ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『段取り八部』ってなんて快適..
at 2018-11-13 22:52
身の丈に応じた失業暮らし
at 2018-11-10 18:54
ときめきの第4花壇仕込み中
at 2018-11-10 10:07
通院日
at 2018-11-09 10:03
温州ミカン 糖度12体験
at 2018-11-07 22:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Syuuさんおげんきですか?  

ごぶさたしています。そのごいろいろありました。

本来ならば肉筆でお手紙したいところですが、今年10/1に脳内出血(左被殻出血)をし、若干の後遺症()らしきものが残っていまして思いの丈を肉筆でお手紙するのが困難です。

こうしてパソコンのキーボードをタイピングしていてもミスタッチはちょこちょこしていまして、しばしば訂正しながら文章を綴っています。

10/1の夜19:00頃発症し、10/3近隣の総合病院に17日間入院していました。10/20に退院し、翌週の月曜日10/23からアルバイト先の一時保育室に職場復帰しました。改めて職場に復帰してやがて2カ月近くの月日が経ちますと「集団保育」という営みは瞬時にいろいろなことを判断決断されつつ仕事が展開されていて、正直そのテンポから置き去りになりかけている自分自身を感じることがときおりあります。

保育園の保育士になったのが今から43年前。当時就職した保育園の中で「職員と父母による文集をつくりませんか」という呼びかけ人になりました。

同僚に名編集長のキャラの方おりましたので私は原稿を集める足になって東奔西走していました。

文集は文芸誌みたいな香りもイメージもありましたので、かつてSyuuさんがつづられていたエッセイの中に『両性具有の彼方』という大変印象深いことばがありました。この言葉と出会ったのが今から42年前のことです。とても新鮮な響きを持った言葉(概念)として今も強烈に印象を留めています。

当時はまだ男性保育者は社会的に認知されていない時代でした。「保母さん」に変わる「保父さん」という通称がありました。男性も女性も関わる集団保育への熱いイメージが『両性具有の彼方』ということばで表現されていたのだと記憶しています。

保育も教育も『仕事をしている錯覚』や『私仕事してます…的な思い込み』にいともたやすく陥れる側面を持った営みです。この仕事に付随してくる特性の一つです。

職場での子どもの不慮の事故の防止や安全対策に万全を期することは大変重要です。

が、これが濃密に配慮されるようになり『管理保育』の側面があまりに前面に出過ぎてくると『子供の育ちのダイナミズム』『育つということ』『育てるということ』などなど保育のいとなみへの『畏敬の念』や『感動』『葛藤』『(幼い子供が抱く)不安と安心』などは熱く語り合う論議の遠い彼方に押しやられて、さして問題視もされない現場というものが増えてきています。とても残念に思います。

私は子どもの育ちに関わるものの一人として育ちの姿に感動や共感を永遠に忘れたくありません。

私は現在64歳です。古希までは後6年をきりました。

キャンプファイヤーの薪は盛んに燃えた後も熾火として燃え続けています。

熾火には熾火の役割や熾火にしかできない効用があります。

その効用をさらに見い出したいと思っています。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-29 05:36 | アップしそびれていた日記より | Comments(0)

『氷河ネズミの毛皮』そして『水仙月の四日』   その1

私の主催する朗読会で近々に取り上げようとしている宮沢賢治さんの2つの作品です。

先ずは氷河ねずみの毛皮から

お話しの冒頭近辺にさらりと出てくるこの文章に心釘付けです。

「(前略)ところがそんなひどい吹雪でも夜の8時になって停車場に行って見ますと

暖炉の火は愉快に赤く燃えあがり、ベーリング行きの最大急行に乗る人たちはもうその前に真っ黒に立っていました。(後略)

