ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
華麗なる加齢ライフ
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
イメージ的には人間寝袋
at 2018-06-18 06:45
応援歌 心で歌いながら
at 2018-06-15 05:47
飲み忘れたドリップ珈琲
at 2018-06-14 06:07
指先センサー その2 草取り編
at 2018-06-09 20:40
「がんばれナラの木」というブ..
at 2018-06-06 07:49
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2018年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

モチモチの木・考  その1  幼い子にとって暗がりは恐怖です

作者の斎藤 隆介氏は1917125日生まれ~19851030(68歳没)の日本の児童文学作家。1917年ということは大正6年、私が生まれる36年前です。もし仮に斎藤隆介さんが今年御存命なら齢101歳です。

私が斎藤さんの作品と最初に出会ったのは1973(当時20)、友人から推薦された図書に「ベロ出しチョンマ」という単行本でした。

「モチモチの木」の初版本は19711120日に滝平二郎氏の切り絵を得て岩崎書店から創作絵本のシリーズの一つとして発刊されています。(私が18歳、けれども当時の私にとっては絵本も斎藤さんも全く未知の世界、関心も興味もありませんでした。)

峠の猟師小屋に64歳のじさまとたった二人で暮らす豆太は、5歳になっても夜中に一人で雪隠(せっちん)に行けません。じさまにしてみれば豆太は可愛さもひとしおの初孫か何かでしょう。

ここでいうところのせっちんは屋内にはない小屋の外付けのトイレです。

峠の猟師小屋というロケーションを併せ持って思い描いてみれば、周囲に隣接した人家や集落があるとは思われません。

月夜の晩ででもなければ猟師小屋の周囲はかなり真っ暗で静かな場所だったことでしょう。

暗がりの中にぽつり独立した一軒家なのだろうと思います。

電気は来ているだろうけれども小屋の中の部屋からセッチンまでの通路の夜間の照明はそれほど豊かではないでしょう。豆太は臆病な子供なのですが、臆病にならざるを得ないような住環境も背景にありそうです。

そのせっちんの横には大きなモチモチの木が、空いっぱいに枝を伸ばして立っています。

昼間見上げる巨木と夜の暗がりの中で見上げる巨木とでは同じ木でも存在感が大きく異なります。目に映る木の姿も、また、シルエットから連想するイメージも別物の世界です。

じさまはどんなにぐっすり眠っている時でも、豆太の「じさまぁ」の一言にすぐ目をさまし、真夜中にせっちんに連れていってくれます。たとえ小さな声で呼ばれても聞こえるのです。こんなところにも豆太に対する情愛の深さが読み取れます。

ある夜大好きなじさまが急な腹痛を起こし苦しみもだえます。

豆太は俄然奮起し医者様を呼びに夜道をたった一人ひたすら走ります。

片道約2キロの距離だったろうと思います。

町中と違って街灯などともっていない山の中の道です。まだ5歳です。実に健気な行動です。

(前略)

――イシャサマオ、ヨバナクッチャ!

豆太は仔犬みたいに身体を丸めて、表戸を身体で吹っ飛ばして走り出した。

ねまきのまんま。ハダシで。半道もあるふもとの村まで……。

外はすごい星で、月も出ていた。峠の下りの坂道は、一面の真っ白い霜で、雪みたいだった。

霜が足に噛みついた。足からは血が出た。

豆太は泣き泣き走った。いたくて、さむくて、こわかったからなァ。

でも、大好きなじさまが死んじまうほうが、もっと怖かったから、泣き泣きふもとの医者様へ走った。

(後略)

無我夢中でひたすら頑張ったのです。豆太は医者様の背中に負ぶわれて小屋に戻る道でモチモチの木に灯がともっているのを確かに見ます。

(前略)

つぎの朝、腹いたが治って、元気になったじさまは、医者様の帰ったあとで、こう言った。 

「お前は、山の神様の祭りを見たんだ。モチモチの木には灯がついたんだ。

お前は一人で夜道を医者様呼びに行けるほど勇気のある子供だったんだからな。

自分で自分を弱虫だなんて思うな。

人間、優しささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっとやるもんだ。

それを見て他人がびっくらするわけよ。ハハハ」

(後略)


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-31 07:07 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

限りのぎりのぎりを極めてみたい

自分という「限り」の縁のへりを丹念に歩いてみたい。

限りのぎりのぎりを極めてみたい。

限りがあるというのは無限大とは違うけれど

不自由というのはなんて自由なんだろう。

ガッシュ絵の具のようにスペースをマットに塗りつぶすのも表現だけれど、

透明絵の具で塗っていくときに出てくる色むらを、これまで、ある種苛立ちの対象にしていたけれど

視点を変えてみれば色むらは面白い。色むらでとことん遊んでみたい。

塗むらの揺らぎの中に新たな表現世界を見つけた朝。

脳卒中を体験したことで新たな世界と出会えている。今日は定期通院の受診日。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-29 07:35 | 健康と病気 | Comments(0)

一日24時間

24という数字は実にうまくできているなぁっと最近思います。

もっとも人間の身体のリズム(体内時計は25時間のできているのだそうですが・・・)

