ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
子どもたちの「やりたい」を実..
at 2018-12-15 20:36
第25回朗読会の開催 (告知)
at 2018-12-15 06:27
傷が教えています
at 2018-12-14 07:41
通院日は痛イン日  背中と肘..
at 2018-12-13 19:06
元気液と元気の壺  (第3稿..
at 2018-12-12 05:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:朗読稽古のスケッチ( 10 )

木を植えた男・考 その1

木を植えた男・考 その1

フランスの作家ジャン・ジオノ(1895/3/30 1970/10/8)さんが、
『リーダーズ・ダイジェスト』という会社からの「あなたが今まで会った中で最も忘れがたい人物は誰か」
というアンケートへの回答としてこの作品を出しました。

1953年のことです。ジオノさん58歳の時の著述です。彼は75歳の生涯です。

1953年というとおりしも私が生まれた年です。妙に親近感を覚えています。

さて出版社に送ったのですが、編集部はその人物が実在しないことを確認して
掲載しなかったといういわくがあります。

私は最初作品を読んだときノンフィクションかと思っていましたが

実は壮大なフィクションでした。でも私にとっては快いウソです。

何度も読み返して作品世界を味わっていますが、

読後爽やかなすがすがしい思いにさせてくれます。

来年1月の朗読会で読むのでそれに向けての読み取りの日々です。

主人公のエルゼアール・ブフィエ氏については年齢が示されていますが、

彼に出会ったもう一人の主人公の「私」は何歳なのか示されていません。

ジオノさんは敢えて書き示さなかったのかもしれませんね。

けれども私にとっては作中の「私は何歳?」だったのだろうかと気になります。

作中には『…そのころ私も十代半ばでありながら…』とありますが、
その少し前にたばこを喫煙している場面がありますので、
「十代半ば」ではありませんが暫定18歳ということにして読み込んでいます。

二人が出会ってからの33年間の年月の重さが森林の育成ぶりに反映されている作品です。

そこでブフィエ氏と「私」を時系列でメモって読み取りの試みをしています。

1858年ブフィエ氏 生誕0

1910年ブフィエ氏 52歳 どんぐりを植え始める

1913年ブフィエ氏 55歳  私(暫定18歳) ※二人が出会う 

1914年 第一次世界大戦勃発        56歳 19

1919年 戦争終結             61歳 24歳 

1920年再びブフィエ氏を訪ね、以後毎年訪問 6225

1933年森林監視員視察           75歳 38

1935年政府の派遣団視察          77歳 40

1939年 第二次世界大戦勃発        81歳 44

1945年 私がブフィエ氏に最後にあった   87歳 50

1947年ブフィエ氏死去           89歳 52

木を植えた男という作品中には会話が極めて少ないのです。 

年齢を想定しないことには会話に立体感が出せません。

そこでこのメモを取ってみたという次第です。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-12-03 14:32 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

砂浜で朗読の朝練

朝練2回目で気が付いたこと・・・はまかぜ体験

浜に着く前の45分東の空にくれない色の朝焼け、わくわくしながら浜に急ぎました。

浜についたら5:31何と三浦半島の向こうからご来光。

遠く房総半島もうっすら見えます。ここは湘南海岸の真ん中です。

今朝は曇天で雲が低くたなびいていましたので

お日様は登り切って34分で雲の中に隠れてしまいました。

晴れている日だったら堪らないほどさわやかだったことでしょう。

海はべた凪で白い波頭は小さく静かで短命でした。

勿論サーファーは一人もいません。

「練習、れんしゅう」とつぶやきながら砂山に登り、

適当な場所を選んで座り込み朗読の練習を開始ました。

風が吹いています。やや強めというかひっきりなしに吹いてきます。

途中で風を少しでもよけようと砂山の上から風下の窪地のほうに移動してみました。

風って大地をなめるように吹いてくるものなのでしょうか。

場所を移動しましたが風よけ効果はありませんでした。

吹きっ晒しの中に長時間いたのでは体調を崩しかねません。

一回読み通したところで練習を切り上げました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-09-20 22:21 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

