ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
華麗なる加齢ライフ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
第22回朗読会ばぶの会  (..
at 2018-07-22 08:48
かぼちゃの煮物
at 2018-07-19 14:52
第22回朗読会 ばぶの会 の..
at 2018-07-17 20:01
水やりしたら、あとは念力をお..
at 2018-07-17 07:18
第二世代の発芽 パート2(マ..
at 2018-07-16 07:25
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2018年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

妄想の花壇づくり始動開始  (逐次経過報告のレポートその1)

一昨日の日曜日、日中のあらかたをガーデニングに費やしました。

いまは残土の小高い丘状態のスペース(広さにして畳8~9畳分位)全体を花で埋まる寄せ植え花壇のような場所にしたいと妄想を抱いてとりあえず「3年計画」を立てました。

昨年、一昨年はこんなイメージを持っていなかったスペースだったので雑草が生い茂るままの土手状態でした。

だからことしはまず 雑草の草取りから取り組んでいます。

雑草といっても立派な名前がついているので紹介しておきましょう。

そのなは「カナムグラ」といいます。

蔓性の植物ですから藪全体を覆い太陽光線を一身に集める叢の王者です。

秋口になって除去しようものなら蔓に細かな棘が沢山あって痛いことこの上ないです。

本気で除去するなら蔓の棘が痛くならない夏前までですね。

これが見事な繁殖力ですから、昨年こぼれた種が春先から一斉に芽を出しました。

双葉のその数にして300~400位は優にあります。

本葉が2~6枚くらいついてきて根こそぎ抜き取りやすくなったものからせっせせっせと一株ずつつまんで抜いています。

もう三分の二くらいは摘み取りました。土手の脱毛エステ、私はエステシャンです。

草取りはやみくもにやってはなりません。

これまでの経験智を総動員して、それぞれの植生に応じた抜き取り方を工夫します。

元より残土のいわばゴミ捨て場のような場所なのでガラやら大小の石やらが出てきます。

花いっぱいの寄せ植え花壇創出の妄想実現のためにはこれらのガラや大小の石ころも除去する土の整理の土木作業が必然的に伴ってきます。

すてられた残土の中に水仙の鉢植えだったものもあり、雑多に芽吹いてきていますので救出できるものは取り出して植え替えをしてあげます。

小指の先前後の小さな球根の分球たちは3~4年世話してやれば花をつけるほどの大きさに育つでしょう。花いっぱい花壇の一部分には水仙の列を添えよう…妄想は具体化して作業の疲労感を癒してくれます。

/11の被災地などでも津波でやられた現地の人たちもこのような活動を地道にやってきたことだろうなぁと連帯の思いを描きます。

そういえば「水仙プロジェクト」などといった活動を展開している人たちもいましたね。

拾い出したあれやこれやをミノに一旦集めて、別の場所に砂利捨て場を設定してそちらに人力で捨てていました。

体力もバテてきたころ思い運搬を繰り返すうちによろけてこけて左のむこうずねを痛打しました。

失態に顔をしかめつつ笑いました。まるで絵に描いたような見事なよろけ方&こけ方の痛打でした。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-27 06:16 | ばぶ式ガーデニング | Comments(0)

「まず、書き出してみることだ、そうすれば書きたいことが見えてくる」 

 

どなたの言った言葉だったのかは聴き飛ばしてしまいましたので記憶をたどれません。

けれどもある脳科学者が彼の講演を終えて講演会会場の聴衆から

「書けないのですがどのようにしたら書けるようになるのでしょうか?」

といった類の質問を受けたときに、どこかの国の学者さんが説いていたこの言葉の中に真理があったという発見体験を紹介し力説していました。

私もたまたまこのような実感もどきを掴み始めているさなかだったのでこの言葉が耳に残りました。

『解っているから書ける、解ってないから書けない…』確かにこうした面もあります。

けれども、それがすべてではありません。

解る手前、あるいは、解ったという手前の段階の時、ともかく、書き出してみると書き込んでいるうちに解りたいことが徐々にその姿を明らかに見せてくれるという場合が確かにあります。

同様に、悩み事を抱えていてその相談を誰かにしている時、愚痴も含めて相手の人に悩み事を聞いてもらっていると、相談している相手の方から一方的にレクチャーを受けるのではなくて、語りかけていく内に自分で答えを見つけ出しているという体験もあります。

