ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさん童心話
ばぶさんポエム
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 10:08
> 鬼藤千春の小説・短歌..
by 09donpo11 at 01:58
はじめまして!あるブログ..
by 鬼藤千春の小説・短歌 at 10:14
今から23年も前の話です..
by 09donpo11 at 23:29
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
梅花宇津木の話 その1
at 2018-05-21 07:34
第21回朗読会ばぶの会 無事..
at 2018-05-19 20:55
曇り空の花壇水やりしながら空..
at 2018-05-17 06:00
丁寧さ・考 その4 生かすも..
at 2018-05-16 04:32
丁寧さ・考 その3 気功の稽古
at 2018-05-15 05:29
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

限りあるものの中で


いつでもどこでも誰にでも様々な「限り」があります。

私が敬愛してやまない人の臓器にがんが発見されて手術を受けられました。

今回の手術に至るまでの経過や、手術がどのようなものであったか等を冷静に客観的に説明をしてくれました。そして今どのような心境で当面どうしていこうとされているのかという展望を聞かせてくれました。

手術はひとまず成功で退院されたのですが、その後最近になって今回摘出した患部のその先にまだ取り切れていない小さながん細胞が新たに発見されて、それによって今後の大体の見通しがはっきりしたそうです。

たいへん静かなまなざしで「最良の場合」と「最悪のシナリオ」展開の場合があって、「どうやら私の場合は十中八九後者のケースのようなのだ」と語られました。

決して他人ごとではなく自分の身にも起こり得ることだと自分に引き寄せつつたくさんの気づきと学びをいただき背筋がしゃんと伸びた思いでお話を伺いました。

人はぎりぎりの条件の中で選択を迫られます。『何を優先に選び取り、何を選ばないか』という生きる姿勢がその人を神々しくしていきます。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-05-09 07:43 | 健康と病気 | Comments(0)

土手崩落防止策

せっせと雑草を抜いてきたので、じわじわと土が崩れています。

雑草も根を張って土手の崩落防止に役立ってくれていたのです。

土手に新たに根を張らせて土手の保護をしなければ…とあれこれ思っていました。

そして目に留まったのが、この10年プランターに植えっぱなしできていた4鉢の松葉菊。

これを土手のあちこち要所に移植してみました。

これならしだれた先に根も付けますからと期待しています。

目論見が当たるといいなぁ。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-05-06 17:38 | ばぶ式ガーデニング | Comments(0)

蟻んこの溺死ケトルエンド作戦

夏がどんどん近づいて、その前には梅雨もありますが、このゴールデンウィークが始まる前あたりからことさらに虫の活動が盛んです。

緑に囲まれた居住空間ですから羽虫や蛾、そしてありんこが襲来してきます。

もっぱら珈琲を飲む時用にと数年前に購入したケトルは注ぎ口が10ミリほどの管でSの字型にカーブしています。昨年までは一回もなかった出来事ですが、ここを何故か蟻んこ(体長23ミリ)が伝い登って来てはケトルの中に侵入しそして溺死しています。

それが連日なので注ぎ口にキャップを造ることにしました。

12ミリ径の鉄鋼用ドリルをボール盤に装着し、適当な木っ端に深さ20ミリの穴を掘り、木っ端の外側はベルトサンダーで成形し完成です。

ケトルの注ぎ口には垂れこぼし防止のためのシリコンの管がもともとついていて、ここに自作のキャップはぴったりと装着できました。嘘みたいに完璧です。これで一件落着です。

台所道具が進化しました。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-05-05 13:54 | Comments(0)

マツヨイグサ(月見草)のお話 その12


今朝のマツヨイグサ、カウントはしていませんが、ぱっと見の印象から間違いなく160輪以上は咲いています。

この間せっせと下草を除草したことで、マツヨイグサの株の数は全部で22株あることが判りました。

未だに花をつけていない株が3株あります。

その中に一つ蕾の先端が妙に縮こまっていて立ち姿の気配が貧弱なものがありました。

老眼の視力を凝らしてみてみると無数の薄緑色のアブラムシがたかっていました。

この株だけにたかっていて不思議です。

蕾さえまだ来ていない株が2株あり、この株は生育がゆっくりです。

種子の発芽もそうですが、タイムラグは決してこの株の怠慢からきているのではなく俯瞰してみれば、種全体の保護のための安全装置なのです。もしもすべての株が一斉行動を起こしていると天変地異などによって全滅を招きます。植物は実にうまくできています。

下草の除草は一方で土手の崩落を示し始めていました。

露骨な崩落ではないのですが毎日少しずつ崩れている土手の表土です。

春先に咲いてくれた水仙の葉っぱや茎が土圧を受けていることもあるのでしょうが土くれをかぶって自立できていません。

一見雑草とみなしている植物も役割を果たしているのですから土手の保護に向けての何らかの方策を施す必要があります。

以前別の場所(工房への進入路の急傾斜の土手の部分)にヒメシャガを植えて、これがうまいこと繁殖して土手の保護がかなり安定した経験がありますので、何かいい方法をじっくり考えてみます。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-05-05 06:16 | ばぶ式ガーデニング | Comments(0)

マツヨイグサ(月見草)のお話 その11

順番ですから今日咲くつもりで昨日の夕方から準備していた花たちがあります。


けれども昨夜から雨、そして今朝も本降りの雨は続いていて風も強くなってきています。

とりあえず開きはしたものの雨に振り込まれてみんなへたっていました。

大きな花びらには小さな雨粒が無数についていました。

すぐ隣接している雑木林からは鶯のさえずりも聴こえてきません…と思いながらこの文章をタイピングしていますと、時折短いバージョンの鳴き声です。

マツヨイグサは一日花ですから、今日咲く担当の花たちは時のめぐりあわせを愚痴るでもぼやくでもなく自分の担当を果たさんと悪天候に耐えて咲いているかの如くに見えました。

こんな風に昔から雨の日も風の日も連綿と咲き続けて種のバトンを手渡しているのですね。

その健気さに何となく励まされた思いです。


[PR]
# by 09donpo11 | 2018-05-03 07:21 | ばぶ式ガーデニング | Comments(0)