モチモチの木・考 その3 臆病を超える勇気の源泉

ある夜じさまが急な腹痛を起こし苦しみもだえます。

怖くて夜中に一人でセッチンに行けなくても毎晩必ず付き添ってくれる大好きなじさまが腹痛で苦しみ悶えているのです。豆太はじさまとたった二人だけの山小屋暮らしです。

自分の他には誰一人頼れる人はいません。

イシャサマオ、ヨバナクッチャ!臆病を超えた勇気が豆太に沸きたちます。

豆太は仔犬みたいに身体を丸めて、表戸を身体で吹っ飛ばして走り出します。

なにしろ夜中に起きた突然のできがとですから豆太はねまきのまんま、ハダシで走ります。

片道2キロはあるふもとの村まで豆太は俄然奮起し医者様を呼びに夜道をたった一人ひたすら走ります。町中と違って街灯などともっていない山の中の道です。

峠の下りの坂道は、一面の真っ白い霜で、雪みたいでしたが、外はすごい星で、月も出ていた天候条件はかえって幸いでした。雪明りと月の明かりが孤独なランナーをサポートしてくれます。

霜が足に噛みつき、足からは血が出ましたが、豆太は泣き泣き走ります。

いたくて、さむくて、こわかったから、けれどもそれよりなにより、大好きなじさまが死んじまうほうが、もっと怖かったのです。じさまが死んじゃうなんて嫌だという強い思いが背中を押したことでしょう。

まだたった5歳の豆太の実に健気な行動です。無我夢中でひたすら頑張り通せた背景を考えてみます。大人に対して心置きなく甘えられるのは、自分がじさまから愛されている、受け入れられているという安心感と信頼感が豆太に育っていたからです。

人間は信頼に値する存在なのだという実感を体験できること、これこそが人間関係の基本です。

そしてさらに人は老若男女を問わず誰も彼もが、「自分を認めて欲しい、認められたいという欲求」と「誰かのために役にたちたいという欲求」を根源的に持っています。

じさまの言葉

人間、優しささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっとやるもんだ。

モチモチの木…私の大好きな作品の一つです。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-02-02 06:13 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

モチモチの木・考 その2  実年齢のリアリティーを大事にした朗読をしてみたい

作者の斎藤隆介さんは68歳で亡くなられています。このモチモチの木は54歳の時の作品。

作者に「何故じさまの年齢を64歳という設定にされたのですか?」とその意図をお尋ねしたくても故人ですからそれはかないません。けれども孫の豆太を5歳とした為にじさまの年齢をあいまいにぼやかしたくはなかったのだろうと推察します。年齢不詳のじさまという書き方も可能ですが、具体的に年齢をくっきりと示してくれている作者の思いを私なりに読み解いてみたいです。

モチモチの木に出てくるじさまは64歳という設定です。私も今年の910日までは64歳です。

私は長いこと乳幼児の保育に直接&間接にかかわってきていますので5歳の子どものことも実際にイメージできます。

幼稚園でいうところの年中クラスの子ども達です。

同じ5歳の子どもでもいろいろな子どもがいます。

気の強い子、気の弱い子、甘えん坊の子ども、小さな変化にも敏感な子どももいれば、些細なことにとらわれないで泰然としている子ども。

一人一人それぞれ違っていますがみんなそれぞれ可愛いです。みんな違ってみんないいです。

ですから、ありのままのその子その子がそれぞれに育っていく姿を見守っていきたいと思っています。「這えば立て、立てば歩めの親心」親心には子どもが次の一歩を踏み出すかもしれないドラマへの期待の遊び心が大事です。

甘えん坊な子供は甘えながら(大人に依存しながら)自律の力を蓄えていきます。

臆病な子が感じ取る世界は彼の世界として受け止め、否定せずそこからのスタートを考えてみます。とかく大人の論理や価値観で一方的に子どもに何事かを教え込もうと焦ったりイライラしたりせず、彼の現在を丸ごとの処で共感していく態度こそが大事です。

「もう、まったく・・・あなたは何べん同じことを言われたら分かるの?」とヒステリックにならず、だったら発想を変えて言い方を変えてみればいいだけのことです。個別その子に伝わるような伝え方を探す態度(想像力)が大事です。これこそが保育の醍醐味です。駄々っ子はより良い伝え方を探させてくれる先生です。こうした態度から出てくる包容力がじさまの子育ての姿の中に滲んでいます。

(前略) じさまが、しゃがんだ膝の中に豆太を抱えて、

「ああ、いい夜だ。

星に手が届きそうだ。

奥山じゃぁ、鹿や熊めらが、ハナぢょうちん出して、寝ッこけてやがるべ、

それ、シィーッ」 (後略)

