人気ブログランキング |

ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
職業訓練校のスケッチ
介護の仕事
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
今朝は6時くらいから晴れ..
by 09donpo11 at 18:33
100回目標の四分の一を..
by 09donpo11 at 05:35
自分なりにできる支援活動..
by 09donpo11 at 12:25
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
恋の季節?里山の小鳥も
at 2019-05-26 00:29
健康診断、バリウムのリベンジ
at 2019-05-22 22:21
今年(2019年)の年明けか..
at 2019-05-19 11:10
第27回朗読会ばぶの会  (..
at 2019-05-18 22:16
今日抜糸できました
at 2019-05-05 11:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:健康と病気( 52 )

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

私が通っている職業訓練校(正式には『職業能力開発センター』) の傍に

文化センターがあり、ここを会場に『認知症サポーター養成講座』があり

昨日(1/19)受講してきました。

学校で「生活支援サービス」という講座を受講している仲間も4人来てました。

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると予測されています。

超高齢化社会の現在の日本です。2025年は私が71歳になる年です。

老々介護も近未来のわが身に思いを馳せれば決して他人ごとではないです。

認知症は私自身を含め誰でもなる可能性があります。

今のうちに勉強できることは進めておこうと思っています。

認知症を理解し、認知症の人や家族を見守る認知症サポーターを一人でも多く増やし

安心して暮らせる街づくりを目標に『認知症サポーターキャラバン』が

全国展開されています。

自分の暮らす町にも同様の講座があるはずですからまた参加してみようと思います。


by 09donpo11 | 2019-01-20 08:06 | 健康と病気 | Comments(0)

入眠確認タイマー?

脳卒中を体験していますので水分補給には気を使っています。

特に今は冬場ですから脳内出血の再発症の憂き目を見ないように心がけています。

ふだん就寝から起床までの間に最低2回はトイレに起きます。

とても冷え込んだ夜などに7回もトイレに行ったことがあり自分でも驚きました。

尿となって水分を放出するのですから、同量くらいの水分は補給しています。

水を飲んでいるのですが、昨年11月くらいからは白湯か湯冷ましに変えました。

ポットにためるということはせず、夜中のトイレに行った際、

薬缶に残っている冷えたお湯を飲みます。

白湯か湯冷ましですから特段暖かくなくてもいいんです。要は水分の補給です。

この時だいたい飲んだ分だけの量の水を薬缶に継ぎ足しておきます。

IHのコンロに薬缶を乗せて600㏄くらい沸かします。600㏄に根拠はありません。

ピッ ピッ ピッピッピッピ とスイッチを操作します。

ピッ(電源スイッチを押す音)

ピッ(温度設定スイッチを最高位から1ランク下げた音)

ピッピッピッピ(加熱時間を4分に設定している音)

これでセット完了です。

そしたら電気敷毛布の温度設定を再度確認しロフトの布団にもずり込んで寝ます。

殆どおまじないみたいなものでしょうがお湯の沸騰した薬缶は多少の熱源となって

冷えた部屋の空気を温めているだろうと思い込んでいます。 

トイレに起きた時間は覚えてられますが再入眠した時間はわかりません。

稀にIH加熱が4分たっても寝付けない(再入眠)ときもありますが、

たいていは3分以内に寝入っているようです。

それが証拠にスイッチの切れた音が記憶にありません。

自分の体調の把握の一つのメソッドとして最近定着しています。 


by 09donpo11 | 2019-01-18 07:32 | 健康と病気 | Comments(0)

通院日は痛イン日  背中と肘と・・・(朝の満員電車風景)


