ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
華麗なる加齢ライフ
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
イメージ的には人間寝袋
at 2018-06-18 06:45
応援歌 心で歌いながら
at 2018-06-15 05:47
飲み忘れたドリップ珈琲
at 2018-06-14 06:07
指先センサー その2 草取り編
at 2018-06-09 20:40
「がんばれナラの木」というブ..
at 2018-06-06 07:49
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:日々の暮らしの中で( 74 )

イメージ的には人間寝袋

このところ冷え込んでいる夜や夜明けが続いています。

こむら返り対策を試みてこれが功を奏しています。

夏パジャマにこだわらず、基本その上に、体操着のジャージを上下重ね着して、ゴムのきつくない靴下をはいて寝ています。

ことさら毛布など掛けたりせず、神経質にならずに布団の上でごろりとして眠ります。

毛布を掛けたくなったらかけ、かけたくないときはかけずにいます。

イメージ的には「人間寝袋」といった装いです。

今後予測される難点としては中途半端に寒い晩などこのいでたちでは汗ばむだろうと思います。まぁ、それはそれとしてその時に新たな工夫を編み出します。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-06-18 06:45 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

応援歌 心で歌いながら

気持ちが大きく凹みそうになりそうなときというのがたまにはあるものです。

歌にはそうした時の心持を鼓舞したり慰めてくれたりする不思議な効果があります。

昨日は私の好きな応援歌を心の中でグルグル口ずさんでいました。

私の好きな応援歌といっても、私はもともと気質的にポジティブで脳天気なほうですからそんなにたくさんは持ち合わせていません。

昨日心の中でグルグル口ずさんでいた歌のこの歌詞を見てメロディの浮かぶ人は案外少ないようです。

『どぶに落ちても根のあるやつは

いつかは蓮(はちす)の花と咲く

意地は張っても心の中じゃ

泣いているんだ兄さんは

目方で男が売れるならこんな苦労も

こんな苦労もかけまいに かけまいに

男とゆうものつらいもの顔で笑って

顔で笑って腹で泣く 腹で泣く』

映画「フーテンの寅さん・男はつらいよ」の主題歌の二番です。(もしかしたら三番?)

作者を調べたら作詞:星野哲郎さん 作曲:山本直純さんのお二人でした。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-06-15 05:47 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