じさまはどんな思いを描きながら豆太のションベンに付き合っていることでしょう。興味深いです。

この間You Tube等で聴ける『モチモチの木』の朗読を片端から聴き漁っています。

そして面白いことに大半の朗読者に共通した特徴が見えてきました。

大抵の朗読者が64歳のじさまの人物描写を実年齢以上のかかなりの高齢者として表現しています。また5歳の豆太のことももっと年令の低い子どもとして表現しています。

何故このような表現の朗読になってしまうのかという理由はいろいろあるでしょう。

が、ともかくこのあたりの共通項がはっきりして来るにつけ、このような朗読とは一味違う朗読の可能性を探ってみます。

実年齢のリアリティーを大事にした朗読がしてみたいという欲求が増してきました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-02-01 06:06 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

モチモチの木・考  その1  幼い子にとって暗がりは恐怖です

作者の斎藤 隆介氏は1917125日生まれ~19851030(68歳没)の日本の児童文学作家。1917年ということは大正6年、私が生まれる36年前です。もし仮に斎藤隆介さんが今年御存命なら齢101歳です。

私が斎藤さんの作品と最初に出会ったのは1973(当時20)、友人から推薦された図書に「ベロ出しチョンマ」という単行本でした。

「モチモチの木」の初版本は19711120日に滝平二郎氏の切り絵を得て岩崎書店から創作絵本のシリーズの一つとして発刊されています。(私が18歳、けれども当時の私にとっては絵本も斎藤さんも全く未知の世界、関心も興味もありませんでした。)

峠の猟師小屋に64歳のじさまとたった二人で暮らす豆太は、5歳になっても夜中に一人で雪隠(せっちん)に行けません。じさまにしてみれば豆太は可愛さもひとしおの初孫か何かでしょう。

ここでいうところのせっちんは屋内にはない小屋の外付けのトイレです。

峠の猟師小屋というロケーションを併せ持って思い描いてみれば、周囲に隣接した人家や集落があるとは思われません。

月夜の晩ででもなければ猟師小屋の周囲はかなり真っ暗で静かな場所だったことでしょう。

暗がりの中にぽつり独立した一軒家なのだろうと思います。

電気は来ているだろうけれども小屋の中の部屋からセッチンまでの通路の夜間の照明はそれほど豊かではないでしょう。豆太は臆病な子供なのですが、臆病にならざるを得ないような住環境も背景にありそうです。

そのせっちんの横には大きなモチモチの木が、空いっぱいに枝を伸ばして立っています。

昼間見上げる巨木と夜の暗がりの中で見上げる巨木とでは同じ木でも存在感が大きく異なります。目に映る木の姿も、また、シルエットから連想するイメージも別物の世界です。

じさまはどんなにぐっすり眠っている時でも、豆太の「じさまぁ」の一言にすぐ目をさまし、真夜中にせっちんに連れていってくれます。たとえ小さな声で呼ばれても聞こえるのです。こんなところにも豆太に対する情愛の深さが読み取れます。

ある夜大好きなじさまが急な腹痛を起こし苦しみもだえます。

豆太は俄然奮起し医者様を呼びに夜道をたった一人ひたすら走ります。

片道約2キロの距離だったろうと思います。

町中と違って街灯などともっていない山の中の道です。まだ5歳です。実に健気な行動です。

(前略)

――イシャサマオ、ヨバナクッチャ!

豆太は仔犬みたいに身体を丸めて、表戸を身体で吹っ飛ばして走り出した。

ねまきのまんま。ハダシで。半道もあるふもとの村まで……。

外はすごい星で、月も出ていた。峠の下りの坂道は、一面の真っ白い霜で、雪みたいだった。

霜が足に噛みついた。足からは血が出た。

豆太は泣き泣き走った。いたくて、さむくて、こわかったからなァ。

でも、大好きなじさまが死んじまうほうが、もっと怖かったから、泣き泣きふもとの医者様へ走った。

(後略)

無我夢中でひたすら頑張ったのです。豆太は医者様の背中に負ぶわれて小屋に戻る道でモチモチの木に灯がともっているのを確かに見ます。

(前略)

つぎの朝、腹いたが治って、元気になったじさまは、医者様の帰ったあとで、こう言った。 

「お前は、山の神様の祭りを見たんだ。モチモチの木には灯がついたんだ。

お前は一人で夜道を医者様呼びに行けるほど勇気のある子供だったんだからな。

自分で自分を弱虫だなんて思うな。

人間、優しささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっとやるもんだ。

それを見て他人がびっくらするわけよ。ハハハ」

(後略)


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-31 07:07 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