時代背景を考え併せてみれば「超特急」も「ウルトラマン(超人)」という言葉も概念もなかった時代です。こうした時代に「最大(急行)」を思い描いたのです。

「最大急行」という言葉に行きついた賢治さんです。最大急行の響きに賢治さんの感性の新鮮さ(特異さ)を感じます。

「超・特急」ではなくて「最大急行」という発想をした賢治さんに改めて惚れ直します。 

身の丈を超えたという発想でなく身の丈を直視つつその丈のギリギリであるところの最大。此の着眼点に畏敬の念さえ感じます。

『超』ではなくて『最大』という発想や感性の世界が私を圧倒し魅了してやみません。

しかも「べーリング行きの最大急行」というのもかっこいいじゃないですか。

10/1に左被殻出血をして脳内で血管がプッツンした私です。病気の再発に対してあなどらず注意深く日々の暮らしの在り方を見つめ直し作り替えようとしているとき『超』ではなくて『最大』という発想が脳卒中再発防止へのアプローチを底上げしてくれています。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-28 05:26 | アイラブ賢治さん | Comments(0)

眠れぬ夜に非戦宣言、まずは布団の中でゴム風船になってみた  

眠れない夜とか、夜中に目が冴えてそのあとなかなか寝付けない…

といった経験はどなたもお持ちでしょう。

私にも相変わらずこんな夜は訪れます。けれど、一度プッツン(10/1に左被殻出血)しているのですから、再発しないようにと心持ちを整理して対処に努めています。

「睡眠…それは脳を休める時間」と再三念じ唱えて自分に言い聞かせています。

『不眠症と対決&闘うという発想や対処法を考えないようにする』ことにしました。

気が付くと私の周辺に、心療内科でお薬を処方してもらっている人、鍼治療を受けている人、私は若い時から寝つきが悪くて悩みをかかえています…とおっしゃる方。みんな辛い日々の中におられます。

私にも同様な夜が訪れることは多々あります。

「眠れない」という状態を『悩みの対象にしない』と腹をくくりました。何せ一度プツンですから。

夜中のトイレに起きたときには大胆に水をガブガブと飲みます。何せ一度プッツンですから。

ともかく今は脳を休める時間なのだから、眠れないという事実を拒否せず、先ず認めちゃう。

あれやこれやの事実の片りんを並べ立てても私という丸ごとのミラーボールの真実そのものには迫れないのです。

そこで発想を変えて「眠れない」を遊んでみることにしました。

一つは呼吸法です。

おふとんの中で私の身体はゴム風船になって腹式呼吸します。吸って、吸って…もう限界でもう吸えないかと思っていましたら、これが意外なほどまだそれ以上に空気が入るという事実に気が付くと面白くなってきました。

同様に吐いて、吐いて・・・もう限界?と思っていたのにまだ空気が体内に残っています。

3回も繰り返すと1分を超えます。10回を目指すと3分を越します。けっこうくたびれます。ああ一休みとほっと一息つくうちに眠っていることもあります。「吸う」「吐く」の呼吸に意識を集中していると「眠れない」の心持はどこかに押しやられているか忘れているかしています。

10回やっても妙に目が冴えて居てダメな時もあります。そんな時は目標値を上げてみます、自分の実年齢の64回までやってみたらどうなるだろうか?気長にぼちぼち試みます。大抵途中で飽きてくるかくたびれちまいます。たまたま昨夜の場合これに重なってうんとボリュームを絞って流していたBGMが「ラベルのボレロ」こりゃどうだ色々楽しめる要素がいろいろあるじゃあ・あ~りませんか。聞く耳を超ダンボにしているうちに、頭が冴えちゃって「腹式呼吸」の身体状態の変化への意識と「ボレロ」の旋律の聴き取りと、つまり意識のあっちの端とこっちの端とを揺らいでいるうちに入眠していました。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-26 07:33 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

