ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
子どもたちの「やりたい」を実..
at 2018-12-15 20:36
第25回朗読会の開催 (告知)
at 2018-12-15 06:27
傷が教えています
at 2018-12-14 07:41
通院日は痛イン日  背中と肘..
at 2018-12-13 19:06
元気液と元気の壺  (第3稿..
at 2018-12-12 05:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

<   2018年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Sが消えました

Sが消えました

各産地とも出荷しきったのでしょうか?

また来年のシーズン到来までの「お愉しみ」です。

何のことだかお分かりですか?

もう少し続けましょう。

熊本3回 佐賀3回 長崎2回 福岡4回 愛媛4回 和歌山3回 広島1回

静岡1回 小田原(神奈川)1回 不明(無記入)1回 曖昧サイズのもの2

特に産地は拘りがないのでたまたま店頭で見かけるたびに

買い置きの残り加減を思い起こしては条件反射的に衝動買いしています。

何のことだかわかりますか?

答えは今シーズン買い求め食した温州ミカンの産地です。

私のことですから次回から来年2月末くらいまではMサイズの温州ミカンを

購入し食していることでしょう。

そして全部まとめて「温州ミカンはうまい」んです。私は大好きです。

今日で11月も終わり明日から12月。

この11カ月いろいろデコボコありましたがだいたいいい感じに過ごせました。

今年もあと残すところ1か月に入ろうとしています。

今年一年良い年だったなぁいい仕事ができたなぁと言い切れるよう

12月も精進します。

今日は小さな保育園の行事に招かれて今年最後のパフォーマンス(お話しおじさん)をしてきました。
演目は自作の「うさぎくんとかめくん」「おいしいおかゆ」をやってきました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-30 20:06 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

空想ラジオ番組のエンディングのアナウンサーのMC 

空想ラジオ番組のエンディングのアナウンサーのMC

放送時間も後わずかとなりました。

全員のお便り読めなくてご免なさい。

最後にお名前だけでもご紹介させていただきます。

・おしゃべり大好きのダペッテネースケさん

・ジャングルのゴンゴリゴンゴンさん

・バラ農園のフンバラバーブリさん

・薬屋のタンポコペンポンさん

・パン屋のベーベリブカッペさん

・古本屋さんのチャラットピンケさん

・ひょうたん池のゲーゲロピロロンさん

・床屋のホーゲラパーパラさん

・青カビ研究家のグサッペドサッペさん

・花屋のパラハナピヨルトさん

・三人官女のグータスパータスさんとチョキットケンパァさん

・文房具屋さんのムントスペンスルさん

・漬け物屋さんのサザンガキューリップさん

・自然農法のカジャルタタンボさん

・洋菓子店のマナノニニナンノさん、

みんなみんなありがとう。

ではまた来週のこの時間にお耳にかかります。

それではみなさんごきげんよう、さようなら。

※番組担当のアナウンサーになったつもりで声を出して音読して遊んでください。

楽しんでいただけたら幸甚です。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-29 05:52 | 思いのスキャット | Comments(0)

彩色作業のコツ

何の脈絡もないのですが、ふっと故永六輔さんの言葉を思い出しました。

「職人とは生き方なんです」

彩色作業をしながら永さんの言葉の意味世界を味わいます。

絵筆に絵の具(塗料)をつけてパズルブロックの一つ一つに着色をしています。

絵筆にたっぷり目に絵の具をつけ『塗り』ます。

塗りたい面積に対して幾分多めの絵の具を載せていますから「塗る」行為の後半は

筆先で余分な絵の具を「拭き取る(掻きとる・掃きとる)」ように筆を動かします。

筆を動かし塗るという「加える行為」と、拭き取るという「減らす行為」のひとまとまりで

彩色作業が一区切りつきます。面白いでしょう。

暮らしの中の行為の中にも生かせるような気がしています。

こんな単純なコツを見出したのはだいぶ以前ですが、その頃は「職人技」のようなものへの憧れがありましたのでコツが「見えた」と小躍りしたい程嬉しかったのでした。

今は少し意識が変わってきました。

「職人技」というよりも化粧というような「表現」というアートな心持です。
[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-28 17:24 | 工房日誌 | Comments(0)