これはきっと、「書いてみる」とか「聞いてもらう」という行動を起こしていくと、行動しないでいるときよりも脳みそが活性化してくれるからなのでしょう。

実に興味深く思います。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-26 05:05 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

朗読会「 声と心の空間 」に参加して

昨日友人の主催する朗読会「声と心の空間」に友情出演で朗読参加させてもらってきました。

とても素敵な朗読会で、素敵な作品に沢山たくさん出会えました。

そのなかで「ゆずりは」という詩に感動しましたのでウキペディア等で自分に引き寄せながら調べてみました。

◆ 杠(ゆずりは)という詩  河合酔茗さんのこと

作者のお名前は、河井醉茗(かわい すいめい)、幼名は幸三郎。日本の詩人。

1874(明治7年)/05/07 1965(昭和40年)/01/1791歳の生涯。

私が小学校6年生の時に急性心臓衰弱で東京都目黒区中目黒の自宅でお亡くなりになったのでしたか。

この方はどんな仕事をした人なのかというと『少年文庫』の記者として1907年(33歳)に退くまで詩欄を担当し、北原白秋、島木赤彦ら多くの詩人を世に送り出したとありました。

雑誌「女性時代」「詩人」を刊行するなどして口語自由詩を提唱しました。

1901(27歳)に詩集『無弦弓』を刊行。また「よしあし草」の詩歌欄を編集。

1893(19歳)に石井たまと結婚し一男六女を授かる。

1922年に平塚海岸に移住、ふぅ~ん私の生まれ在所に暮らしていた時期があったんですねぇ。

作者についての紹介はこれくらいにして、詩 「ゆずりは」を紹介します。

◆ ゆずり葉    かわいすいめい

こどもたちよ、これはゆずりはの木です。

このゆずりはは 新しい葉ができると 入れ代わって古い葉が落ちてしまうのです。

こんなに厚い葉 こんなに大きい葉でも 新しい葉ができると無造作に落ちる、

新しい葉にいのちを譲って—。

こどもたちよ、おまえたちは何をほしがらないでも すべてのものがおまえたちに譲られるのです。

太陽のまわるかぎり 譲られるものは絶えません。

輝ける大都会も そっくりおまえたちが譲り受けるものです、読みきれないほどの書物も。 

みんなおまえたちの手に受け取るのです。

幸福なるこどもたちよ、おまえたちの手はまだ小さいけれど—。

世のおとうさんおかあさんたちは 何一つ持っていかない。

みんなおまえたちに譲っていくために、

いのちあるものよいもの美しいものを 一生懸命に造っています。

今おまえたちは気がつかないけれど ひとりでにいのちは伸びる。

鳥のように歌い花のように笑っている間に 気がついてきます。

そしたらこどもたちよ、もう一度ゆずりはの木の下に立って ゆずりはを見る時がくるでしょう。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-25 06:45 | 感動のおすそわけ | Comments(0)

『あん』という映画を見てきました


監督・脚色:河瀨直美

原作:ドリアン助川『あん』(ポプラ社)

キャスト

樹木希林

永瀬正敏

内田伽羅

市原悦子

この作品は原作としてはまだ読んでいませんが、たまたま何か月か前NHKラジオのオーディオドラマ番組(新日曜名作座?かなにか)で聴いていましたので興味はかなりありました。

私の主催する朗読会の会場のチラシ置き場でこの作品が映画化されていたことと近日上映会があるというチラシを見つけ今回の1day上映会をさっき(3/23)見てきました。

ハッピーエンドのお話しではないけれども、作者たちが伝えたいと念じたであろ「実際につい最近まで続いていた悲しい出来事の背景にある哀しみの深さと奥行き」に押しつけがましさがなく、じわ~っと伝わってきました。「悲しみ」の伝え方に余韻や余白がありました。

そのことによって自分なりにささやかでも何か行動を起こそう、そのためには手始めにハンセン氏病記念館を訪ねてみようというモチベーションを押し上げてくれました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-23 23:29 | 感動のおすそわけ | Comments(0)