一度プッツンしましたので・・・  

入院してDr.から『左被殻出血(脳内出血)』と説明を受けるまでこの病気の名前さえ知りませんでした。

10/1に左被殻出血しました。あれから53日です。退院して33日です。

一度プッツンしたのですから今度再発したら後がないと覚悟を決めました。

ですから小さな動作もなるべく慎重に、さりとて、臆病にならずに、何事も思い悩む対象にせず、何が起きても面白がるように心持ちの置き場を整えるように努めています。

これまで、やりたいことが次々出てきて、あれもこれもとけっこう欲張った生き方をしてきました。

その生き方は脳や身体にとってはずいぶん「無理」をしてきていたので悲鳴を上げたのでしょう。

ですからこれからの暮らしは、これからの時間(誰にとっても同じですが限られた時間)の中で何を優先順位に定めるか、心持としては『あれもこれも』ではなく『あれとこれと』というようにフォーカスして『あれとこれと』こそを最優先にしたい人生なのだから、その周辺はどうでもいいじゃないかという風に受け止めることにしました。勿論どうでもいいというのは投げやりな態度や考え方とは異なります。

キャンプファイヤーの火は盛んに燃えた後にも大きな熾火があります。

そして熾火には熾火にしかできないこと、熾火だからできることがあります。

その中身としてはどんなことがあるか焦らず欲張らずに想像力を働かせて、たとえちっぽけでもじぶんの納得のいく世界を創り出していきたいと思っています。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-22 05:40 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

第18回朗読会 ばぶの会  無事開催できました (報告)  

第一部子どものためのお話し会のほうは体調を崩したお子さんなどもあって当初予定していた人数には至りませんでした。

現地徴用(?)の出囃子演奏隊は急ごしらえにもかかわらず好評で見事にスリリングなパーカッションで雰囲気を盛り立てて要所要所にアクセントをつけてくれました。

  演目

・ばぶさん創作短編童話 『ごりちゃんとりらちゃん』から①はじめてかいた手紙②ゴリラパパさんの自転車教室③クッキーリラちゃん の3

・蛙の伝言板

※幕間に手あそび 「まがりかど」 「5匹の子豚がオオカミをやっつけた話」

・立体パネルシアター 「私のワンピース」

おまけ 『ワルグチエンザ』(ばぶさんの創作童話)

2部 大人の為の朗読会 参加者20名は当初の希望目標の人数でした。

  演目  

☆ 岸田今日子・作     ミッシェル

☆ 夏目漱石・作      柿

☆ 芥川龍之介・作     蜘蛛の糸  

☆ さねとうあきら・作   おこんじょうるり

☆ 宮沢賢治・作      なめとこ山の熊

5作品のうち3作品が地元の『カワセミ座』の皆さんのお力添えでした。

今後もタイアップして朗読会を展開していきたいと思いました。

全体を終えての反省点

子どもの部と大人の部という2部構成で開催する場合の時間配分の工夫・調整

今回は第二部のほうが目いっぱいのプログラムできつきつでした。ご来場いただいたお客様の方々には朗読作品をゆったりと鑑賞できるように御紹介できずご窮屈様でした。

こうした意味で朗読会の企画運営の方法などをもっと勉強する必要がありました。

次回 第19回朗読会 ばぶの会は来年2018120()13:30開場14:00開演~16:00

※次回の朗読会で朗読をしてくださる方を45名募集中です。締め切り1210日。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-19 17:41 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

第18回朗読会 ばぶの会  無事開催できました (報告)  

第一部子どものためのお話し会のほうは体調を崩したお子さんなどもあって当初予定していた人数には至りませんでした。

現地徴用(?)の出囃子演奏隊は急ごしらえにもかかわらず好評で見事にスリリングなパーカッションで雰囲気を盛り立てて要所要所にアクセントをつけてくれました。

  演目

・ばぶさん創作短編童話 『ごりちゃんとりらちゃん』から①はじめてかいた手紙②ゴリラパパさんの自転車教室③クッキーリラちゃん の3

・蛙の伝言板

※幕間に手あそび 「まがりかど」 「5匹の子豚がオオカミをやっつけた話」

・立体パネルシアター 「私のワンピース」

おまけ 『ワルグチエンザ』(ばぶさんの創作童話)

