人気ブログランキング |

ばぶのばぶなひとときをご紹介します
by どんぽのばぶ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
アップしそびれていた日記より
3/11を忘れない
ばぶさんのお話しおじさん
ものづくりのあれこれ
華麗なる加齢ライフ
人生を共にしている生活道具
日々の暮らしの中で
保育ネタ
ばぶさん童話
ばぶさんポエム
ばぶさん童心話
災害を忘れぬために
ばぶさんな童話
ばぶさんの朗読タイム
朗読&朗読よもやま話
クッキングばぶさん
イソップイばぶさん
ばぶ式ガーデニング
震災支援活動
感動のおすそわけ
健康と病気
工房日誌
子育て・子の育ち・あそび
アイラブ賢治さん
朗読稽古のスケッチ
華麗なる加齢ライフ
思いのスキャット
職業訓練校のスケッチ
介護の仕事
介護あれこれ
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
フォロー中のブログ
生きる詩
梟通信~ホンの戯言
遺言
花と葉っぱ
オアシスの庭/ボヤントメ...
雑画帳Ⅱ
* 雫 * 
ゆるりんのポレポレ日記
ゆっくり生きる
人生って つむじ風、いつ...
グルグルつばめ食堂
Harvest Moon
秋田おじゃろぐ 
富士山大好き~写真は最高!
山歩路通信―さんぽみちつ...
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
気ままな日々綴り
こどものにわ
Night Flight...
墨のかほり
シヴィライ村便り~ラオス...
春のよき日に vol.2
momopororonの...
そらみて
最新のコメント
今朝は6時くらいから晴れ..
by 09donpo11 at 18:33
100回目標の四分の一を..
by 09donpo11 at 05:35
自分なりにできる支援活動..
by 09donpo11 at 12:25
どんぽのばぶさんへ・・・..
by sakananoojisan at 20:27
「直線とは二点間を結ぶ最..
by 09donpo11 at 08:32
仰る通りだと…前には難な..
by kyao67 at 09:45
お勤め近くになりよかった..
by ruikira at 09:17
同感です。
by ruikira at 09:12
ご苦労様でした。 ばぶ..
by 坂田宣子 at 01:25
ご無事でよかったです。
by paje1912 at 23:45
この場所が朗読愛好者の交..
by 09donpo11 at 13:13
猫に哲学を学びました。 ..
by 09donpo11 at 11:06
kyao67さん コメ..
by 09donpo11 at 02:55
momopurinnさん..
by 09donpo11 at 23:16
もう一度保育の現場で、1..
by kyao67 at 21:07
娘が赤ちゃんの頃 はい..
by momopororon at 11:02
若いころの保育士だった私..
by 09donpo11 at 23:21
子どもには泣く権利も、怒..
by 09donpo11 at 05:40
手遊び♪一緒に出来るくら..
by kyao67 at 13:33
皆それぞれがある程度の力..
by 09donpo11 at 23:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
母が背中を押してくれていたの..
at 2019-08-18 05:15
王様の新しい服2019 第3..
at 2019-08-17 20:44
王様の新しい服2019 第2..
at 2019-08-17 00:46
王様の新しい服2019 第1..
at 2019-08-16 06:00
夏の日々の楽しみ 2019夏..
at 2019-08-08 22:06
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
創作小説・詩
日々の出来事
画像一覧

やぶしたのよんちゃん(次男坊カラスの恩返し その4)

やぶしたのよんちゃん(次男坊からすの恩返し その4

私の母は昭和2年生まれ、昨日で満92歳、立て板に水のごとき多弁な人ではありません。
どちらかというと言葉数の少ない母です。母は8人兄弟の6番目です。

一方私の父(故人・大正12年生まれ享年66)7人兄弟の6番目。

今回は先週母から聴き取った話をまとめてみます。

母の思い出話から察するに、私は母の父(私にとっては祖父)に抱かれたことはあったようですが
赤ちゃんだった当時の私に記憶としてくっきりと残っているようなエピソードはありません。

