人気ブログランキング |

ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
職業訓練校のスケッチ
介護の仕事
介護あれこれ
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
今朝は6時くらいから晴れ..
by 09donpo11 at 18:33
100回目標の四分の一を..
by 09donpo11 at 05:35
自分なりにできる支援活動..
by 09donpo11 at 12:25
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
第28回朗読会ばぶの会 (報..
at 2019-07-20 19:55
丸ごと人生の四分の三ポジショ..
at 2019-07-17 21:24
デイサービスで朗読 始めの一..
at 2019-07-15 23:34
二日前65歳10カ月になりました
at 2019-07-13 22:33
ときどき こむらがえり どき..
at 2019-07-11 16:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:工房日誌( 17 )

彩色作業のコツ

何の脈絡もないのですが、ふっと故永六輔さんの言葉を思い出しました。

「職人とは生き方なんです」

彩色作業をしながら永さんの言葉の意味世界を味わいます。

絵筆に絵の具(塗料)をつけてパズルブロックの一つ一つに着色をしています。

絵筆にたっぷり目に絵の具をつけ『塗り』ます。

塗りたい面積に対して幾分多めの絵の具を載せていますから「塗る」行為の後半は

筆先で余分な絵の具を「拭き取る(掻きとる・掃きとる)」ように筆を動かします。

筆を動かし塗るという「加える行為」と、拭き取るという「減らす行為」のひとまとまりで

彩色作業が一区切りつきます。面白いでしょう。

暮らしの中の行為の中にも生かせるような気がしています。

こんな単純なコツを見出したのはだいぶ以前ですが、その頃は「職人技」のようなものへの憧れがありましたのでコツが「見えた」と小躍りしたい程嬉しかったのでした。

今は少し意識が変わってきました。

「職人技」というよりも化粧というような「表現」というアートな心持です。
by 09donpo11 | 2018-11-28 17:24 | 工房日誌 | Comments(0)

こどもだまし と こどもだましい と

「子ども騙し(こどもだまし)」というとあまり良い意味でつかわれない言葉のようです。

「子供魂(こどもだましい)」という言葉はめったには見聞きしないでしょう。

「子供魂(こどもだましい)」は私の造語です。

「こ・ど・も・だ・ま・し」の六文字にプラスひともじ「い」が付くと着かないとでは
世界がガラッと変わります。この落差というか変貌ぶりが私を魅了します。

「だます」という言葉には罪悪感や確信犯の香りが付きまわってきます。

けれども一方、文学や音楽の世界でも気持ちよくだまされる快感というのもあります。

フィクションの妙です。

およそ「だます」側も「だまされる」側も土俵に上がった力士の対戦です。

善意も悪意も全部ないまぜにしたところで子供だましを寛容に受け止めたいです。

子どもに好かれる人とそうでない人がいます。子供は敏感に肌で嗅ぎ分けます。

私は子どもに好かれます。子供が好きですから好かれると嬉しいです。

さて、めったに見聞きしない「子供魂(こどもだましい)」です。

人は誰でも昔はみな子どもだった。けれどもそのことを忘れずにいる大人は極めて少ない。
といった言葉を残した人は「星の王子様」をかいたサン・テグジュペリさんです。

子どもだったことを忘れずにいる人、忘れまいとあがなっている人の中に息づいているのが
「子供魂」なのです。子供魂は童心とも言い表せます。

童心の中には普遍性があります。

その普遍性を拾い集め新たな形を創り出す試みの中にものづくりとしての私は

22世紀に向けての駅伝ランナーのバトンを思い描いています。


by 09donpo11 | 2018-11-18 20:37 | 工房日誌 | Comments(0)

身の丈に応じた と 身の程知らず と

身の丈に応じた暮らしのコツをコツコツ拾い集めて極めようとしています。

結構サバイバルです。

これと相反して身の程知らずな妄想にもう早々に見切りをつけようと

ちっとも思っていないこの性格です。

お金儲けを最優先に考えないものづくりは、

自分の作りたいものを作りたいように作って、

その先エンドユーザーが面白がったり楽しんだりして

結果的に生活に彩がふえるとしたらなんて素敵なことでしょうと妄想しています。

「蟻がリュックしょって富士登山」アルプス一万尺の替え歌では

「…ノミがリュックしょって…」なのですがそこはばぶさん流で「蟻」に変えて

歌いながら登っていきたいと思っています。こんなのもアリでしょ。


by 09donpo11 | 2018-11-14 13:14 | 工房日誌 | Comments(0)