それにしても一日を24等分に分割した割り振りのアイデアには興味深いものを感じます。

何処を起点に丸ごとの一日に思いを馳せるかは別として、

4時間で一日の6分の1。ここから2時間経過すると6時間。

6時間で一日の4分の1。さらにここから2時間経過すると8時間。

8時間で一日の3分の1。そしてその後4時間経過すると12時間。

12時間で一日の半分。加えて4時間経過すると16時間。

16時間で一日の3分の2。

昨年10月1日に脳卒中を体験し、

一日当たりに頑張れる総量が少なくなった分だけ、貴重に感じる丸ごとの「一日」です。

今日は何をメインに使おうか?やっぱり、『あれとこれだな』っと思う日々。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-28 08:00 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

紛れて見失った銀行のキャッシュカード

あせりました。あるべきカードがあるべきところになかったのです。

幾つかの銀行のキャッシュカードを使用目的別に分けて併用しています。

某銀行のカードに関しては工房の家賃を大家さんの口座に振り込むことをもっぱらに使っています。バイトの給金が別の銀行の口座に振り込まれる給料日。

そっくりおろしてお財布代わりに使っているこれまた別の口座に移しそこからさらに某銀行に家賃分の金額を割り振って入金しそこから大家さんの口座に今月のお家賃を振り込むのです。

ですから某銀行のキャッシュカードは先月のお家賃を振り込む際に使用したっきり使っていません。

セキュリティー上問題があるかもしれませんが某銀行の通帳にキャッシュカードは一緒に保管しています。

通帳の間に挟んでいますので迷うことなく通帳を開きましたが、キャッシュカードだけが挟まっていません。

家賃は翌月分を月末までに払い込む約束事になっていますが、私的には給料の出た日に払い込みたいのです。

今月はそれができませんでした。

あちこちに行くはずのない某銀行のキャッシュカードですから心当たりに探す場所はひとつだけ。いつも持ち歩いているバックの中しかありません。

捜しました。

あっちのポケット、こっちのポケット、外ポケット、内ポケット。

ありません。

パニクリました。

一日二日三日と断続的に探しました。

思い込みはいけない…と、もしかしたらひょんなところから出てくることだってあるかもしれませんから部屋の中も、あっちこっち見てみました。

けれどもありません。

初心に帰って再三バックの中を探しました。

「やっぱりないわ」と溜息をついた時、履いていたスリッパの横の床の上にカード。

あれ?なんで?

徹底して捜しているうちにカバンの中のタオルの間かなにかからひょっこりと出てきたのでしょう。

思わず笑っちゃいました。

安堵しました。

さっき駅前の某銀行に行って来月の家賃を振り込めました。

教訓 ①・・・同じところを同じアプローチでばかり探さないこと。

教訓 ②・・・始末はやりっぱなしにせず「目視確認」「触指確認」


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-27 13:50 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

今年の抱負を思い描いてみます

もっと厳密にいうと今年からの抱負といったほうがふさわしいです。

私は今年の9月に65歳を迎えます。

あと何年生きられるか、あと何年しか生きられないのかは定かではありませんが、いずれ訪れるであろう終焉に向けて今一歩(あるいは半歩)近づきつつあることは間違いありません。

そこで「抱負」ですが『切羽詰まったものの持っている爽快感や充実感』を探し求める旅の新たなスタートラインの第一歩の自覚にします。

『切羽詰まった…』は両刃の刃ですから、悲壮感や焦燥感も伴ってきます。

が、その一方で、「もう後がないもの」の持つ『サバサバ観』や『あとくされのない生き方』があります。

その後者のほうを見つける精神の旅の始まりです。

もっと厳密に言いますと「切羽詰まり始めている私の暮らし」の中で自問自答を重ねていくとはっきりしてくるものが『関わりとしての本気度』です。

若いころ抱いた抱負はとかく「あれもこれも」でしたが60代に入って「あれとこれと」となり、そして最終的には「あれかこれか」の見定めが問われてくるのでしょう。

やる気満々でやたらめったらジタバタしていた60代より前の時代から、加齢力によって熟成が進みだしている時代に入ってきているのです。

70代から先のことはその時に入ってから考えを進めます。 今日も蟻がリュックしょって富士登山。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-26 06:12 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