母の思い出話には圧倒的に父(祖父)の残像がたびたび出てきます。

母の母(私にとっては祖母)の思い出はほとんど語られません。

私の母は『父親っ子』だったのかもしれません。

女親(祖母)は女親で家計のやりくりやら何やかやで裏方のすべてを一手に引き受け

子育ての前面に出て来られるような暇がなかったのかもしれません。

私の母は6番目の子どもであったわけですから、父(祖父)にしてみれば子どもたちに対しても
既に子育ての経験智の豊かな父親の接し方をしていたのだろうと思います。

太平洋戦争勃発前のテレビなんかない時代です。

よく囲炉裏端に子どもたちが46人並んで座っちゃあ、祖父からいろいろな話を面白おかしく聴く
というのが当時の毎夜の楽しみだったようです。

祖父からは『子供は叱るもんじゃあない。よおく言って聞かせて諭すもんだ』という哲学が口癖のように
何度も語られていたようです。この育児姿勢は私の母にも受け継がれ基本的な子育てのポリシーの骨格をなしていて私もそのように育てられたと思います。

この口癖「子供は叱るものじゃあない。よおく言って聞かせて諭すもんだ」は私の母の育児姿勢に土着的な感覚として継承されていたと思います。

介護のバイトの勤務が休みの毎週水木の二日間(実質的には火曜日の夜から木曜日の昼過ぎまで)、私は実家に帰って母の話に耳を傾けます。いわゆる傾聴のようなひと時です。

「傾聴」とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです。母の話をただ聞くのではなく、注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾けること。

自分の訊きたいことのみを優先して訊くのではなく、母が話したい話題を誘い出し・拾い出し、母が伝えたいことを、受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”ひとときです。

何しろ朴訥の語り手の母ですから聴き取るのにはえらく暇がかかります。

聴きながら頭の中では話の断片の編集を試みることで、母の人生の丸ごと理解を深めると同時に、
祖父から母に、母から、私に伝承されてきているであろう『子育て哲学のDNAの実態』を掴み取ろうと
スリリングに傾聴しています。

さて「やぶしたのよんちゃん」のおはなしです『よんちゃん』とは『米蔵』さんの愛称。

私の祖父が近所の人々からこのような愛称で呼ばれていたようです。

何より興味深いのはこの話を私(65)は母(92)から初めて聴き取ったおはなしなのです。

祖父は人の話をじっくりと聴き留める能力にたけた人だったようです。

いろいろ困りごとやら心配事や相談事などあるたびに村人が訪ねてきたようです。

それだけ人望も厚かったのでしょう。

祖父の家の近所に子どものいない一組の夫婦があり、頻繁に夫婦喧嘩をしたそうです。

その夫婦は喧嘩になると

「どっちのほうが悪いか、いっぺんやぶしたのよんちゃんの家に行って聞いてもらうべえ」
と出かけてきたそうです。祖父は是々非々で対応していたようです。


# by 09donpo11 | 2019-06-25 00:01 | 介護あれこれ | Comments(0)

第28回朗読会ばぶの会を開催します (告知)

 第2回朗読会ばぶの会

 

会場:和光大学ポプリホール鶴川 リハーサル室

(小田急線鶴川駅下車徒歩1分)  参加費500

7/20土曜日1400開演 (開場は30分前)

「口紅の時より79歳・角田光代(15分)」   村松美里 

「火の鳥・斎藤隆介(15)」           横手ひろみ

「ベロ出しチョンマ・斎藤隆介(7)」      曵田宏

「梅雨の蚊さ・藤沢周平(13分)」        庄野博子

「虹のおれい・ゆめのきゅうさく(10分)」    石﨏裕子

「黒ブドウ(7分)」                 望月アツコ

『春暁(春眠暁を覚えず)・孟浩然』(10分) 辻美智子&佐藤紀子
⑧「100万回生きた猫・佐野洋子(10分)」 楠麻美子

⑨「虔十公園林・宮沢賢治(20分)」        木村博子 

※土曜日開催は今回が最後となります。 第29回からは日曜日開催となります。

29回朗読会ばぶの会  宮沢賢治作品特集朗読会

91日(日)1400開演 (会場は30分前)

「狼森と笊森、盗森(20分)」  横手ひろみ

「土神とキツネ(41分)」         岡部悦子

   ~休憩~

「ざしきぼっこ(10分)」          上田みつ子
④気のいい火山弾(22分)」       木村博子

⑤「よだかの星(22分)」          曵田宏

                   
                               連絡先08050525354(ひきだ)
 