等身大の私で『モチモチの木』

3月は私の朗読仲間とやっている朗読会『ひねもす朗読会(第34回)』と

私の主催する『第20回朗読会 ばぶの会』の二つがあります。

ひねもす朗読会は3か月に一遍のペースで開催しています。

私の主催する朗読会は2カ月に一遍(隔月・奇数月の第3土曜日)にやっています。

次回の3月の朗読会に向けて、斎藤隆介さん・作の『モチモチの木』の稽古に入りました。

何せこのお話しに出てくる「じさま・64歳」という作者の設定ですから。

嬉しいことに私も64歳。

「じさまなばぶさん」と「ばぶさんのじさま」一体どんな融合ぶりをするでしょうか。ワクワクしますね。

「等身大の私」でどこまで表現できるか朗読会にかけたいと思っています。

チャンスは逃さず。チャレンジします。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-21 12:27 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

『氷河ネズミの毛皮』そして『水仙月の四日』  その5

雪山で吹雪に巻き込まれて立ち往生し遭難しかかった子どもは、ゆきわらしの助力で命拾いします。最後に死なずに生き延びてくれる登場人物の物語は賢治さんの作品では少ないです。

生き延びてくれるとホッとします。

大自然の脅威や猛威を扱ったお話を、賢治さんは「ユキバンゴ(雪婆んご)」や「ユキワラシ(雪童子)」や「ユキオイノ(雪狼)」という擬人化したキャラクターを駆使して存分に表現しています。

私は5年前にもこのお話しは朗読会で発表しましたがその当時は擬人化しているほうに傾斜して多少ヒステリックな風合いで感情を持った人間のように読みました。

けれどもユキバンゴにしてもユキオイノにしても大自然の中での猛吹雪という現象や摂理そのものなのですから今回はヒステリックな感情表現のようにならない読みをしてみたいと思っています。

但し主人公のユキワラシは思いっきり人間臭く「健気な少年の姿」として読み切りたいと思います。

その健気さこそが雪山で吹雪に巻き込まれた小さな子どもの命を救ったのですから。

いよいよあした(1/20)は第19回朗読会当日です。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-19 22:24 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

『氷河ネズミの毛皮』そして『水仙月の四日』  その4

ベーリング行きの最大急行の同乗客の中に

黄色い硬い帆布の上着を着た若い船乗りらしい青年がいます。

この青年のイメージが今ひとつ掴みきれないままに朗読の稽古を進めていました。

青年は自分にだけ聴こえるくらいの微かな音量で口笛を吹き、

窓ガラスに付いた氷をポケットから取り出したナイフでがりがりと削り

一人夜空を見上げています。

酔いのまわったイーハトブのタイチが青年に話しかけても

そんな言葉は耳にも入らないようでした。

この寡黙な青年がお話しの後半で白熊たちの襲撃をびしっと解決します。

(前略)

青年はしっかりその(赤ひげの)襟首をつかみピストルを胸に突き付けながら

外のほうへ向いて高く叫びました。

「おい、熊ども。貴様らのしたことはもっともだ。

けれどもな おれたちだってしかたない。

生きているには着物も着なけぁいけないんだ。

お前たちがさかなをとるようなもんだぜ。

けれどもあんまりむほうなことはこれからきをつけるようにいうから今度は許してくれ。

ちょっと汽車が動いたら俺の捕虜にしたこの男は返すから。」

(後略)

なんてったってかっこいい活躍ぶりの彼なので

なんとなく二枚目のシティーボーイというキャスティングで朗読していました。

けれどもどうしてもキャラが決まらないので何かよい工夫を加味できないか

ああでもないこうでもないとあれこれ思いを巡らしているうち突然閃きました。

標準語の感じから離れてセリフにお国言葉のイントネーションをつけて、

しかも漁師という仕事柄の風合いを滲ませてみることにしました。

ようやく自分の納得のいくような読みに半歩近づけました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-14 05:05 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

『氷河ネズミの毛皮』そして『水仙月の四日』   その3

『氷河ネズミの毛皮』そして『水仙月の四日』  その3

登場人物たちのセリフの言い回しは朗読をする人にとって一番工夫のし甲斐があるところで一番おいしいところです。

朗読を始めた最初の頃はいわゆる声色(こわいろ)を使って読んでいたという傾向がありました。そのほうが良い朗読 () というような勝手な思い込みがあったので、結構派手に声色を使いまくっていました。

ところがその一方で、こうした読み方は表面的には上手そうに聞こえても、その実、作り過ぎからくる嘘っぽさや違和感が後味の悪いものとして残ります。
こういうのじゃあない読み方をしたい・・・という強い憧れがはっきりと感じられるようになり最近は極端な声色は使わないで朗読しようと心がけています。