2部 大人の為の朗読会 参加者20名は当初の希望目標の人数でした。

  演目  

☆ 岸田今日子・作     ミッシェル

☆ 夏目漱石・作      柿

☆ 芥川龍之介・作     蜘蛛の糸  

☆ さねとうあきら・作   おこんじょうるり

☆ 宮沢賢治・作      なめとこ山の熊

5作品のうち3作品が地元の『カワセミ座』の皆さんのお力添えでした。

今後もタイアップして朗読会を展開していきたいと思いました。

全体を終えての反省点

子どもの部と大人の部という2部構成で開催する場合の時間配分の工夫・調整

今回は第二部のほうが目いっぱいのプログラムできつきつでした。ご来場いただいたお客様の方々には朗読作品をゆったりと鑑賞できるように御紹介できずご窮屈様でした。

こうした意味で朗読会の企画運営の方法などをもっと勉強する必要がありました。

次回 第19回朗読会 ばぶの会は来年2018120()13:30開場14:00開演~16:00

※次回の朗読会で朗読をしてくださる方を45名募集中です。締め切り1210日。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-19 17:38 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

ぼちぼち生きましょう

ぼちぼち生きましょう

先ずは イメージを整理しましょうよ

とりあえず今は せかせかから遠のいて

背中を丸めちょこちょこ歩きのペンギンさんではなく 

背筋を伸ばしてゆったりとぼちぼち歩く きりんさん

あのサバンナの夕陽の中を泰然と歩くキリンのシルエット

見上げれば西の空に 一番星ぺかり

意気消沈していく気の流れの中にも

じわじわとこみあげてくる上昇気流

「こっちだよ」ってぺかり一番星が招いてる

ぼちぼちいきましょう


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-16 06:01 | ばぶさんポエム | Comments(0)

無理の理 & 有理の理

辞書を引いても見当たらなかったので「無理」に対して「有理」という意味合いを込めて多少無理やり作った造語『有理』です。

 

縁あってこの世に生を受け、私が今ここに生きています。

いろいろあって生きている、生きているからいろいろあります。

人生いいことばかりじゃありません、さりとて、悪いことばかりでもありません。

世の中いいことばかりじゃありません、さりとて、悪いことばかりでもありません。

実にこの『さりとて』こそが味わい深い奥行きと広がりを実感させてくれる世界なのです。

ここはひとまず安易に短気を起こさずにぼちぼちグタグタゆるゆると参りましょう。

夜中に目が覚めました。しかも頭が冴えて居ます。

そこで起床にはまだまだ早すぎる時間でしたが起き出しました。無理しておきたのではなくて私というスケールだからという理(有理)で起き出したのです。

今週末の朗読会の会場の飾りとしてモビールを一組作るという方針は決まっていましたが、

そもそもはこのモビールをどうやって会場に飾るのかのアイデアをああでもないこうでもないと第1案、第2案、第3案…と思案しているうちに頭がすっかり冴えてしまったのです。ともかく見切り発車でモビール本体を作り壁からの支えのベースはモビールを作りながらシミュレーションし、即ダミーを作ってみたもののイメージしているように下げられないでいるうちに手が勝に動いてそして閃いて全く別のアプローチを試みます。

工房内にある適当な木っ端を加工し太さ2ミリのピアノ線で構成して今回の結果物に至りました。イメージとしては釣り人が釣り竿をたてているようなフォルムです。案ずるより産むがやすしの類でした。
[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-15 07:42 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

無理の理

退院後初めての受診通院Dr.からのアドバイス(無理の理)

Dr.から経過観察と説明を受けました。

診察前に脳のCTを撮りその映像を見せていただきながらDr.から経過の現状を説明していただきました。

10/3の映像には明らかに映っていた脳内出血が今日(11/13)の映像では出血の痕跡がほとんど消えていて「体内に吸収されています。経過は良いですよ」なにより嬉しい解説でした。