まだ雪解けぬ朝の「お気をつけていってらっしゃい」

22日から降った大雪。その日の夜のうち翌朝歩きやすいようにと歩ける幅の道を付けました。

が、夜・夜中も降り続けていたようで、翌朝(23日火曜日)出勤の時には段差の痕跡は確認できつつも通り道は雪で覆われていました。


いつもだったらアルバイト先の一時保育室までチャリンコで15分前後か、もしくは、てくてく歩きだと36分程の通勤路です。

さて今朝の通勤手段はどうしましょう。自転車では無理だし危険なので一瞥してやめにしました。

てくてく歩き+ところどころラッセルもどきの行程を考えて所要時間は1時間6分と予測しました。


途中まで表通りのバス通り沿いに歩いて、お寺さんがあるところからバス通りを離れてお寺さんの脇の108段石段を登ってショートカットです。

有難いことに石段はどなたかがあらかた除雪しておいてくださったので危なげなく上まで上がることができました。


住宅街を抜けて再び別の路線バス通りの歩道を歩きます。

平常であればここからバイト先までは徒歩&徒歩30分弱の直線路。

道中に某新聞店がありましてこちらのお店の前の歩道はかなり除雪が完了してました。


かき寄せた雪がうず高く約1メートル40㎝位の雪だるまらしきものになっていました。

時折足元つるつるしつつ若干の緊張を抱いて目の前まで近づき通り過ぎようと横目でチラリ。

その雪像に目をやるとありきたりの「雪だるま」ではありませんでした。

なんと「シロクマ」のような面立ち、ふううんなんかおしゃれですねえ、グッドセンス・・・

と思いつつその白熊君を丁寧に見ると何やら細枝に画用紙の旗を持っています。

その旗には「(おあしもと)おきをつけていってらっしゃい」とかいてあるじゃぁありませんか。


私は妙に感動してしまいました。

ユーモアのセンスと隣人愛にあふれた心づくしの言葉。

きっとこの方(製作者)も人生を楽しむことを忘れずに日々をお暮しになっておられることでしょう。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-25 21:28 | 感動のおすそわけ | Comments(0)

等身大の私で『モチモチの木』

3月は私の朗読仲間とやっている朗読会『ひねもす朗読会(第34回)』と

私の主催する『第20回朗読会 ばぶの会』の二つがあります。

ひねもす朗読会は3か月に一遍のペースで開催しています。

私の主催する朗読会は2カ月に一遍(隔月・奇数月の第3土曜日)にやっています。

次回の3月の朗読会に向けて、斎藤隆介さん・作の『モチモチの木』の稽古に入りました。

何せこのお話しに出てくる「じさま・64歳」という作者の設定ですから。

嬉しいことに私も64歳。

「じさまなばぶさん」と「ばぶさんのじさま」一体どんな融合ぶりをするでしょうか。ワクワクしますね。

「等身大の私」でどこまで表現できるか朗読会にかけたいと思っています。

チャンスは逃さず。チャレンジします。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-21 12:27 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

第19回朗読会 ばぶの会 無事終了 (報告)

心配していた天気も持ちこたえてくれて朗読会無事終了いたしました。

出演者の皆様ありがとうございました。

朗読参加をしてくださる方々のレベルがどんどん高くなっているその成長ぶりが主催者としてとても嬉しいです。

切磋琢磨という言葉がありますが朗読の研鑽を続けていくうえで大変貴重な励みになります。

また、朗読会場にわざわざ足を運んで朗読を聴きに来てくださったお客様方、ご来場ありがとうございました。

次回第20回朗読会の開催は317日(土)14時開演です。

また、

21回朗読会 5/19(土)ポプリホール リハーサル室 

22回朗読会 7/21(土)ポプリホール リハーサル室

も会場の確保ができていますことを併せてご報告いたします。

ご都合が付きましたら是非またご来場ください。

※ 現在第22回朗読会への朗読参加をしてくださる方を3名募集中です。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-20 18:44 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)

『氷河ネズミの毛皮』そして『水仙月の四日』  その5

雪山で吹雪に巻き込まれて立ち往生し遭難しかかった子どもは、ゆきわらしの助力で命拾いします。最後に死なずに生き延びてくれる登場人物の物語は賢治さんの作品では少ないです。

生き延びてくれるとホッとします。

大自然の脅威や猛威を扱ったお話を、賢治さんは「ユキバンゴ(雪婆んご)」や「ユキワラシ(雪童子)」や「ユキオイノ(雪狼)」という擬人化したキャラクターを駆使して存分に表現しています。

私は5年前にもこのお話しは朗読会で発表しましたがその当時は擬人化しているほうに傾斜して多少ヒステリックな風合いで感情を持った人間のように読みました。

けれどもユキバンゴにしてもユキオイノにしても大自然の中での猛吹雪という現象や摂理そのものなのですから今回はヒステリックな感情表現のようにならない読みをしてみたいと思っています。

但し主人公のユキワラシは思いっきり人間臭く「健気な少年の姿」として読み切りたいと思います。

その健気さこそが雪山で吹雪に巻き込まれた小さな子どもの命を救ったのですから。

いよいよあした(1/20)は第19回朗読会当日です。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-19 22:24 | 朗読稽古のスケッチ | Comments(0)

ばぶさんポエム あしの裏 (出発前の会話)

あしの裏 出発前の会話

かかとがつまさきに言いました。

「おーい10ぽんの兄弟たち、しっかり大地をつかんでいるかい?」

ゆびさきたちはむずむずへんじしました。

「つかんでいるよ、がっちりスクラムくんでさ。かかとさんはどうだい?」

「ああ、しっかり体重をうけとめているよ」

まんなかでつちふまずくんがいいました。

「さあ、つまずかないように、

よろけないように

きょうも役目をはたそう」


[PR]
by 09donpo11 | 2018-01-18 05:42 | ばぶさんポエム | Comments(0)