# by 09donpo11 | 2019-06-20 23:03 | Comments(0)

疲労回復術の試み

疲労回復術の試み

デイサービスセンターの介護スタッフとして就職できて2カ月がたちました。

高齢者の仲間入りをしている659か月の私ですから、新しい職場・新しい職種に従事していて疲れは隠せません。
確かに肉体的にも精神的にも疲れます。

疲れつつもありがたいことに新しい環境に大分慣れてきました。

とは言ってもどうしたって疲れるのは事実ですから否定せずに受け入れて、
上手に疲れと向き合ってこれに対処する工夫を試みています。

この2カ月の間で2つほど対処方法を編み出せました。

  1. 勤務明けの帰路、運転席に座ってから15分の仮眠をしたのちにスッキリと発進します。

    道中疲れからの「居眠り運転」をしない為の安全対策でもあります。

    15分仮眠の後スッキリと起きれるように50歳の頃から自分の身体をそのようにしつけてきました。
    いつどのタイミングで入眠しても15分の仮眠で復活できます。

  2. 日曜日も一旦はいつも通りに起床します。

    が、そのあと自分の身体に訊いて、必要とあらば二度寝も、三度寝も、
    四度寝だってしたって構いはしないと眠ります。

    ともかく「疲れた身体を休めることが最優先なのだ」と割り切って再入眠を試みます。
    「日曜日は寝て曜日」と割り切っていることが肝心です。

    けれども実態は、2度寝程度で大概身体は疲労回復し『眠り足りた、もういいや』と
    実感して起床できます。不思議なものです。


# by 09donpo11 | 2019-06-16 23:04 | 介護の仕事 | Comments(0)

次男坊カラスの恩返し その3

次男坊カラスの恩返し その3 

まず、お断りです。

「カラスの恩返し」の表題を今回より「次男坊ガラスの恩返し」に改めます。

さて、4月半ばよりデイサービスセンターの介護要員として働きだして40日弱が経ちました。

この間職場の同僚・諸先輩と折に触れ四方山話などして、ある共通点に気が付きました。

それはご両親もしくは片親がすでに故人となっている職員が意外と多いという現実です。
漠然とではありますが、思い描いていた以上に多かったことです。

「孝行したいときには親は無し」ということわざがありますが、

これは事の本質を捉えだし、かなり言い得ている金言です。 

私の父(大正12年生まれ・・・関東大震災の前日に生まれました)は
平成2年に66歳で鬼籍に入り、気が付けば私自身は直に65歳と9カ月です。

昭和2年生まれの母はだいぶ衰えてきてはいますがそれでもまだ健在です。

今月で92歳になります。有難いことに生きてます。

「孝行したい時に母親はまだ生きていてくれている」

親孝行できる内なのだからまだ間に合うのですから、何かやらねば。

ともかく、できるだけ親孝行に尽くしたいと思います。

有難いことにこれまでおふくろの面倒は妹夫婦が見続けてくれました。

何しろ私は「脳天気な次男坊ガラス」です。

今まで好きなことを好きなようにやらしてもらってきています。

その分今からでもできる恩返しを試行中です。

とはいえ92歳になる母は日中ベッドでまどろんでいる時間も多いです。

まさか母を揺り起こして「一緒に遊びましょ!」も成り立ちません。

そこで考えました。

直接母に孝行ができないでも、母の面倒を見続けて来てくれた妹の家事労働を

少しでも担えば巡り巡って親孝行につながるのではないかと思いました。

介護のバイトは週4日「水・木」は休みなので極力実家に帰って

介護の自主研修を兼ねた帰省をしています。

そして介護のバイトの勤務は実母への介護の実践的練習(予習復習?)を兼ねています。


# by 09donpo11 | 2019-06-10 23:32 | 介護あれこれ | Comments(0)

第7回町田市民朗読会に出演しました

7回町田市民朗読会に出演しました

昨日(69/日曜日)7回町田市民朗読会が開催されました。

この朗読会は年1回のペースで開催されてます。私は6年ぶりに出演参加しました。

私は自作の童話を1篇と詩を2編朗読しました。

主催者の朗読劇かわせみ座は『町田に朗読の文化を定着させよう』という志を抱いて

7年間開催し続けている主催者の皆さんの努力に心から敬意を表します。

私も小さな朗読会を主宰しているので

さぞかし不断のご苦労を積み上げておられることが感じとれます。

志に共鳴すると同時に今後さらに連携を深めていきたいと思いました。
# by 09donpo11 | 2019-06-10 05:49 | 朗読&朗読よもやま話 | Comments(0)