月に一度都内の大学病院に行き点滴注射を受けています。

同じ「東京在住()」でも三多摩の南に暮らしている私です。

通院とはいっても朝早くのいわゆる通勤ラッシュ時間内に

都内の新宿の病院まで出向く移動ですから人ごみの多さに圧倒されます。

最寄り駅の私鉄の駅から新宿に出るまでの電車の乗客の込み加減は

内心戸惑うことが多々あります。

今日は確実にいつもより一人分乗客が多い(私のこと)のです。

込み加減が若干増しています。

電車に乗り込んで、『乗り降りの人の群れの動き』を考えて

自分にとって都合の良いベストの立ち位置を確保しようと努力します。

発車間際に通勤慣れしている人たちがバックギアモードで車内へと

背中でグイグイ押してきます。

まっすぐ単純に押してくる背中、ひねりを加えてスルリと押してくる背中。

顔の見えない背中でも人柄や品位は気配を通じて伝わってきます。背中の不思議。

次に周辺に立つ人の「肘」の存在です。

特に既につり革を確保している肘はその人の意思を端的に表出しています。

「立ち位置の既得権を侵害されまいとする肘」はあとからくる新参者に対して

敵対意識を醸し出しています。実にデリケートな表現です。肘の不思議。

「肩ひじ張って…」とかいう言葉があるくらいですから人間社会の中で

昔から「肩」も「肘」も自己主張をしてきたのでしょう。

こういう肘に遭遇したら対抗はしません。触らぬ神に祟りなし。触らぬ肘に祟りなし。

ちょっと身体をひねるか半歩譲って接触ポイントをずらします。

触れ方によっては結構痛い意味不明に硬いものが身体を押してくる場合があります。

何だろうとさりげなく見ると大抵通勤カバンに入ったパソコン類です。

持ち主は不快がったり戸惑ったりしている人の心情までは読み切れず無関心ですから、

特段悪意のようなものが伝わってこない限りは黙って痛さを回避、譲歩します。

途中の乗換駅で一度に沢山人が降りるとき気配はかたまりとなって急速に

「降りますオーラ」になります。まるで夏の日の積乱雲のようです。

事前に感じ取って動きに巻き込まれぬよう足を踏みかえ上肢をトルネードします 。

群れの動きから逃れきれないときは一旦ホームに降りて再び電車に乗り込み、

新たな満員電車の乗客としてデビューです。

この時乗り込むタイミングが重要ですが初心者マークの私にはハードルが高いです。

たまに乗り込むのですから程よく右往左往しながら人間観察です。


by 09donpo11 | 2018-12-13 19:06 | 健康と病気 | Comments(0)

冷酒と親父の小言とM.R.Iの画像は…

M.R.I検査を受けました。

M.R.I.とはMagneticResonance Imaging(磁気共鳴画像)の略語で,

M.R.I.検査は強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して

体の臓器や血管を撮影する検査です。

昨年10月に脳内出血をして17日間の入院したとき退院時MRI検査を受けて

脳内の出血が消えているという説明を受け「治ったんだ」と安心しきって

意気揚々退院ました。そう思い込んで今日まで暮らしていましたが…。

その後2カ月に1回の外来通院で様子を継続的に見てもらっています。

12カ月たちましたからその後の経過をM.R.I.で見てみましょう」ということで

今日の検査となりました。

検査結果の画像を見せていただいて

「新たな出血や異常は見られません。順調ですね。」のDr.の説明に先ずは安堵。

一方、画像の中に昨年の出血の痕跡が黒く残っている箇所が確認できました。

「これは出血した時の血液の中の鉄分が残って黒く見えるんです。」

「これって体内に吸収されたり、傷跡が消えたりはしないのですか?」

「しません、ずっと残ります。」

「・・・」

完治したのだから痕跡はないと勝手に思い込んでいただけに動かぬ事実を

画像で見せられ、帰路どうにもテンションが下がってなりません。

冷酒と親父の小言とM.R.I.の画像はあとから効いてくるんですね。


by 09donpo11 | 2018-12-10 13:33 | 健康と病気 | Comments(0)

感情的反発


脳内出血・・・何しろ不本意な体験です。

自分は一生子どものそばで保育の第一線現場で働き続けたいと強く願ってやってきましたから

それが脳卒中を体験したことで見事にかなわなくなったのでした。

脳卒中を体験し、とはいえ幸いにも顕著な後遺症にも見舞われずスムースに退院できたことで、

自分自身は脳卒中を体験しようがしまいが「今までと大きく変わっていないんだ」と

必死で自己暗示をかけていた一年間だったと思います。

ですから周囲の人たちの私に対する処遇が変わった時、感情的反発で自己防衛していたのです。

感情的反発…それも大事だと思います。どうか一笑に付しないでください。

必死で自分の存在そのものを守ろうとする精神の安全弁の一つの仕掛けだと思うのです。

それでも「日薬」という言葉の通りやがて時間が傷ついた心を癒してくれ感情的反発も

もうそろそろおしまいにしていいんじゃないのと時がささやいてくれます。

私の今の立ち位置はここです。


by 09donpo11 | 2018-10-14 01:28 | 健康と病気 | Comments(0)

脳卒中体験者として気持ちの置き場


脳卒中という病名は無くて、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の3つからなるカテゴリーだそうです。

私は昨年10月に左被殻出血という脳内出血(俗にいう脳卒中)を体験しました。

幸い出血した位置と出血量が少なかったことで顕著な後遺症は現れず以前とほぼ同様の暮らしをしています。

不本意な体験をしたものですからこの一年間「脳卒中を体験した」という事実から心の目を閉ざし、

受け入れようとせずに暮らしてきました。

それだけ精神的なダメージにおびえていたのかもしれません。

自分を取り巻く周囲の人たちからの対応が変わってきました。

そのことへの反発感情から自分は何も変わっていないと過剰に言い聞かせてきました。

けれども一年が経ちましたのでそろそろ心の置き場を変えてみようと思います。

「脳卒中を体験した」事実は事実として受け入れて暮らすほうが自然ですから。

これからは積極的にこの事実を受け入れながら暮らしてみようと思っています。

具体的にどうするのかは未知数ですが、心持の置き場を変えてみることにしました。


by 09donpo11 | 2018-10-13 12:12 | 健康と病気 | Comments(0)