大きな不安と小さな大丈夫 こむら返り編

夜間の冷え込みが増してきて春までの季節の到来まで若干の心配があります。

このところ急に冬らしい気候が色濃くなってきて、毎晩ではありませんが、

久々にこむら返りの症状が断続的に起きています。

即漢方薬の芍薬甘草湯を飲みます。ありがたいことに即効性抜群です。

ふくらはぎや足の指が攣る(つる)のは慣れていますからそれなりに大丈夫です。

ところが新たな部位のこむら返り特に『太ももの内側が攣るという痛い体験』を
右と左と計3回体験しました。痛さが違います。

ですからまた症状が出たらと漠然とした不安を抱えています。

昨夜も就寝する前に左の太ももの内側にこむら返りの気配を感じていました。

攣ったとしてもおかしくない体調です。

「また今晩夜明け前に攣ったらつらいなぁ」

昨日(毎週月曜日19:30~20:30)は気功のお稽古の日です。

稽古の最中に近況を交えてこむら返りの体験を吐露しました。

それに対して、こういう姿勢をとってこの筋肉をさすってあげるとか、

こういう体操がいいんじゃないかなetcといったアドバイスをいただきました。

対処法を教わったことで安心を得ました。

気功で体ほぐしやストレッチをしたのもよかったのでしょう。

昨夜は珍しく夜中に排尿で目覚めることもなく4時半の排尿一回で済み、

こむら返りも起きないで朝を迎えることができました。嬉しかったです。

暮らしていると「漠然とした『大きな不安』が付きまとう」ものです。 

それに対してピンポイントの対処法や工夫など「小さな大丈夫」を拾い集めて

暮らしていけば大きな不安をしのげていけるものだと実感を深めました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-27 08:33 | 華麗なる加齢ライフ | Comments(0)

居場所をはっきりさせて帰る場所(定位置)を作ってあげます

そこいらにひょっと置くと、もうどこに置いたか忘れています。

時には置いたことさえも忘れています。

一番の悲劇は出掛ける身支度十分済まして「さあ出発」という直前に財布や

交通系電子カードが見当たらない。

バス停まで何分、急ぎ足でも何分かかる…もうパニクリます。

これを避けるためになるべく置き場所を固定しておくようにしています。

物忘れは想定内ですからめったに悲劇を生まないように努めて暮らしています。

それでも時として見当たらなくなることがあります。

近眼の眼鏡についてはロフトの枕もとの壁に眼鏡入れケースを作ってビス留めしてからは、

殆ど解消しました。

最近新規に購入し携帯ポケットラジオ、この子がまた放蕩息子で神出鬼没。

ひょいとしまってどこにしまったかわからなくなります。

今日はポケットラジオの置き場ケースを作って壁付けにしました。

私は木工をやりますから工作機械と材料には事欠きません。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-26 11:08 | 華麗なる加齢ライフ | Comments(0)

人生の徳俵

人生の徳俵

お相撲の「土俵」は、土を詰めた20個の俵で試合場の内外を円形の境界線で

表しています。縁の大きさは内径が十五尺、およそ4.5メートルです。

東西南北の四俵は、俵の幅の分だけ外側にずらしてあり

これを「徳俵(とくだわら)」と言います。

勿論、外に出ている分、土俵際に追い込まれても

その分だけ足を残せるところから「徳俵」と呼ばれています。

調べてみましたら徳俵がずれている理由は他にありました。

昔、相撲は野外に土俵を作っていましたので雨が降って土俵内に水が溜まった時に

水の掃き出し口として考案されたのが徳俵です。知恵がさえわたっています。

相撲の勝負で劣勢の力士が徳俵に足をかけて踏ん張っている姿には

手に汗握る感動を覚えます。

失業して求職中の私も徳俵に足をかけ踏ん張っているようなものです。

土俵内に溜まったストレスという水たまりの水も殆ど掃き出し終わりました。

焦らずに納得のいく仕事にたどり着こうと思っています。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-25 08:06 | 日々の暮らしの中で | Comments(0)

ばぶさん童心話の『童心話』って何でしょう?