そのように朗読しようと思いに至った動機と発見には二つの気づきがあります。

① ひとつは故古今亭志ん生師匠の落語の語り口でした。

例えばおかみさんの声も声色を作らずごく普通に志ん生師匠の声そのもので語っていて、それでいておかみさんのせりふはおかみさんのせりふとしてきこえてくる不思議さです。

② 声色を使わなくてもセリフの向こう側にある登場人物たちの心の動きや微細な気持ちの変化の描写には声色がかえってじゃまっけなのではと思えてきたのです。

登場人物たちの心の動きや微細な変化の表現は、吐息や溜息や舌打ちや息遣いのゆらぎなどをセリフの端々にちょっと添えるだけでも十二分に伝わる場面がかなりあります。

『氷河ネズミの毛皮』ではイーハトブのタイチがお酒を飲んで酔いが回ってくると見当たり次第に周りの人間に管を巻くという場面があります。

「くだをまく」とは酒に酔ってくどくどとつまらないことを言うという品格のやや崩れた姿です。

酔っぱらいの戯言(ざれごと)というのは時には聴きようによって不愉快や不快感を醸し出す耳障りなしゃべりの側面があります。

確かに耳障りさが匂っても、不快を伴った耳障りさと感じさせずに、「しょうがねぇ野郎だなぁ」と苦笑いを誘えるような読みができるか、ギリギリのところに挑んでみたいと思います。
乞うご期待。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-13 05:26 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

ばぶさん『水仙月の四日』にあそぶ

雪の情景描写がなんとも綺麗なのです。

「・・・雲もなく研き上げられたような群青の空から、まつ白な雪が、さぎの毛のように、一面に落ちてきました。それは下の平原の雪や、ビール色の日光、茶色のひのきでできあがった、静かな奇麗な日曜日を一そう美しくしたのです。・・・」読んでいてうっとりさせられます。

一方大自然の中で綺麗とは全く別の雪の持つ厳しさを猛威や恐怖というスケールで描写しています。

ユキバンゴやユキワラシやユキオイノを登場させて吹雪というか雪嵐というかの描写をみごとな擬人法で縦横無尽に表現しています。

「水仙月の四日」に、二匹の雪狼(ユキオイノ)を従えた雪童子(ユキワラシ)が登場します。この物語の主人公です。彼は大自然の中に一人暮らしています。

ユキワラシは赤い毛布(ケット)をかぶって一人山の家路を急ぐ子供と雪山で出会うところから物語が始まります。出会うとはいっても子どもの側にはユキワラシの声も姿も感じ取れません。ちょっとした遊び心からでしょうか、ユキワラシは子供にヤドリギの枝を投げてよこします。それは子どもへの親愛の情を込めた贈り物でしょう。子供は不思議そうに枝を拾って家路を急ぎます。ユキワラシにしてみれば子どもがヤドリギを受け取ってくれたことで親愛の情が急速に深まったことでしょう。

天候が急変し、雪婆んご(ユキバンゴ)が別の雪童子を連れてやってきます。強烈な吹雪に巻き込まれ子どもは遭難します。ユキワラシは子どもの命を助けようと一途に健気の限りに動きます。

何故でしょうか?私なりの勝手な解釈を続けます。

私にはこの主人公のユキワラシが、かつて山の吹雪の中でわりと最近遭難死した子供と思えてならないのです。そしてユキワラシとしてついこのあいだ生まれ変わってきたのです。生まれ変わってきた記憶はユキワラシの中には微塵もありません。けれども赤いケットに身を包んだ子供の姿の中にそこはかとない何かを感じ取ったのです。それが子どもの命を助けたいという衝動の源です。

わりと最近生まれ変わった新参者のユキワラシと思う理由は三つあります。

①彼が連れているユキオイノが二匹であることに対しユキバンゴが西のほうから連れてきた三人のユキワラシはそれぞれ三匹のユキオイノを従えています。

②三人のユキワラシが全国区担当の中堅どころの経験者であるのに対し主人公のユキワラシはぽっと出の地方区担当の初心者です。

③主人公のユキワラシにしてみれば今回の『水仙月の四日』というイベント参加はまさにデビュー戦です。ユキバンゴとの直接的な面識は限りなく初対面なので内的緊張は極限状態です。

1/20(土)の朗読会に向けてこんな風な勝手な解釈を添えて『水仙月の四日』の読み取り稽古をしています。ご都合のつく方はどうぞご来場ください。入場は無料です。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-09 07:02 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)