけることができることを祈っています。

私はあの東日本大震災(2011/3/11)の半年・あるいは1年くらい後だったでしょうか、たまたま深夜のラジオ番組で岩手弁に翻訳したバージョンを聴き大いに魂を揺さぶられました。私の被災地支援の活動がヒートアップしました。

今年の夏も「保養ネットよこはま」の第8回伊豆河津古民家キャンプが7/268/2の日程で行われ、私は6回目のボランティア参加をします。

ナラの木 (高槻成紀 たかつきせいき 訳)

たいそう強い風が吹きました  昼となく夜となく

ナラの木のすべての葉っぱを吹き飛ばし

枝をびゅんびゅんと揺らし

木の皮も引きはがすほどでした

ついにナラの木は丸はだかになってしまいました

それでも地面にしっかり立っていました

ほかの木はみんな倒れてしまいました

くたびれてしまった風は

あきらめて言いました

「ナラの木よ、どうしてまだ立っていられるのだい?」

ナラの木は言いました

「あなたは私の枝を折ることも

すべての葉っぱを吹き飛ばすことも

枝を揺らすことも

私をゆさゆさと揺することもできます

でも私には大地に広がる

根っこがあります

私が生まれたときから

少しずつ強くなりました

あなたはこの根っこには決してさわれません

わかるでしょう

根っこは私のいちばん深い部分なのです

実は今日まで

私はよくわかっていませんでした

自分自身がどれだけものごとに耐えられるかを

でも、今おかげでわかりました

自分が知っていたよりも

私はもっと強くなったのです」

Johnny Ray Ryder Jr.原作, Copyright Hallmark Inc.


by 09donpo11 | 2018-06-06 07:49 | 震災支援活動 | Comments(0)

思いが届いた歓び  

2011年の6月からコツコツと震災復興支援の活動を続けています。

福島、宮城、岩手ととても広い範囲の3県の中のあっちの保育園こっちの幼稚園をお訪ねして、ポツリポツリとささやかながら『元気交流会』をしています。

自分の創作した木のおもちゃや大型遊具を郵送で贈ったり、持参し送り届けたり、子どもたちと一緒に遊んだりをしています。

昨日、岩手県山田町の保育園からお電話が来ました。

半年くらい前に3回目の訪問をしてその時持参した段ボール製のパーテーションです。

その後、このパーテーションが保育のあそびや生活の中で根付き、さらにはこれをベースに自分たちでデコレーションして『お菓子のおうち』となり日々あそびこんできて、また卒園制作の一つとして年長さんから次年度の年長さんへ贈りましたという記事が、園から発信しているブログに2回紹介されてました。

子どもたちのあそび世界への熱い思いを込めて一針一針縫い上げ完成したパーテーションです。それが子どもたちのあそびや想像力の下支えになって活用されていることを知り、復興支援の思いが届いた歓びを実感しました。

http://www.aiiku-osawa.com/post_147.html

http://www.aiiku-osawa.com/post_146.html


by 09donpo11 | 2017-04-07 08:30 | 震災支援活動 | Comments(0)

被災地支援のボランティア活動で岩手&宮城に行きました。


先週8月27日から30日まで三泊四日で岩手県(大船渡市、大槌町、山田町)と宮城県(東松島市)に行ってきました。
被災地の現地を直接訪問したのは今回が14回目です。
岩手県のこれらの地域への訪問は3年ぶり、保育園を5か所廻ってきました。以前訪問した時にはプレハブの仮園舎だった施設がこの3年の間に『本園舎が完成した云々』等のお知らせなどもいただいていたのでこの目で実際を確認して置きたかったのです。

道中、疲れたら何度でも休憩し、眠くなったら無理せず眠る(安眠を心がけ、但し永眠だけはしない)という心づもりで出かけました。

そんな訳で当初カーナビで案内された所要時間の約二倍の時間がかかってしまいました。
何しろ愛車は既に13万キロ以上走行している軽ワゴン、運転手は7月中旬に網膜剥離の手術を受けて間もないのですから、絶対安全運転に心掛けました。往復で1,405キロの行脚でした。

復興はまだまだ道半ばです。たとえささやかでも末永く支援し続けようという思いを新たにしました。
津波を体験された方方のお話を何人からうかがうことができました。お話を伺っていてすさまじい極限の体験をされた皆様にある共通したものを発見しました。それは、皆さん瞳が美しかったことです。とてつもない苦しみ悲しみとどう向かい合って生きてこられたかの証と感じました。


by 09donpo11 | 2015-09-03 22:48 | 震災支援活動 | Comments(0)