私はこのブログで自分の書きたいことを書きたいように書いています。

「ポエム」でもなく「童話」でもないものを書きたいときがあります。

どちらのジャンルにもはまり切らないので、さてどうしましょうと考えました。

川が海に注ぐ河口付近では淡水でもなく海水でもない混ざり合った水があります。

その水のことを何というのだろうかと調べてみましたらちゃんと名前がありました。

答えは「汽水(きすい)」とう名前でした。

淡水と海水がまじりあっているエリアは「汽水域」というのだそうです。

そこからのヒントで思いついたのが「ばぶさんポエム」でもなく

「ばぶさん童話」でもない『ばぶさん童心話』という造語です。

自由自在に書けるよう条件を整理してみました。

既成のジャンルにとらわれて書きたいことが思うように書けないという状態は

取り込まないように試みています。

この先また不便を感じたらそれはその時考えます。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-24 09:31 | ばぶさん童心話 | Comments(0)

ばぶさん童心話 わたしたち座 (第2稿)

ばぶさん童心話 わたしたち座 (第2稿)  作・曵田原 宏

星座は遥かな昔に人が考え出したものです。 

もしも星座の側に心があって

星座を構成する星ぼしが互いに心通わしていたら・・・

何と素敵なことでしょう。

夜空に輝くたくさんの星。 その中にたくさんの星座。

オリオン座 カシオペア座 大熊座 白鳥座 ・・・

それではそれらのたくさんの星座の中に今生まれたばかりの

『わたしたち座』があることを御存知ですか?

えっ、初耳ですか? おそらく初耳でしょう。

だってさっき思い至ったばかりですから。

『わたしたち座』は夜空にあるのではなくて

私達の心の中にあるのです。

夜空を見上げて

まず私の星を指さします。

これがあーさん。

あっちがいーさん。

そしてその隣がうーさん 

そのまた隣がえーさんで、

そのはす向かいがおーさん。

嬉しいなぁ みんな 仲間だ。

その全部が『わたしたち座』です。

星々は 自由気ままに

心行くまで 輝き続けています。 

やがて互いの存在に思いを巡らしたり、思いを馳せたり、

思いを届けたりするうちに 気がつけば

「わたし」は「わたしたち」になっています。

それぞれの星はそれぞれの場所で

それぞれの輝き方をしています。

輝きはてんでんばらばら 

でも 

それぞれみんな美しい、

その輝きを感じ合うとき

脈打ち響く絆の産声。

もしも星座の側に心があって

星座を構成する星ぼしが

互いに心通わしていたら

何と素敵なことでしょう。

 


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-23 10:37 | Comments(0)

やかの木

やかの木

やかの木をご存知ですか?

え? やかの木ですか、それ「かやのき」の間違いでしょう。

いいえ、やかのきです。

本当はね…、「榧(かや)の木」はありますが「やかの木」なんてありません。

けれども、心の中に「やかの木」はあるんです。

想像力が生み出すのです。

どんぐりの木にドングリがたわわに実るよう

かやの木にかやの実がたわわに実るよう

「やかの木」には毎年たくさんの「やかの実」がなります。

木を植えた男のエルゼアール・ブフィエさんのように植え続けていきましょう。

「やかの実」はたくさんあります。思いつく限りご紹介しましょう。

あざやか あでやか おおらか おだやか 

かろやか きめやか きらびやか こまやか 

ささやか さわやか しめやか すこやか すずやか 

たおやか    

なよやか にぎやか のびやか

はなやか ひそやか ほがらか 

まろやか 

ゆるやか 

どれもみんなポジティブな「やかの実」です。

ポジポジワクワクしているでしょ。

やかの実は粒の大きさも色合いも香りも肌触りも様々です。

どれでも好きなやかの実をお取りください。

気に入った「やかの実」が見つかったら何個でもお取りください。

あなたのお気に入りの場所に植えてみませんか?

誰もが心の中に「やかの木」を植えると、世界中は「やかの木の森」になります。

※もしもあなたが私の気づけなかった「やかの実」を見つけたら教えて下さい。

文中に書き添えます。
※ すずやか と ささやか 書き足しました。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-22 06:29 | ばぶさん童心話 | Comments(0)

ばぶさんポエム   おむすび      (第2稿)

おむすび 

炊き上げたご飯を真ん中に

ふたつのてのひらがであう

互いのてのひらを感じつつ

つつみこんだご飯を

強すぎもせず  

弱すぎもせず

むすび合おうとするひとつのこころが

ひとつのおむすびになる

ふたつのてのひらのまん中に

ほら、私たちのおむすびがひとつ




※おにぎりという呼び名もありますが、私は「おむすび」のほうが好きです。

何故かというと「おむすび」のほうが心と心がつながりあっているように感じるからです。

他の誰かと誰かが対等に結び合って世の中のあらゆる営みが成り立っているのです。

だから「ありがとう」も「ごくろうさま」も共に美味しくいただきます。


[PR]
by 09donpo11 | 2018-11-21 16:49 | ばぶさんポエム | Comments(0)