「その後体調はどうですか?」と問診され、

早寝早起きの生活に改めたこと、

飲酒を10/1より止めていること、

38分徒歩で通勤していることなどなど活き活きと近況報告をしましたところ・・・

なんとDr.からいろいろ「無理の理(ことわり)」を指摘されました。

・早寝は勧められるが『早起き』はあまりしないほうがいい、再発する人の行動パターンです。朝は起きてからすぐあれこれ行動するのではなくむしろ『だらだらとゆっくり動いたほうがいいです。』

・もう身体が若くはないのですから『体を鍛える』などとは考えないほうがいいんです。

鍛えようとしたってくたびれるばっかりですよ。

・ともかく今は血圧を平均値の枠内に下げて安定させることが最優先です。

私のリハビリーでのキーワードはどうやら当面『だらだら』と『ぼちぼち』が必須のようです。実はこれが私にとっては一番不得意な分野なのです。

いっそ、「だらだら道」と「ぼちぼち道」を究めてみるといたしましょうか。

不得意なればこそ極めてみるやりがいを見出せる分野かもです。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-13 21:02 | 健康と病気 | Comments(0)

退院して22日が経ちました。不便を生きる。  

私を気遣って「調子はどう?大丈夫?無理しないでね」といろいろな方がいろいろなタイミングで声を掛けてくれます。ついつい病人になりそうなひと時です。

相手の気遣いや心配に感謝しつつも『病気になっても病人になるな』です。

こういった意味合いで、脳内出血というダメージを受けたことが、肉体的な面よりも精神的な面のほうに影響を見せだした頃でもありました。確かにけがをした以前の自分と比べると自分の体内から出てくるオーラのテンションが低いです。相手の方はここを感じ取っての見舞いの言葉です。

この点は致し方ないので徒に否定したり無理に元気を装ったりはしないように努めています。

『無理』『無理しないで…』 何度も聴くこの言葉です。

私は自問自答してみます。 無理って何でしょうね。

試みに国語辞書を引いてみますと、

①道理に反すること、筋が通らないこと。

②困難な事。不可能。

③あえてすること

「無理が通れば道理が引っ込む」という教えなどは私が長く親しんできている言葉です。

無理をしないでやりたいことをやる方法を新たに創造する時期にはいています。

今まではいつもやりたいことが次々あって45年間ワクワク暮らしてきましたからよる夜中でも、閃いたら起き出して作り物やら試作やらなどしてきました。

遠距離でもとんぼ返りのようにフットワークも軽く行動してきました。

確かにこれらはいわゆる無理の範中であったかもしれません。

左被殻出血というシグナルで脳がそのことを私に教えたのでしょう。そろそろ休憩しましょうよ。

いつまでも若い時の体力ではないのだから宗旨替えしましょう、という脳からの提案です。

今回入院中リハビリの先生から大事な心得として諭されたことは『夜は脳を休ませる時間』ともかく夜は早く寝て脳を休ませることを優先させる。「21:00から遅くとも22:00前には就寝する」という心がけを実践しています。まれに20:00代にも就寝します。長い間の生活習慣ですから早々に眠りにつけません。けれども「眠れない」ということを気に病むことをやめにしました。まれにシュッと眠りにつけることもありますが、一進一退、時には一進二退、何があってもこんな時もあるさと受け止めるように努めています。

退院時Dr.からは『おおむね向こう二カ月間は車の運転はやめてください』とドクターストップです。

そこで自転車と徒歩を駆使しての暮らしになりました。バイト先への通勤はかつて自転車でしたが、リハビリを兼ねて徒歩38分しています。コインランドリー往復1.9キロは車でなく自転車の荷台に洗濯物をバッグに詰めて運びます。車で移動していた買い出しも『歩いて行ってみよう』と片道30分。

不便という感じ取り方よりも『新たな付加価値をつけている買い物』という風に思うようになりました。


[PR]
by 09donpo11 | 2017-11-12 08:01 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)