丁寧さ・考 その4 生かすも殺すも

「丁寧さ」も1から10までよいこと尽くしではありません。

過日、某懇親会に出席しての体験。

そそっかしい私は早とちりから宴の会場を違うお店で開催されると思い込んで出かけてしまいました。集合時間ぴったりに入店したものの大間違いでした。

その店の店長が私の宴の本来の会場を検索してくれて大急ぎで移動しました。

そんなこんなで一時間強ほど遅刻しての懇親会参加となりました。 

ですからどのような雰囲気で宴が展開していたかはわかりません。

後から気が付いたことですがほとんどの人がごく少量の飲酒であったようです。

けれども遅刻した分取り戻そう…というのではないのですがそこそこ飲酒しました。

64歳ともなると懇親会歴も豊富です。

昨年10月に脳卒中をしていますから私としてはかなり控えめの飲酒でした。

さてお時間となり宴はお開きになりました。

飲酒をしているからという理由で私の帰り道を心配して大変丁寧に気づかいしてくれます。

気遣う側からすればこちらは64歳のロートルとして映ります。

64歳は若者とは認められていませんから、老齢加減にかんがみ「帰路の安全」をおもんぱかってくれる訳です。

丁寧さも濃厚になり過ぎますとこちらの自尊心が揺らぎ、果ては腹立たしささえ覚えるほどです。

「丁寧さ」もそれを発する側と、受け取る側が感じ取る「丁寧さ」には温度差があります。

これは「丁寧さ」についていろいろと深く考えさせられる良い体験でした。

話はもう一つ別の話題に移ります。

新年度が始まって配置換えがあり新たなチームメンバーと具体的な仕事の中身を造っていく時期です。

個々のメンバーのそれぞれの好みの傾向やらこだわりやらを探りながらお互い手加減しつつ相互理解を深めていきます。

思い込みや勘違いなどからギクシャク未遂も生まれます。

こうした状況の中で「丁寧な伝え」のやり取りの質が問われてきます。

自分にとっても他人に対してどこまでツボを得た丁寧な伝えができるかが問われてきます。

一般的に言って、人はそれぞれ自分で納得したい方向が漠としてはいても、だいたいあるもので、その方向に情報を引き寄せ集めて理解を進めていくものです。

そこらあたりを推測しつつ1から10まで事実のすべてを情報公開するのではなく部分的事実を拾い出して伝えます。

これは不親切や不実からくるものではありません。

部分的事実の周辺には相手が想像力でそこを埋めていきやすいように解釈の余白を用意しておきます。

自分自身が抱いている「納得」と相手が感じ取る「納得」にも温度差があるからです。

これもまた丁寧さの一つの表現態だと考えています。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-05-16 04:32 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

丁寧さ・考 その2 「十把一絡げ」(じっぱひとからげ)の中に

数根前の体験になりますが、スーパーの精肉売り場の前でこま切れ肉のパックの表示に「こまぎれ」というのでなく「こまぎれ(ロース、肩ロース)」という文字列に気が付きました。

私にも赤身やバラ肉やロースは見て区別がつきますが、「ロース、肩ロース」とまでなるとその区別はいささかわかりません。

戸惑っているとたまたま白衣の作業着姿の精肉担当の店員さんが何かの用があったのでしょうが精肉コーナーにやってきました。

用が済んで持ち場に戻りそうな気配だったので素朴な疑問を投げかけました。

「パックに『ろーす、かたろーす』とありますが、見て区別のつくものですか?」

「ええ、わかりますよ。」

とパックのいくつかを取り上げて

「こっちは肩ロースが多めですね」等々と瞬時に見分けました。

すごいなぁと感心しつつも自分も見分けられるような眼を持ちたいものだと思いました。
「十把一絡げ」(じっぱひとからげ)の中に単に「こまぎれ」とだけ思ってみていましたが見る人が見れば区別がつくのです。

同じひとパックを買うなら肩ロースの多めのものをと買い求めました。
[PR]
by 09donpo11 | 2018-05-14 06:37 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

蟻がリュックしょって麦畑

ここはどこ?私は誰?

人として暮らしている以上こういった疑問は何歳になっても付きまとってくるものです。

私はリュックしょって歩いている蟻です。

ここはどこですか?四方の景色を眺めてみます。

私の好みとしてはネギ坊主畑の賑わいが好みですがここは麦畑です。

好みの景色でないからとここから逃げ出そうとは思いません。天から与えられた試練です。

こういう言葉が心に浮かびます。

25年位前のことだったでしょうか、沖縄おばあの言葉にありました。

『蒔かれたところで花咲きなさい。そしてそこが第二の故郷になる』

そしてもう一つ35年位前のことだったと記憶していますが

『貧しきものは幸いなり』

初めてこの言葉にであった頃、その深意を汲み取れず躊躇しました。

その当時は一見アイロニカルな痩せ我慢のようにも思ったものですが、今にして思えば

心持の置き方ひとつで世界は違って見えてくるし違って感じ取れてくるものです。

蟻がリュックしょった私です。ここでは私はいまだ私という市民権を得ていないのです。

その私は私の心の中に軸足をはっきりさせて大きくぶれることなく歩いていきましょう。

目指す富士山は遥か彼方です。
[PR]
by 09donpo11 | 2018-04-13 06:53 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

パソコンが不調のため買い換えました


数か月前からあちこちいろいろ小さな不調の症状を見せていて、だましだまし使い続けてきた愛機のパソコンが3月末に遂に決定的な症状を示したため、やむにやまれずPCを買い換えました。

年度末という諸事情と量販店側の都合等で購入の手続きをして手元に機械を入手できるまで5日間暇がかかりました。

私にとってその量販店で一番信頼できる店員さんが以前から一人おられますので、その方を指名してこまごまと面倒を見てもらいました。今回は本当にお世話になりました。実に心強い援軍です。

購入もこれが最後になるかもと思いこれまで4代続いたノート型PCから画面の大きなディスクトップ型に変えました。

手元にPCがない生活は昨年の10月の入院以来のことでした。寂しく手持無沙汰な日々でした。結構PC依存症の暮らしだったんだなぁという自覚を深めました。

再びブログのほうもぼちぼち復活発信していきます。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-04-05 06:05 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