朝晩に血圧計で測定することも日課となりました

昨年10月に脳内出血(脳卒中)をしてから初めて迎えた冬場を無事に超すことができて、そして、初めて迎える夏場の到来という実感があります。
というのは「冬場は血圧が高め」という一般的に言われている傾向のそのまんまの自分の数値域だったものが、この一か月前くらいから数値が低くなってきて「ああ、これが夏場の血圧数値の域なのだろうなぁ」と感じるようになっているからです。
夏も油断せずに過ごしたいと思います。

by 09donpo11 | 2018-06-01 06:34 | 健康と病気 | Comments(0)

微妙に傾斜しています

昨日は月曜日。週に一回、夜7時半から1時間気功を稽古しています。

練習会場までは自転車で通います。

ペダルをこいで往路は35分、復路は33分くらいです。

行きの道は微妙に上り勾配なのです。練習が始まるまでに若干の筋トレを兼ねているようなものです。体がきつい日はこの上り勾配の加減が結構きつく感じます。

反対に帰りの道は微妙に下り勾配になっているわけですから、稽古が終わってすっきりした身体で快調にペダルをこげます。

稽古は始めたばかりなので身体の動きはまだまだ固いです。

先週に比べるとこの動きとあの動きと少しずつできかかっているのを感じます。

もともと身体は硬いほうなので、稽古を積んできている他の人たちのようにしなやかには動かせません。

いつか自分の身体もあんな風に操作できるようになりたいと憧れます。

よきお手本に心も微妙に傾斜しています。


by 09donpo11 | 2018-05-29 06:27 | 健康と病気 | Comments(0)

目覚めの時に、眠りは足りているかい?と自分と対話している私

起床時間に幅を持たせたことでまどろみの質が変わってきました。

何時になったから起きなくっちゃ…という生活感覚はなくなりました。

どうだい、眠りは足りているかい?

まだ眠い?

じゃあもう少しまどろんでいようよ。…とか、

え~と、今日の段取りは…っと、

頭の中でインデックスがパラパラパラっとページをさらっています。

私の身体と対話的な関係が生まれたといのが最近の私です。 

そのうち起きようというモチベーションが高まってきます。


by 09donpo11 | 2018-05-28 05:37 | 健康と病気 | Comments(0)

●眠り方、目覚め方の工夫を巡っての試み その1 目覚めに向けての滑空路

タイマーとしては目覚まし時計を使わずにスマホのアラーム機能を活用しています。

起床時間の「4:56」セットは私にとっては実意相性がいいです。

けれども、人間ですからその朝その朝の体調(眠りの足りてる加減)はぶれます。

毎朝の目覚めた時のすっきり加減はアラームに対して正直にぶれた反応をします。

眠りが程よく足りてすっきり起きられるような朝は、いわばストライク・ゾーンの直球ど真ん中みたいなものでそう簡単には巡ってきません。(逆に言えば、巡ってきたときの爽快感はどでかいです。)

もうちょっと寝たいなぁという時の方法の工夫第1弾がありました。

そこで目覚めへのストライク・ゾーンを広くする方法として思いついたのが「スマホのアラームのスヌーズ機能」です。3か月くらいは試みてきていました。

けれどもこれがいまいち私のバイオリズムのサイズに微妙に合いませんでした。

何故かというとスマホにセットされている「スヌーズ」というのは10分刻みです。

眠り足りないときに私の身体は15分単位で「ちょい寝をする」という甘美な生活習慣が16年以上も前から身についています。これには自信があります。ちょっと眠くなった時に15分後にアラームをセットして仮眠をとると、面白いくらいすっきりと目覚められるのです。

そこで5日前の朝編み出した第2弾の方法をご紹介しましょう。

自分の生理に見合ったスヌーズタイマーを『ばぶスパンにアレンジ』してみました。

4:56」の次にプラス15分で「511」さらに予備で「526」、要は15分単位のスヌーズを編み出したのです。

こんなこと思いつける私はなんてすてきなのでしょう。

自分をほめちゃいます。

朝のまどろみの中で今日の段取りとか、今日の最優先でやるべきことは何かなどの再確認などをしています。

私という飛行機が目覚めという大空に飛び立つときの滑空路が整理されました。

しばらくこの方法で生活してみます。


by 09donpo11 | 2018-05-25 05:00 | 健康と病気 | Comments(0)