朝起きぬけに

朝起きぬけに一定の時間だらだら過ごすようにしています。

白湯を沸かしたり飲んだり、こうしてブログの記事を書いたり、日ごろメモっていた事柄を整理したりして、「わたし流の時間をだらだら過ごす」をしています。

これは一方で朝の血圧を測るまで適当な『間を取る』為の時間の過ごし方でもあるのです。

今年になって今まで関心がなかったけれども新たな発見をして面白がっている楽しみがあります。

You Tubeをいろいろ漁っていてたまたま見つけたのですけれども、某FMラジオ局の番組で『ラジオ版学問ノススメ』というのを雑多に聴いています。ちょっとした「知の冒険」のひとときでもあります。

この番組そのものの存在を知りませんでしたからリアルタイムでは一度も聴いていませんでした。

私は二足のわらじ生活のなりわいに保育士のバイトの他に「ものづくり(木のおもちゃの創作) 」をしています。

ものづくりモードに入っている場合、製作ものに取り組んでいて耳が暇な時間帯というのができます。工作機械を動かして切削している間は機械音の中に浸っていますから当然聴くことはできません。けれども、新たな図案を描いたり、一度書いた図案の手直しなどしたりのデスクワークや、糊づけや着色の行程に入った時には耳はけっこう暇になるのです。大概はBGMを流したり、ラジオドラマや古典落語などをユ―チューブしてきました。

程よく飽きて来ていたところに『ラジオ版学問ノススメ』に出会ったのです。

今思えばこの出会いにはその前段に昨年暮れにやはりYou Tubeで「100分で名著」というの番組もつまみ食いしていたのが導火線になっていたのだろうと思います。

14年前からテレビレスライフにして暮らしていましたから『100分で名著』という番組も昨年知りました。原則映像は観ませんからもっぱらラジオのように聞きかじります。

お耳の暇な方に『ラジオ版学問ノススメ』をお勧めします。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-23 06:02 | 健康と病気 | Comments(0)

もっとよくみなくっちゃ

もっとよくみなくっちゃ

なんのことはないペットボトルの水を薬缶(ヤカン)に必要量注いで湯を沸かそうというときに

「おっとっと」水を注ぎそびれます。

なんと今朝のこれがここ最近で4回目です。ちょっと頻度が濃すぎますでしょうか。

いけませんね。加齢を直視して暮らしましょう。

注意力散漫モードが入り込んできている私です。

こういう時は「瞬時に目視確認のワンクッション」を喚起してから注がなくてはなりません。

当たり前のように粗相をすることなく行動できていたことは何と素晴らしいことだったのです。

粗相のリカバーに備えて雑巾代わりにクッキングタオル(-パー)を添えておきましょう。

「備えあっても憂いばっか」と嘆かぬようにします。加齢も楽しまなくっちゃね。

以前ラジオで故永六輔さんが紹介していた言葉に

「子ども叱るな来た道だから、年寄り笑うな行く道だから」というのを思い出しました。

気になったのでネットで検索を試みましたらこんなのもありました。

子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの、

来た道行く道二人旅、これから通る今日の道、通り直しのできぬ道

この格言の作者は不詳。妙好人(=浄土宗の信徒の誰か)という。永六輔さんが著作『大往生』で、愛知県の犬山で見たビラの言葉を広めたのがきっかけだそうです。

素朴な疑問は大概ネットで調べられる極めて便利な時代の中で私たちは暮しているんですね。

ならば何でも「疑問」をもってもっと好奇心を沸かして暮らしましょ。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-22 05:09 | 健康と病気 | Comments(0)

時々思い出す言葉    ・・・ つぶやきは人生を創る ・・・

その人が日頃どんなことをつぶやいているのかによって、その人の人生が決まって来る…といった意味でしょうか?

いったいどなたの著書に書いてあったものか判りません。

聞きかじりの、もしかしたら「又聞きのまた聞き」であったのかも知れません。

けれども不思議とこの言葉を時々思い出していました。

私の友人が今から10年近い前に彼の暮らしの近況報告のついでに紹介してくれた言葉です。

つぶやきがその人の人生を醸成するといった意味なのでしょうね。

「つぶやきは人生を創る」この言葉自体も私の暮らしの中で10年かけて醸成されてきたのでしょう。

この言葉を耳にして、即、「なるほど」と合点がいくような生活感情はその当時50代前半だった私にはありませんでしたから、半信半疑で「へぇ~、そうなんだ」と聴き留めるところにまでは至りませんでした。