「まず、書き出してみることだ、そうすれば書きたいことが見えてくる」 

 

どなたの言った言葉だったのかは聴き飛ばしてしまいましたので記憶をたどれません。

けれどもある脳科学者が彼の講演を終えて講演会会場の聴衆から

「書けないのですがどのようにしたら書けるようになるのでしょうか?」

といった類の質問を受けたときに、どこかの国の学者さんが説いていたこの言葉の中に真理があったという発見体験を紹介し力説していました。

私もたまたまこのような実感もどきを掴み始めているさなかだったのでこの言葉が耳に残りました。

『解っているから書ける、解ってないから書けない…』確かにこうした面もあります。

けれども、それがすべてではありません。

解る手前、あるいは、解ったという手前の段階の時、ともかく、書き出してみると書き込んでいるうちに解りたいことが徐々にその姿を明らかに見せてくれるという場合が確かにあります。

同様に、悩み事を抱えていてその相談を誰かにしている時、愚痴も含めて相手の人に悩み事を聞いてもらっていると、相談している相手の方から一方的にレクチャーを受けるのではなくて、語りかけていく内に自分で答えを見つけ出しているという体験もあります。

これはきっと、「書いてみる」とか「聞いてもらう」という行動を起こしていくと、行動しないでいるときよりも脳みそが活性化してくれるからなのでしょう。

実に興味深く思います。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-26 05:05 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

時々思い出す言葉    ・・・ つぶやきは人生を創る ・・・

その人が日頃どんなことをつぶやいているのかによって、その人の人生が決まって来る…といった意味でしょうか?

いったいどなたの著書に書いてあったものか判りません。

聞きかじりの、もしかしたら「又聞きのまた聞き」であったのかも知れません。

けれども不思議とこの言葉を時々思い出していました。

私の友人が今から10年近い前に彼の暮らしの近況報告のついでに紹介してくれた言葉です。

つぶやきがその人の人生を醸成するといった意味なのでしょうね。

「つぶやきは人生を創る」この言葉自体も私の暮らしの中で10年かけて醸成されてきたのでしょう。

この言葉を耳にして、即、「なるほど」と合点がいくような生活感情はその当時50代前半だった私にはありませんでしたから、半信半疑で「へぇ~、そうなんだ」と聴き留めるところにまでは至りませんでした。

私の大好きな友人が教えてくれた言葉ですから聞き流したつもりはありませんでしたが、けれども妙に記憶の片隅に残っていまして、折に触れ時どき思い出していました。

言葉には言霊が宿っているといいます。

それが最近になってだんだん実感できるような心持ちで日々を過ごしています。

この言葉を教えてくれた友人ともここ最近会っていないのでとても会いたくなりました。

そして彼に「『つぶやきは人生を創る』っていい言葉ですね。」と感謝の思いを伝えたいです。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-21 05:51 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

確定申告済ませました

「やっと、終わった」というやり切った達成感です。

年に一度のことなので昨年やった事は大分忘れてしまっている分だけ毎年手こずります。

申告相談会も最終日が3月15日とあってその3日前になる月曜日、会場は混んでいました。

列に並んで順番を待ちオペレーターのサポートを得て終了するまで4時間以上費やしました。

この後それなりにいろいろありますが、「ともかく終わった」という解放感、スパに行って身体をほぐしてきましょう。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-12 18:26 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

素朴な疑問、答えられない私

ある時子どもに問われました。

「つば(唾液)はからだのなかにあるときはきれいなのに、からだのそとにでるとなぜきたないの?」

確かに疑問の中味は的を射ています。

いざ返答しようとすると困りました。

さあどうしてなのでしょうね。

義歯になってから唾が飛びやすくなっているので気をつけているのですが・・・、

人間の身体はいわば「糞尿袋」ですが、60歳を過ぎると加齢とともに括約筋が思いのほか不活躍する時もあるので粗相をしないように気を付けています。

「ふん」も「にょう」も一旦体外に出ればキレイという扱いはされませんね。

臭いものには蓋ならぬ括約筋を『キュ!』です。

確かなことは「きれいでない」とされるものを体内に宿しつつ暮しているのが

私たちの生活であり身体です。

ですから、唾液も糞尿も極端に忌み嫌う態度を慎んでいます。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-12 08:02 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)