今度の土曜日は

今度の土曜日は小学校中学校時代9年間ともにした同級生の第3回目の合同クラス会です。

2回目の同窓会は5年前、60歳の年をきっかけに「還暦同窓会」ということでしたが、

当日は自分がかかわっている朗読会と重なってしまったので残念ながら欠席でした。

65歳になったので「年金同窓会だよ」と幹事の方が笑いながら案内をくれました。

そして「これが最後の合同クラス会で、この後はもうやらないよ」ということです。

第一回目の同窓会は40歳の年にあり参加ました。

それ以来25年ぶりの再会なのでなんとしても出席したいと思っています。

どのような参加の仕方をしようかとプランをいろいろ考えました。

幹事の方に事前の連絡を入れ工房ばぶの木のおもちゃの

『展示パフォ-マンスのコーナーを設けさせてもらいたい』と申し出ました。

ありがたいことに幹事さんからはOKの返事がもらえました。

興味を感じた方々にちょいとひと遊びを楽しんでもらえたらと思っています。

65歳ということですから「65はラッキーナンバー」というキャッチコピーから

『たわわの木と65匹のおさるのサーカス積み木』を作ってみようと思いました。

とりかかってみると65匹というのは結構ボリュームがあって作りごたえがありました。

出来上がると達成感は大きかったです。


by 09donpo11 | 2018-10-31 09:33 | 工房日誌 | Comments(0)

ルーズなデザインをタイトに加工したい


36歳の時からいわゆる「ジグソーパズル」を創作し続けてきました。

今年で継続29年になる活動です。

若い時は勢いが優先の多少ちからわざの作品群でした。

加齢とともに、これに加えて脳卒中を体験していますから、

ますます「量」を作れなくなっています。

おのずと作り方そのものが変わってきています。

眼を三角にして作りまくり、薄利多売ならぬ薄利少売は、

ここへきて営業色を前面に出してのものづくりは昨年からやめています。

世にいうところのジグソーパズルは500ピースだとか2000ピースといったものですが、

私の場合乳児&幼児のもてあそぶ玩具という想定のもとに製作しています。

ですから全部で4ピースから多くて30ピース程度のパズルです。

パズルとしての難易度は「簡単」なもの「やや簡単」なもの

一方「簡単そうに見えて意外とてこずる」ものetc…といったレベルの難易度を備えています。

超難しくてクリアできたら二度と触りたくもないパズルといった性格のあそびの世界よりも、

答えは「ばればれなんだけれども…」何となく毎日いじりたくなる…といった性格のあそび世界を

提供できることが作者としての醍醐味なのです。

「かたはめ&かたぬき」あそびが基本で、さらにはピース本体を独自に使って

「ごっこ遊び」の世界へと広がっていくおもちゃです。

ちょっと目に脱着しづらそうで意外なほどにスムーズ、とか、

なんだ簡単じゃないかと『侮らせて』おいて、

いじくりだしたらあれ?って小首をかしげさせたいので、

その為にも作り手としては

『ルーズなデザインをタイトに加工する』製作への集中力の持続を

思いっきり極めてさりげなく仕上げてみたいと思っている今日この頃です。


by 09donpo11 | 2018-10-11 18:49 | 工房日誌 | Comments(0)