私の大好きな友人が教えてくれた言葉ですから聞き流したつもりはありませんでしたが、けれども妙に記憶の片隅に残っていまして、折に触れ時どき思い出していました。

言葉には言霊が宿っているといいます。

それが最近になってだんだん実感できるような心持ちで日々を過ごしています。

この言葉を教えてくれた友人ともここ最近会っていないのでとても会いたくなりました。

そして彼に「『つぶやきは人生を創る』っていい言葉ですね。」と感謝の思いを伝えたいです。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-21 05:51 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

デジタルの効用 目覚ましアラーム

デジタルの効用 目覚ましアラーム

単に目安にしか過ぎないとは思っていますが、それでもデジタルならではの効用があります。

日頃、目覚ましのアラームに「4:56」を使っています。

これが結構自分の運気を上げるラッキータイムなのです。スムースに目覚めることができ快適です。

かつては「ぞろ目」を好んで使っていた暮らしでした。例えば「4:44」とか「5:55」などがそれです。

けれども脳卒中で入院し、退院してから自分自身の生活作りで『ぞろ目タイムのアラーム』は何故かなぜだか今一つ運気が上がらないのでした。

そこで発想を変えて「ぞろ目の横ばい」よりも「一つ上がり」に変えてみましたら、これがなかなかいい感じなのです。

『一つ上がりのアラーム・セット』としては「1:23」「2:34」「3:45」「4:56」とありますが自分の生活に当てはめると実効性のある選択肢は唯一「4:56」でした。一日24時間の内で唯一なのです。

「4:56」は即効果が上がったわけではありませんが、いろいろ試しているうちに身体を目覚めさせるのにしっくりしているラッキー・タイムであることが実感されました。

イレギュラーとしては就寝時ねそびれたときの就寝の目安として「23:45」、休日の昼間の『12:34』をたまに使います。ラッキー・ナンバーの効用を面白がっている生活です。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-20 06:16 | 健康と病気 | Comments(0)

 「いいかげん」の中に「よいかげん」を創り出すデジアナ暮らし

デジタルって便利で不便です。

デジタルってかっちりピタッとそこに留められますから便利といえば大変便利です。

けれども、融通の利かない面もあります。

IH調理器具を使っていて、『加熱時間のタイマー』は私にとっては便利なので重宝しています。

その一方火の加減を「中火」と「弱火」の間の微妙な処にセットしたいときに困ります。

気象の方角の表記で「南東」があります。さらに「南南東」と「東南東」というのがあります。

けれども「中火」と「弱火」のあいだに「中弱中火」や「弱中弱火」がないのが不便です。

そういう時は細かいところにとらわれ過ぎず、自分の中に『いいかげん』という振れ幅を取り込んで、結果オーライの「よいかげん」に軟着陸させます。デジタルでアナログな暮らしです。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-19 05:32 | クッキングばぶさん | Comments(0)

第20回朗読会 開催できました (報告)

本日(03/17) お天気にもめぐまれ朗読会を予定通り開催できました。

●今回の演目と朗読順

①キツネの窓/ 安房直子・作                 朗読 松原 momo

②夢十夜より 第一夜/ 夏目漱石・作            朗読 村林正敏

③空中ブランコ乗りのキキ/ 別役実・作           朗読 村松美里

④蜘蛛の糸/ 芥川龍之介・作                 朗読 高徳二三子

  ~15分休憩~

⑤ふたりはともだち/ A・ローベル作             朗読 林恭子

⑥祭りの晩/ 宮沢賢治・作                   朗読 木村博子 

⑦モチモチの木/ 斎藤隆介・作               朗読 曵田宏

今回は朗読会の主催者としての立ち位置についてささやかながらも学びや気づきがありました。

そのことについて備忘録の意味も込めて少しく綴っておきます。

当初今回は第20回目の開催ということもあって朗読会に向けて多少肩に力の入った取り組みになりかけていましたが、「目標は100回開催。先はまだまだ長いのだからと気づき力まず自然体で朗読会を開催していこう」という心持で開催できました。

その意味では今後の朗読会の方向性と主催者としての立ち位置が見えた回でした。

朗読会の中味は誰が創るのか?朗読会が朗読会として育っていく為には主催者と朗読をする人と朗読を聴く人みんながそれぞれ楽しめることが大切だということ。

主催者は最大限心配りで諸事情に対して是々非々で対応することが肝要だという経験智をまた一つ積み上げることのできた朗読会でした。

継続は力なりという言葉の輝かしさも実感できました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-03-17 21:23 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)