ブロー&バキューム顛末記


木材を切削した後に断面を平滑にする工程があります。

まず①ベルトサンダーを使い続いて②スポンジサンダーを使い、

必要に応じて③ハンドさんダーと三段工程です。

  1. のベルトサンダーには専用に掃除機を連結してヤスリ掛けして

    排出される木粉(もっぷん)をバキュームしながら作業できるように

    セットしてあります。

現在この掃除機は2代目です。

初代の掃除機は中古品の掘り出し物で20年以上も使っていました。

よく働いてくれましたがとうとうこわれました。

みごとに使いつぶした為、この春に量販店で購入しました。

新品の掃除機2代目デビューです。

アタッチメントの様式が進化していましたので連結部を新規に作り直しました。

「新品」という頭があったためバキュームを作動した時に

木粉の煙が排気口のほうからもわ~っと出ても

「なんか変だな」で片づけていました。横着を決め込んでいたわけです。

変だなと思いつつひと月以上前からその症状の出るままに使っていました。

今日の症状は断然に濃厚でした。木粉がぶうぉおおっと出ました。

なんかへんだなはなんか変だではなくて明らかに変だったのです。

今頃さとるとはお恥ずかしい。

ようやく今日はやらねばと掃除機のふたを開けて中の紙パックを見ました。

見事に破けていました。木粉が出るわけです。まったく脳天気でドジな私です。

そこでベルトサンダーとの連結部を外して掃除機の徹底掃除です。ひと仕事です。

幸いというかモノづくりの工房ですからコンプレサーがあります。

掃除機の内も外もあらゆる部分をブロー・ブロー・そしてブローです。

詰まりに詰まっていた木粉をコンプレッサーのエアーダスターで吹き飛ばしました。

出るわ出るわ、相当量の木粉がもうもうと吹き飛ばされていきます。結構時間かかりました。

ようやく再生できた2代目の掃除です。

新たな紙パックを装填して今度は掃除機自身で本体をバキューム。

なんとまあ吸い込みのいいこと良いこと。 

教訓 

新品とはいえ5か月も使ったのですから新品ではなく定期的に点検することにします。


by 09donpo11 | 2018-09-15 15:20 | 工房日誌 | Comments(0)

ものづくりのつくりもの


自分はどこまで遊べるかという自分自身への挑戦です。その為に創作の時間を二種類用意してみます。

一つは今までのスタイルです。あれこれあれこれ考えて考えて作り、作ってはまた考える創作の時間と

もうひとつは直観モードでひらめきの勢いで作る創作の時間です。

「あさめしまえ」という言葉があるので朝食前のひと時を使って

あれこれ考えずに出たとこ勝負のオブジェづくり(かたちあそび)の時間にして遊びます。

さてどこまで遊べるか、なんかワクワクしてきました。あそびをせんとや・・・という歌がありました。

遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん、遊ぶ子供の声きけば、我が身さえこそ動がるれ。

舞え舞え蝸牛、舞はぬものならば、馬の子や牛の子に蹴させてん、踏破せてん、

真に美しく舞うたらば、華の園まで遊ばせん。

後白河法皇の『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)平安時代末期に編まれた歌謡集ですね。

あそび心の心映えを体感してみたいものです。


by 09donpo11 | 2018-09-05 06:23 | 工房日誌 | Comments(0)

一気呵成に作り上げてみました

b0327236_20293964.jpg



by 09donpo11 | 2018-02-27 21:00 | 工房日誌 | Comments(0)

直観モードで一気呵成に作り上げてみました

「降臨」が錯覚でないように願い、むしろその一方で「降臨」を思い込みたくもあり、先日お邪魔した保育園の小さい子たちから一番大きい子たちのクラスまで「ひよこぐみ」「りすぐみ」「うさぎぐみ」「ぱんだぐみ」「きりんぐみ」「らいおんぐみ」の6クラスのキャラが集合写真に納まっているような絵柄で一枚のジグソーパズルに作り上げました。

私を招聘してくれた感謝の気持ちを形にしてみたかったのです。

作りものには勢いも大切です。

久々に一気呵成に制作しました。

ものづくりの妖精さんが私の周りをビュンビュン廻って拍手喝采していました。

ものすごい拍手でした。この感覚しばらく遠のいていました。

これって無理してる状態ではないです。

けれども脳卒中してから再発を危惧して慎重に作りものしていた反動かもしれません。

このまま調子に乗りすぎると無理をする結果になるのは目に見えていますから

ひとまず、一区切りと致しましょう。

翌朝郵送しました。


by 09donpo11 | 2018-02-27 20:27 | 工房日誌 | Comments(0)

直観モードを盗みたい

バイト先で1歳から3歳の子どもたちと付き合っています。

彼らのあそび行動を見ていると思考が直観モードであることが読み取れます。

大人は誰でも昔子どもだった、けれどもそのことは覚えていません。

私だって61年前は3歳の乳幼児だったのですが、その当時のことは全く覚えていません。

もったいないですが仕方ありません。

仕方ないのですからこちらの頭を柔らかくして観察します。

直観のひらめきは千差万別で玉石混淆、見ていてワクワクします。

囚われがない分だけ発想が自由に飛躍する場合もあれば、その反対に、こだわりがあまりに強いために自由に羽ばたけないで駄々をこねたりこねくり廻したりします。

思わずハッと息をのむような閃きは見落とさないようにしておもちゃの創作の発想に活かします。

今日は忘備録的に綴るにとどめ、具体的な事例はまたの機会にご紹介します。


by 09donpo11 | 2018-02-20 06:48 | 工房日誌 | Comments(0)